スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/02/28更新

Vol.060

合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん  後編

プログラミングをきっかけに
未来社会に向けて
「新しい学び」を獲得していこう

松田 孝 (まつだ たかし)

1959年東京都生まれ。東京学芸大学卒。上越教育大学大学院修士課程修了。東京都公立小学校教諭、東京都狛江市教育委員会主任指導主事(指導室長)をはじめ、東京都の小学校校長を3校歴任。2019年4月より合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げ、代表に就任。総務省地域情報化アドバイザー、金沢市プログラミング教育ディレクター、小金井市教育CIO補佐官も務める。著書に『学校を変えた最強のプログラミング教育』(くもん出版より近日発売予定)。

東京都の小学校教諭を振り出しに、教育委員会指導主事、小学校校長などを歴任されてきた松田孝さん。校長として最後の赴任校となった小金井市立前原小学校では、ICT(情報通信技術)の活用やプログラミング教育を先駆けて実施し、注目を集めました。現在は3つの公的な肩書きを持つほか、自ら会社をつくり、民間企業と連携してICT教育の普及に取り組まれています。新たなチャレンジを続ける松田さんが考える「学び」、そして「教育」とは? プログラミング教育によって子どもたちはどう変わるのか、教員の道に進まれた理由などについてもうかがいました。

教育とは子どもが「自分自身を好きになる営み」を応援すること

合同会社MAZDA Incredible Lab 松田孝先生

長年教育に携わってきた私にとって、教育とは「子どもが自分自身を好きになる営みを応援すること」だと思います。アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、人間の欲求を、「生理的欲求」「安全の欲求」「所属と愛の欲求」「承認の欲求」「自己実現の欲求」と5段階で理論化しましたが、私はこの5つは「段階」ではなく、「様相」だと思っています。区切りが鮮明にあるわけではなく、一人ひとりの中に5つが混ざり合っている。それを、「これは生理的欲求だな」「これは承認の欲求だ」などと、その時々で、今、自分がどんな状態かを理解して、その今の自分の状態を好きになることが大切ではないでしょうか。

そういう営みを応援することが教育であり、「外にある体系」を教えるものではないと思います。これまでは大人が「必要だと思うこと」を切り出して体系化したことを覚えていました。かつてはそれが必要でしたが、それは「これを学んだほうが自己実現できるから」と、学ぶ目的が自分の「外」にある状態です。

しかし、変化が常態化する時代には、「体系化された知識」を覚えても仕方ありません。自分のしたいことや疑問から、つまり自分の「内」から発した学びが大事なのです。自分が「おもしろい」「どうしてだろう」と考える中で、「グリット力(やり抜く力)」、そのために何が必要か「学習を自己調整する力」を育てる必要があると思います。

教師の役割は、雑木林の成長を見守る「里山の住人」といえるでしょう。1学級には30人から40人の子どもたちがいますが、一律に目標を揃えるのではなく、いわば、きれいに揃った美林を作るのではなく、高木もあれば低木もある雑木林を見守ることが教師の役割だと思うのです。

雑木林というのは、荒れた林ではありません。下草を刈るなどして、陽が当たるように手入れしなくてはなりません。一つひとつの木の状態を見て、ていねいに手入れするように、一人ひとりの個性を伸ばしていくわけです。一方で個性というのは、自分以外の他者とぶつかることで磨かれ輝きを増します。その意味では集団教育が必要なのですが、それは現在の30人、40人規模の学級という場ではないのかもしれません。

「自分の頭で考えること」を大切に、自分を好きになるために

関連記事

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて「新しい学び」を獲得していこう

KUMONグループの活動  2019/03/19更新

Vol.300 ヨーロッパの指導者

仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!