スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/02/28更新

Vol.060

合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん  後編

プログラミングをきっかけに
未来社会に向けて
「新しい学び」を獲得していこう

松田 孝 (まつだ たかし)

1959年東京都生まれ。東京学芸大学卒。上越教育大学大学院修士課程修了。東京都公立小学校教諭、東京都狛江市教育委員会主任指導主事(指導室長)をはじめ、東京都の小学校校長を3校歴任。2019年4月より合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げ、代表に就任。総務省地域情報化アドバイザー、金沢市プログラミング教育ディレクター、小金井市教育CIO補佐官も務める。著書に『学校を変えた最強のプログラミング教育』(くもん出版より近日発売予定)。

東京都の小学校教諭を振り出しに、教育委員会指導主事、小学校校長などを歴任されてきた松田孝さん。校長として最後の赴任校となった小金井市立前原小学校では、ICT(情報通信技術)の活用やプログラミング教育を先駆けて実施し、注目を集めました。現在は3つの公的な肩書きを持つほか、自ら会社をつくり、民間企業と連携してICT教育の普及に取り組まれています。新たなチャレンジを続ける松田さんが考える「学び」、そして「教育」とは? プログラミング教育によって子どもたちはどう変わるのか、教員の道に進まれた理由などについてもうかがいました。

大学時代の恩師に「稚拙でも自分の言葉で話しなさい」と諭される

合同会社MAZDA Incredible Lab 松田孝先生

私は東京生まれで、高度経済成長期に子ども時代を過ごしました。権威あるものが強かった時代で、こんなに時代が変わるとは想像していませんでした。小、中、高校は地元の公立校で学び、成績はよくありませんでした。できたのは水泳くらいだったかな。

父は教員でした。読書家で、尊敬していましたが、自分も教員になりたいとは思っていませんでした。父から「なれ」と言われたこともありません。昭和8年生まれの母は青森のりんご農家の娘。4人きょうだいの長女ですが、東京の大学で学んでいたという、ちょっとユニークな面があります。私はそんな母のDNAを受け継いでいる気がします。学生時代、ショパンコンクールの審査員を務めた中村紘子さんのインタビューを聞いていた時に、その選考基準が話題になりました。10人の審査員が皆、上手いといえば、それは確かに上手い。でも困る人物がいる。5人が評価して5人が評価しない人物だ、と。それを聞いた時、体(頭?)が「そんな生き方、素敵だな」と勝手に反応したのを今でも覚えています。

両親は私の成績が振るわなくてもとくに何も言わず、私も将来のことは何も考えていませんでした。成績はよくないのに、時間が自由になるという理由で、大学には行きたいと思っていました。北海道に憧れていたので北大を目指しましたが、入学したのは東京学芸大学の初等教育課程。「父も教員だし、まあ、いいか」という感じで、この場に及んでもキャリアについてまったく考えていませんでしたね。

ただ、大学に進んでつくづくよかったと思うのは、恩師の次山信男先生と出会えたことです。すごく厳しい方で、表面的にきれいなことを言っても相手にされず、「稚拙でも自分の言葉で話しなさい」と徹底的に叩き込まれました。

次山先生と出会ったとき、群馬県の小学校長であった、斎藤喜博氏が記した教育界の古典『島小物語』を紹介していただきました。大学を卒業する頃に、その斎藤喜博氏の教材解釈を宇佐美寛氏が批判したことに端を発した「出口論争」が起きました。これは教育界ではよく知られている論争なのですが、そこで宇佐美寛氏に興味が湧き、著書をむさぼり読むようになりました。次山先生に出会い、斎藤喜博氏を知り、宇佐美寛氏には指導主事時代に直接お会いして、何度かお話することもできました。

要所要所で素晴らしい方々との巡り合わせがあり、その過程で、自分の頭で考え、自分で判断することの大切さ、そして世の中は変わっていくのだということを実感するようになりました。そこから自分の主体が確立でき、「責任をもつ」という意識が芽生え、本気で教師という仕事を意識するようになっていったのだと思います。

「教育とは、子どもが「自分自身を好きになる営み」を応援すること

関連記事

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて「新しい学び」を獲得していこう

KUMONグループの活動  2019/03/19更新

Vol.300 ヨーロッパの指導者

仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2017/12/26更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

バックナンバー

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 後編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!