スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん  前編

プログラミングをきっかけに
未来社会に向けて
「新しい学び」を獲得していこう

松田 孝 (まつだ たかし)
1959年東京都生まれ。東京学芸大学卒。上越教育大学大学院修士課程修了。東京都公立小学校教諭、東京都狛江市教育委員会主任指導主事(指導室長)をはじめ、東京都の小学校校長を3校歴任。2019年4月より合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げ、代表に就任。総務省地域情報化アドバイザー、金沢市プログラミング教育ディレクター、小金井市教育CIO補佐官も務める。著書に『学校を変えた最強のプログラミング教育』(くもん出版より近日発売予定)。

東京都の小学校教諭を振り出しに、教育委員会指導主事、小学校校長などを歴任されてきた松田孝さん。校長として最後の赴任校となった小金井市立前原小学校では、ICT(情報通信技術)の活用やプログラミング教育を先駆けて実施し、注目を集めました。現在は3つの公的な肩書きを持つほか、自ら会社をつくり、民間企業と連携してICT教育の普及に取り組まれています。新たなチャレンジを続ける松田さんが考える「学び」、そして「教育」とは? プログラミング教育によって子どもたちはどう変わるのか、教員の道に進まれた理由などについてもうかがいました。

ICTを活用して学びの変革に挑戦!

私は足かけ36年、東京都の公立小学校を中心に、学校教育に関わってきましたが、2019年3月に、定年を1年前倒しして「辞職」しました。現在は、これまでの経験、そこから得た知見を基に、日本政府が提唱する未来社会の姿、「Society 5.0」を生きる子どもたちに必要な力を育む学びの実現に向けて全国を奔走中です。

「Society 5.0」とは、「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会」とされています。AI技術やIoTの進展によって、暮らしや働き方が大きく変わっていく中、未来を生きる子どもたちは何を身につけていかねばならないか、学びの場は学校だけではないということも念頭に置きつつ、これからの「新しい学び」のあり方について考え、行動しているところです。

具体的には、総務省地域情報化アドバイザー、金沢市プログラミング教育ディレクター、小金井市教育CIO補佐官という3つの肩書きで仕事をしています。自分で会社もつくり、昨年末には、「GIGAスクール構想」(学校現場で児童生徒1人1台端末、および通信ネットワークの整備をめざす構想)が立ち上がったこともあり、通信会社や端末機メーカー、コンテンツベンダーなどと提携してその実現に向けた啓発活動や支援事業もしています。

学校を辞めて1年が過ぎ、やはり自分は公務員には向いていなかったなと実感しています(笑)。公務員というのは、多くの人が「そうだね」「いいね」というところを、ていねいに実践していくのが仕事です。逆にいえば、多くの人の合意や共感を得られないことや初めてのことには、どうしても慎重になってしまいがちです。

ところが私は、雪山でスキーをするとすれば、誰かが滑った跡ではなく、自分が初めて滑りたい。これまで誰もやっていなかったことにチャレンジしたいタイプです。それで定年まであと1年となったタイミングで、子どもたちの未来に責任をもつ教育の実現のために新たなチャレンジをすることにしました。

辞めたことで、学校教育を相対的、客観的に眺められるようになったのはよかったと思います。社会が大きく動いていることを肌で感じ、そうした中で教育はどうあればよいか、切実に考えられる環境になりました。

公文教育研究会も新しい取り組みに挑む企業だと感じます。昭和の時代、一律一斉の学習が行われている中で、一人ひとりの力を最大に伸ばして自分で学んでいこうとする力をつける教育法を広めていったのは、ものすごい識見と先見性だと感心します。学習療法など、高齢社会において大事な取り組みをされているのも素晴らしい。ただ時代は変わってきています。「Society 5.0」の時代において、創業者の思いをいかに具現化しながら、どう自己変革されていくのか、楽しみにしています。

「プログラミング教育」による生徒の変化

関連記事

2020/02/28更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2015/04/17更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる 学びをめざそう

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!