スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/04/20更新

Vol.048

書写書道教育研究者 宮澤正明先生  前編

人をおもんばかる気持ちを育む
書写の学習効果

宮澤 正明 (みやざわ まさあき)

1952年静岡県生まれ。二松学舎大学大学院博士課程満期退学。都留文科大学専任講師、同大助教授に就任した後、1991年に山梨大学に移り助教授を経て教授(教育学部)に。現在、山梨大学大学院教育学研究科特任教授。全国大学書写書道教育学会会長、全国大学書道学会会員、全日本書写書道教育研究会副理事長、日本書写技能検定協会評議員・中央審査委員、毎日書道展会員。著書に『美しい毛筆の書きかた』『常用漢字書きかた字典』(以上、二玄社)、『新 字形と筆順』(光村図書)、『楽しめる漢字仮名交じり書』 (日本習字普及協会)ほか。新学習指導要領改訂に関する、中央教育審議会(中教審)国語ワーキンググループ委員を歴任。

書写教育の第一人者で、大学で教鞭を執るほか、小・中学校国語科書写、高等学校芸術科書道の教科書などの編集・執筆もされている宮澤正明先生。ご実家が書道塾だったこともあり、子どもの時から「書」には親しんでいたものの、書写・書道教育の道に進むとは考えていなかったそうです。手書きすることが少なくなってきている今、書写教育には何が求められているのか。書写教育に精力的に取り組まれるようになった背景を含めてうかがいました。

気持ちを伝える書き文字のさまざまな効果

書写書道教育研究者 宮澤正明先生

書写の目的は、基本は「字を正しく整えて書く」ということですが、私は「言語機能を客観性の高いものに仕上げる」ことも書写の役割だと思っています。文字は伝達記号ですから、自分勝手なルールで書くと相手に伝わりません。客観性を高めるということは、誰にでもわかるように書く、つまり他者を意識するということです。文字はコミュニケーションをとるための手段であり、それを有効にするためには、整った字を書くのは大事なことなのです。

今はパソコンが普及し、手で字を書くことの必要性は減りつつありますが、書き文字には「伝達する」だけではない「プラスアルファ」があります。たとえば音声で「ありがとう」と言うとき、声のトーンや早さ、リズム、身振りなどによって、相手への伝わり方が異なります。音声を発した人の感情や人間性がプラスアルファされているわけです。

これをパラランゲージ効果といいますが、書き文字でも、ていねいに書くか、走り書きで書くかで、相手にさまざまな効果を与えます。「ありがとう」という気持ちを伝えるには、ぞんざいに書くより丁寧に書いたほうが誠意が伝わりますよね。

「相手にどう書いたら自分の気持ちが伝わるか」「失礼に当たらないか」、そこまで相手をおもんばかるようになります。このように、人のことを考えて生きていく精神につながるのが書写の学習効果といえるでしょう。単に「きれいに書く」こと以上の世界観があることを、多くの人に知ってほしいと思います。

また書写は「記憶を確かにしていく」手段ともいえるでしょう。認知心理学では、文字を獲得するにはとにかく手で書く、といわれています。たとえばある文字を説明するとき、「こう書いて、ああ書いて」と、無意識のうちに「どう書くか」を説明すると思います。つまり「どう書くか」を含めて覚えているということで、これは「書いて覚えている」わけです。逆に書かないと覚えないということです。

書写は原理原則に従えば、1000人が1000人とも同じところに到達できます。公文書写では、その原理原則を学び、ここをクリアしたら次、というように、基礎固めをしながら次の段階へ進んでいきます。そういう学習方法であれば、学んだことが崩れることはありません。

関連リンク
山梨大学教育学部・大学院教育学研究科


 

書写書道教育研究者 宮澤正明先生  

後編のインタビューから

-宮澤先生が書写教育の道に進むようになったきっかけ
-書写教育の重要性を感じた学生とのエピソードとは?
-子どもたちへのメッセージ

 
関連記事

2018/04/27更新

Vol.048 書写書道教育研究者
宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2013/12/27更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か学びやしつけの土台となる自己肯定感を育もう

KUMONグループの活動  2015/04/21更新

Vol.084 公文書写-筆ペン教材

公文書写「筆ペン教材」が全面リニューアル!実用的で役に立つ”筆ペン”で暮らしに彩りを

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2019/07/19更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん 

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!