スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/07/28更新

Vol.044

絵本作家・童話作家 正岡慧子さん  後編

思うと現れる
誰にも必ず訪れる人生の分かれ道
どう道を選ぶかが大切

正岡 慧子 (まさおか けいこ)

1941年、広島県生まれ。経営コンサルタント秘書、外資系広告代理店勤務、飲食店経営を経て、絵本作家・童話作家に。全国の子どもからお年寄りまでの「読み聞かせ、読みあい、読み語り」運動を推進。主な作品に『きつねのたなばたさま』(絵・松永禎郎、世界文化社)、『あなぐまのクリーニングやさん』(絵・三井小夜子、PHP研究所)等。日本児童文芸家協会理事を経て現在顧問。東洋医学を学び、薬膳の普及にも尽力している。

読後に心がじんわり温かくなる数多くの物語を創作されている絵本作家・童話作家の正岡慧子さん。喫茶店経営時代のひょんな出会いから作家の道を歩まれることになりますが、そのユニークな経歴は、興味を持ったら潔く飛び込む、好奇心と行動力にあふれているからこそ。挫折もあったそうですが、穏やかな口調で「いつも本に支えられてきた」と振り返ります。これまでの道のりのほか、絵本や本の魅力などについてうかがいました。

「言葉が人を動かす」ことを大人は自覚して

絵本作家・童話作家 正岡 慧子さん

私は小さい頃から本が好きで、これまでたくさんの本を読み、本の中のメッセージを自分なりに取り込んで生きてきました。苦しい時には、本で心の調整をしてきました。もちろん小説なども読みますが、意外なことに、自分を立て直す時には絵本が一番だと思います。絵本には真理を突いたメッセージがシンプルに入っていて、それが自分の迷いをストレートに気づかせてくれるからです。

ですから、私自身が絵本を創る時にも、「生きる」というところに向かいたいと思っています。「生きる」といっても、特別大それたことではありません。「やさしいってどういうこと?」とか、「友達とケンカをしたら仲直りした方がいいよね」とか、大人から見たら小さなことです。でも子どもには本当に大変なこと。そういう子どもたちの「生きる」に向かいたいのです。

そんな風に本とつきあってきた私から、子どもを取り巻く大人たちに伝えたいのは、「言葉が人を動かす」ということ。言葉一つが生死を分けることもあると思います。たとえば、いじめの言葉は痛い。言葉は時に、逃げられない鋭さとなって襲ってくることがあります。逆に、言葉によって人生が救われることも多々あります。だからこそ、大人たちには言葉の重みを自覚して、子どもたちに接してほしいと思います。

とはいえ、子どもに対して“指示”や “命令”は言葉ではなかなか伝わりません。そんな時、絵本を使ってみてはいかがでしょうか。お母さんが子どもに「がんばらないとダメでしょ」と言ってもあまり伝わらないですよね。それよりも、『大きなかぶ』を読んであげて、「すごいねえ、みんなでがんばっているね」と言う。「考えないとダメじゃないの!」と言うより、『三匹の子ぶた』を読んで「なるほど、考えているね」と一言添える。その方が子どもの心にはストンと入ります。

ただ、本は読んでいくと積み重なっていくものですが、すべて同じように積み重なるわけではありません。自分が引き受けたいことだけが積み重なっていくのです。これが読書のおもしろさです。同じ本を同じように読んでも、人によって積み重なり具合が違います。それで構わないのです。その積み重なり方が個性ですから。

正岡さんが本から得た生き方とは?

関連記事

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2022/05/20更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!