スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/09/02更新

Vol.035

ジャーナリスト 多賀幹子さん  後編

私たちはすべての人から何かを学べる
現場に足を運び
実際に見たり聞いたりしないと
本当に大切なものはわからない

多賀 幹子 (たが みきこ)

東京都生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。大手企業で広報誌編集長の職を務め、結婚・出産を経て、フリーライターとしての活動を開始。ニューヨークとロンドンに合わせて10年以上在住し、現在はノンフィクション作家として、教育、女性、英王室などをテーマに新聞や雑誌への寄稿や講演、テレビ出演。著書に『子どもの“自学”する力を育むKUMON』(PHP研究所)ほか多数。外務省青年論文コンテスト審査員、外国特派員ゲストスピーカー、お茶の水女子大学非常勤講師など。

国内外の子育てや教育事情、女性の生き方などをテーマに取材・執筆をされているジャーナリストの多賀幹子さん。国内外の公文の指導者や教室での取材をはじめ、これまで数えきれないほどの方々をインタビューしてこられました。女性として、また母としてのライフステージの中で、多賀さんがどのようにして執筆活動を始め、活躍の場を広げていかれたのか。生い立ちのほか、取材することの魅力など、ジャーナリストという仕事への熱い思いもうかがいました。

子育て時代を楽しまないと損
自分の子育てをほめてあげよう

ジャーナリスト 多賀幹子さん

私には息子と娘が一人ずついますが、性差をつけないように、また無理強いをしないように、と心がけて育てました。子どもたちはもう30代ですが、進むべき道に進んでいったと思います。今考えると、親ができることというのはそれほど多くはないと感じます。子育て真っ最中の親御さんは、「親が何か言えばなんとかなるのでは?」と思われるかもしれませんが、子どもは実は自分を良く知っていて、結局は自分の道を自分のペースで歩みます。 

とはいえ、親は子どもに「こうしてほしい」と希望は言っていいと思います。ただし「私はこう思う」と、一人称で言うことが肝心です。「あなたはこうすべき」と押し付けてしまうと、子どもは息苦しくなってしまいます。子どもは親が思っているより賢くて、親の言うことを取捨選択して聞いています。親は、子どもは思い通りにならないことを受け入れないといけません。期待しながらも期待しすぎないように自制する。そこに“大人の知恵”を働かせるべきです。 

わが子の思春期も大変でしたよ。でもそれは、「ホルモンバランスがそうしている」と思うようにしていました。思春期はいわば“ホルモン漬け”になっている時期(笑)。一番戸惑っているのは子どもでしょう。親として言いたいことはたくさんあるとしても、「おはよう」「おかえり」の挨拶程度で抑えるくらいがちょうどいいのかもしれません。子どもの親離れは止められないし、それは健全に育った証拠です。 

お母さんたちには、「自分の子育てをほめてあげて」と伝えたいですね。子育て時代は意外に短い。楽しまないと損です。もちろんつらかったり、悲しかったり、イライラしたり、歯痒かったりすることも、たくさんあります。でもそれらには必ず終わりがあります。子育てを通じて自分が成長していると思ってみてはどうでしょう。 

今の時代、母親のプレッシャーやストレスは相当大きいと感じます。抱え込まず、周りに助けを求めてほしいですね。それには人を信じて一歩踏み出してみること。そうしないと何も始まりません。私自身もそうして助けられてきました。私はお母さんたちに、子育てに自信を持ってもらいたいと思っています。そのために、執筆活動を通じてお母さんたちに元気になってもらえるようなメッセージをこれからも送っていきたいと思っています。

関連リンク
ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON|KUMON now!


 

ジャーナリスト 多賀幹子さん  

前編のインタビューから

―ジャーナリスト・多賀さんの子ども時代とは?
―現在にもいきる「お父さまと学校の先生からもらった言葉」とは?
―多賀さんがフリーライターとなったきっかけとは?

 
関連記事

2016/08/26更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037 ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON

KUMONがより身近になる一冊『子どもの”自学”する力を育むKUMON』がPHP研究所より刊行されました

KUMONグループの活動  2018/11/06更新

Vol.280 子どものために学び続けるくもんの先生

一人の経験が全員の学びになる 模倣できそうで模倣できない くもんの先生の学びとは

2014/04/04更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん

戦火のなかの子どもたちの声を世界に届けて彼らの笑顔を取り戻したい

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!