KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037

ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON  

KUMONより身近になる一冊
『子どもの”自学”する力を育むKUMON』が
PHP研究所より刊行されました

「公文はふつうの学習塾だと思っていたら、中身はずいぶん違うんですね」。ここ1~2年、外部の方からお聞きする感想でとても増えたもののひとつです。そんな方たちに、KUMONをもっと身近に感じていただける本がPHP研究所より刊行(2014年5月)されました。著者はジャーナリストの多賀幹子さんです。

多賀幹子さんプロフィール

東京都生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。企業の広報誌編集長の後、フリージャーナリスト。ノンフィクション作家でもある。ニューヨークとロンドンに合わせて10年以上在住。現在、国内はもとより、ヨーロッパやアジアにおいて、教育、女性、王室などを主なテーマに取材。新聞や雑誌などへの執筆活動のほか、テレビ出演、講演活動などを行う。『いじめ克服法』『育児は3E』『親たちの暴走 日米英のモンスターペアレント』など著書多数。

「教育に関して混乱を極める時代だからこそ、伝えたいことがある」


『子どもの“自学”する力を育むKUMON』 PHP研究所刊
定価:本体1,250円(税別)
本の帯は、公文式OBでもある、棋士・羽生善治さんが書いてくださいました

この本を著した多賀幹子さんは、国内はもちろん、海外の子育てや教育事情、女性の生き方などをテーマに活動されているジャーナリスト。多賀さんはこれまで10年近くにわたり、国内の公文式教室をはじめ、海外を含めたいくつものKUMONの学びの現場を取材してくださり、新聞・雑誌・教育誌などに寄稿されてきました。その多賀さんから「KUMONの本を書き起こしてみたい」というお声掛けをいただいたのです。

では、多賀さんは、なぜそう思われたのでしょうか。それは、本の冒頭にある「はじめに」のなかから読み取ることができます。

…いくつもの教室を見学させていただいて気がついたのは、日本と海外の指導者が共に、「子どもを伸ばす」経験を豊富にお持ちであることだった。幼児で入会すると高校生まで指導を続ける。その後、大学生や社会人になっても教室に顔を見せる教え子たちも少なくない。
一人の人間の成長にこれだけ長く伴走を続けて得た知見は、まさに宝の山に違いない。
教育に関して混乱を極める時代だからこそ、この膨大な蓄積は私たちにさまざまな気づきをもたらすだろう。人間にとって本当に必要な力をいかに養うか、自立するための基礎をいかに固めるか、学び続ける習慣をどう育むか。さらに、どのような言葉が子どもを伸ばし、どのような言葉を慎むべきか。それを無数の子どもを見守ってきた指導者に伺おう。
<原文のまま>

「公文は、人間にとって最も大切な生き抜く力を育てている」

多賀さんは、イギリスと香港、国内は北は岩手県山田町から南は鹿児島県の奄美諸島までと、海を越え国を越え、22人の公文式教室の先生方に取材をされました。そして、すべての取材を終えると、公文の「“自学”する力」について、こう話してくださいました。

…指導者への取材を重ね、公文式学習は目指すところが高いことを知った。「100点」の教材を一枚また一枚と仕上げていく忍耐強さは、基礎学力を揺るぎないものにするばかりでなく、学習習慣をつけてくれる。「自学する力」とは、人から教えられるのを待つのではなく、自分から進んで学ぶ積極性を身に付けるとの意味だ。自学自習ができるようになれば、もう怖いものはない。人は一生学び続け、自分を成長させていける。学業面での目標の達成と同時に、一生を貫く人間の根幹をこしらえることに通じる。公文は、人間にとって最も大切な生き抜く力を育てていることを実感した。
<「おわりに」より。原文のまま>

ぜひ、ご一読いただければと思います。

関連リンク

関連記事

2016/08/26更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

2016/09/02更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

KUMONグループの活動  2014/02/04更新

Vol.022 外部から見たKUMON-外部識者

心理学、認知リハビリ、脳科学、 小児科から見た公文式 外部識者が発信する新たなKUMONの価値

KUMONグループの活動  2014/12/24更新

Vol.068 街角のKUMON-フィリピン・インドネシア・オーストラリア

なぜ48の国と地域にKUMONは広がっているのか?オリジナル教材と個人別学習、そして世界各地の指導者

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!