スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/09/02更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん  後編

私たちはすべての人から何かを学べる
現場に足を運び
実際に見たり聞いたりしないと
本当に大切なものはわからない

多賀 幹子 (たが みきこ)
東京都生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒業。大手企業で広報誌編集長の職を務め、結婚・出産を経て、フリーライターとしての活動を開始。ニューヨークとロンドンに合わせて10年以上在住し、現在はノンフィクション作家として、教育、女性、英王室などをテーマに新聞や雑誌への寄稿や講演、テレビ出演。著書に『子どもの“自学”する力を育むKUMON』(PHP研究所)ほか多数。外務省青年論文コンテスト審査員、外国特派員ゲストスピーカー、お茶の水女子大学非常勤講師など。

国内外の子育てや教育事情、女性の生き方などをテーマに取材・執筆をされているジャーナリストの多賀幹子さん。国内外の公文の指導者や教室での取材をはじめ、これまで数えきれないほどの方々をインタビューしてこられました。女性として、また母としてのライフステージの中で、多賀さんがどのようにして執筆活動を始め、活躍の場を広げていかれたのか。生い立ちのほか、取材することの魅力など、ジャーナリストという仕事への熱い思いもうかがいました。

アメリカ流“ほめて励ます子育て”に
目からウロコだらけの毎日

子どもを保育所へ行かせると時間が作りやすくなり、仕事の幅が広がっていきました。しかしそんな矢先、夫がニューヨークへ転勤することに。せっかく積み重ねてきたキャリアがゼロになってしまうのは残念だと思いました。

それで長女が愛読していた幼児雑誌の編集部に、「お願いがあります」と売り込みに行ったんです。「子どもがニューヨークの現地校に通うことになりました。日本の幼稚園とはきっといろいろなことが違うはずなので、それをルポしたら面白いと思う」ってね。 

じつはその編集部との間では、それまで仕事をしていたわけではなく、ただの一読者でした。そんな先への売り込みなんて、今思えば若気の至りというか、図々しいというか……。ところが編集者はアメリカの幼稚園・小学校体験に興味を持ってくれて、その場で承諾していただきました。ありがたいというか、本当に人に恵まれていたのだと思います。 

そうして米国滞在中から現地のことをいろいろ書き溜めているうちに、他の出版社からも声がかかるようになり、『その名はアメリカ大統領夫人(ファースト・レディー)』(徳間書店)や『広い国で考えた狭い国のこと』(PHP研究所)などの刊行に至りました。書籍を出すことの影響は大きく、その後さらにたくさんの執筆依頼をいただくようになりました。 

米国での生活は刺激的で、教育に関してもとてもおもしろかった。子どもたちは現地の公立校に行かせていましたが、米国では一人ひとりを大事にして、ほめて育てます。日本では「落ち着きがない」「次の学期に期待します」と通知表に書かれていたような場合でも、米国ではしっかりほめられる。すると子どもは笑顔になる。親の私も「素敵なお子さんをお持ちで、なんて幸運なお母さんなんでしょう」と先生から言われました。先生はほめ言葉を出し惜しみすることなく、良いところをよく見ていてすぐにほめてくれる。 私も子どももアメリカの先生が大好きでした(笑)。

授業では、1つのクラスの子どもたちが能力別に4~5グループに分かれて学び、それを一人の先生が見て回ります。グループごとに教科書も違う。その子の能力にあったところを学ばせていたのです。それを父母も当然のこととしてサポートしている。弱点をしかるのではなくその子の長所を伸ばせばよいとか、子どもと一緒に親も育つべきとか、教育とは一方的に教え込むのではなくcultivate(耕すこと)であるとか、目からウロコがボロボロ落ちました。 

米国では5年暮らし、その後一度日本に戻った後、今度は夫が英国・ロンドンに転勤することに。またゼロからのやり直しでしたが、かつて父の転勤であちこち住んで鍛えられていましたし、どこへ行っても人間の営みに大きな違いはなく、仕事に励み家庭の幸せを願って日々懸命に生活しているのだと捉えるようになっていました。 

多賀さんが取材時に心がけていることとは?

関連記事

2016/08/26更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037 ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON

KUMONがより身近になる一冊『子どもの”自学”する力を育むKUMON』がPHP研究所より刊行されました

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!