スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/12/05更新

Vol.015

リハビリ医 橋本圭司先生  前編

みんなが同じでなくていい
自分の「できる!」「得意」を知って、
それを伸ばそう

橋本 圭司 (はしもと けいじ)

1973年東京都生まれ。1998年東京慈恵会医科大学医学部卒業後、東京都リハビリテーション病院リハビリテーション科、神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション科、東京医科歯科大学難治疾患研究所神経外傷心理研究部門准教授などを経て、2009年2月より国立成育医療研究センターリハビリテーション科医長、発達評価センター長、2013年より医療安全管理室長。
※本文中では「リハビリテーション」を「リハビリ」と略して表記しています。

日本でも数少ない小児専門のリハビリテーション医として活躍される橋本圭司先生。病気やケガの治療後のリハビリはもとより、言葉がうまく出ない、身体のバランスが悪い、手先が不器用、問題行動があるなど、ほかの子とは「ちょっと違う子どもたち」やその親たちと、日々向き合っています。ご自身も「早産で低出生体重児のため発達がゆっくりだった」と話す橋本先生が、診療現場で見てきたこと、見えてきたこととは?

この10年で増えてきた「ほかの子とちょっと違う子」たち

多くの人は「リハビリ」と聞くと、ケガをした人や高齢者がするものというイメージがあるかもしれませんが、もちろん子どもたちのリハビリもあります。さきほどご紹介した高次脳機能障害もあります。先天的な重い障害によって自分の意志では身体を動かすことができない子への運動や感覚のサポート、知的発達がゆっくりな子への自立支援などをはじめ、子どもたちの発達すべてにかかわる支援をしています。それが小児リハビリ医の仕事です。

ところが、この10年で私の仕事だけを見ても状況がたいぶ変わってきました。背景には2004年に「発達障害者支援法」(最終改正2012年)ができたことがあります。高機能自閉症やアスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害など、いままでは医療や福祉の対象となることが少なかった症状が、障害として診断されるようになり、「ほかの子とちょっと違う子」あるいは「発達に問題があるとされる子」が増えてきたのです。地域の療育センターにも、私のところにも、こういった子どもたちがとても増えました。

また、近年は晩婚化が進み、両親ともに高年齢での妊娠・出産もめずらしくなくなりました。両親が高年齢だと、早産や難産になる確率が高く、一例としてお産のときに赤ちゃんの脳に十分な酸素が行きわたらずに障害が残るなど、リスクが高い子どもが生まれてくる可能性も高くなります。

こうした社会的変化もあり、心身に障害をもつ子どもたちのための相談機関である地域の療育センターは、不安な思いにかられた親子であふれています。いま私が勤務する国立成育医療研究センターでも、入院している子たちの治療や機能回復を担うのはもちろん、近隣の医療機関からの相談や、外来に訪れる「ほかの子とちょっと違う子」「発達に問題があるとされる子どもたち」を日々診療しています。

診療の順序は、基本的にはこうです。まず児のできること、できないことの確認をして、必要に応じて発達評価センターで、知能検査や発達検査などを実施。それらの結果から必要なリハビリプログラムを考え、地域での訓練計画をつくり、理学療法士や作業療法士や言語聴覚士、心理士たちと相談しながら、本人や家族に説明やアドバイスをします。こうして、リハビリがスタートします。

診療や治療のポイントは一人ひとり異なるので、限られた言葉のなかで説明するのはむずかしいのですが…。たとえばですが、ADHD(注意欠如・多動性障害)などの落ち着きがない子には、薬を使うと落ち着くこともありますが、発達上の問題は生まれもった性質があるので、「生まれもった性質がなくなる」ということはまずありません。

大切なのは、どんな発達の問題なのか、どんな症状で、だれがどう困っているのかなどをよく見極め、周囲がどういった対応をすればその子が生活しやすいかを考える。あるいは、その子ができることや得意なことを見つけ、それをいかに増やしていくかを探ることが、薬の処方よりも重要なポイントになることが多いと思います。

「プロレスラーになりたい!」と本気で思っていた小学生時代とは?

関連記事

2014/12/10更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

2014/06/20更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.457
つくってみよう!遊べる浮世絵
くもん子ども浮世絵コレクションの 「おもちゃ絵」を 実際につくって、遊んで、楽しみましょう!
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 後編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!