スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/05/23更新

Vol.009

地震学者 大木聖子先生  前編

夢中努力に勝る
夢中になれるものを見つけよう

大木 聖子 (おおき さとこ)

北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得。国内外での研究員、東京大学地震研究所助教を経て、現在は慶應義塾大学環境情報学部で准教授を務める。著書に『地球の声に耳をすませて』(くもん出版)など。

高校1年生のときにテレビで阪神・淡路大震災の惨状を見て以来、地震学者を志し、「同じ悲劇をくり返さない」と決意した大木聖子先生。大学で地球科学や防災学などを教える一方、幼稚園や小中学校に赴いての防災教育も精力的に行っています。「夢を叶えた」かに見える大木先生ですが、ご本人曰く、「まだまだ学究の徒の入口です」とのこと。どのように道を選び、学びを突き詰めてきたのでしょうか。また、「教育者」として人を育てる醍醐味についてもうかがいました。

「IT×防災」「ダンス×防災」さまざまなアプローチで、学生たちとともに防災を発信

大木聖子先生

その防災教育のための教材や教え方を考えたりするのが、現在の私の研究テーマのひとつです。一方で、学校の先生方向けに研修を行ったり、実際に小中学校の教室に赴き防災授業をしたりと、防災教育の実践にも力を入れています。

大学では地球科学と防災の講義を担当し、自分の命だけでなく、周りの人の命も救えるスキルと心を身につけることを目指しています。慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパスには、総合政策学部と環境情報学部がありますが、文系・理系といった区別意識はなく、学生はどの学部の講義も履修できて、教員も、都市計画・環境・IT・医療など、さまざまな分野の専門家がいます。防災学そのものが、いろいろな切り口がある学際的な学問なので、学生たちの学び、自身の学びを考えたとき、今この環境は私にとってベストです。

たとえば「高台への避難の道順を確認しなくちゃ」「食糧を備蓄しなくちゃ」と思っていても、実行しない防災。「ガン検診に行かなくちゃ……でも病院に行くのは面倒だなぁ」と、検診を受けるという行動をしない。この2つは、とても似ていると感じています。そんなとき、健康や医療を専門とする教員がすぐ近くにいれば、「そうした人を動かすためにどうしているか?」と、アプローチ法を聞くことかできます。地震学者だけといった同分野の専門家のコミュニティだと、なかなかそうはいきませんが、異分野の専門家がすぐ近くにいることで、互いの知見や情報などを活かして、新しい発想を生み出すことができます。

学生たちにも同じことがいえて、さまざまなアイデアで防災を考えていけることがおもしろいと実感しています。たとえば、ITスキルの高い学生がPC用の防災アプリを開発したり、デザインに秀でている学生が3Dプリンターで防災グッズを作ったり。幼稚園児のための防災ダンスを創作した学生もいます。もちろん、ダンスが大の得意な子です。大人から子どもまでみんなが防災への意識を高めるには、これまでの地震学だけでは限界があります。その人その人の得意分野と防災を結び付けたユニークな発想と行動が、防災意識の浸透に役立つのではないかと感じています。

父から学んだ仕事に対する姿勢とは?

関連記事

2014/05/30更新

Vol.009 地震学者 大木聖子先生

夢中は努力に勝る 夢中になれるものを見つけよう

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2015/02/27更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!