スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/05/23更新

Vol.009

地震学者 大木聖子先生  前編

夢中努力に勝る
夢中になれるものを見つけよう

大木 聖子 (おおき さとこ)

北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得。国内外での研究員、東京大学地震研究所助教を経て、現在は慶應義塾大学環境情報学部で准教授を務める。著書に『地球の声に耳をすませて』(くもん出版)など。

高校1年生のときにテレビで阪神・淡路大震災の惨状を見て以来、地震学者を志し、「同じ悲劇をくり返さない」と決意した大木聖子先生。大学で地球科学や防災学などを教える一方、幼稚園や小中学校に赴いての防災教育も精力的に行っています。「夢を叶えた」かに見える大木先生ですが、ご本人曰く、「まだまだ学究の徒の入口です」とのこと。どのように道を選び、学びを突き詰めてきたのでしょうか。また、「教育者」として人を育てる醍醐味についてもうかがいました。

災害で命を落とす人をなくしたい「地震学」を武器に「防災教育」に注力 

大木聖子先生

ご存じの通り日本は地震国で、世界中で起こる地震の約1割は日本で発生しています。なぜ日本に地震が多いか。まず、地震が起こるメカニズムを簡単にご説明しましょう。地球は「プレート」と呼ばれる厚さ100㎞ほどもある十数枚の岩盤で覆われています。プレートはそれぞれが勝手な方向に1年間に数センチずつ動いていて、プレート同士がぶつかりあうと、大きな力が働きます。この力が地震を起こすのです。

プレートが動くのは、地球の内部にある岩石が溶けた「マントル」が対流しているためで、地球は地球自身の熱を冷ますために内部を対流させています。日本はユーラシアプレートと北アメリカプレートに乗っており、さらにその下に太平洋プレートとフィリピン海プレートがもぐりこんでいます。重なり合い押し合う4つのプレートの上にあるために、日本では地震が多く発生するのです。

いわゆる「地震学」とは、こうしたプレート運動や地球内部の構造などを研究します。具体的には、海の地震研究のために専用の海底地震計をつくり船に乗って観測に出かけたり、地震でどのくらい列島が動いたかを人工衛星を使って宇宙から測定したり、と研究活動は多岐にわたります。

私もそうした地震学を学んできましたが、現在は培ってきた知見を活かして、災害で命を落とす人をなくそうと、防災に関する研究と実践を進めています。なぜなら、プレートの動きなど、地震の仕組みがわかったとしても、実際に揺れているとき、自分はどうすればいいのかがわからなければ、結局命は守れないからです。地震が起こったとき、「何がどのくらい危険か」がわかって、すぐに行動できるようにするためには、防災教育が不可欠だと考えました。

個々の学生の得意分野を活かした、ユニークな防災教育とは?

関連記事

2014/05/30更新

Vol.009 地震学者 大木聖子先生

夢中は努力に勝る 夢中になれるものを見つけよう

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

バックナンバー

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 後編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!