スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/05/23更新

Vol.009 地震学者 大木聖子先生  前編

夢中努力に勝る
夢中になれるものを見つけよう

大木 聖子 (おおき さとこ)
北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得。国内外での研究員、東京大学地震研究所助教を経て、現在は慶應義塾大学環境情報学部で准教授を務める。著書に『地球の声に耳をすませて』(くもん出版)など。

高校1年生のときにテレビで阪神・淡路大震災の惨状を見て以来、地震学者を志し、「同じ悲劇をくり返さない」と決意した大木聖子先生。大学で地球科学や防災学などを教える一方、幼稚園や小中学校に赴いての防災教育も精力的に行っています。「夢を叶えた」かに見える大木先生ですが、ご本人曰く、「まだまだ学究の徒の入口です」とのこと。どのように道を選び、学びを突き詰めてきたのでしょうか。また、「教育者」として人を育てる醍醐味についてもうかがいました。


「見守る勇気」で育ててくれた両親、ふり返ればいつもそこにいてくれた

私が地球に関心をもつようになったのは、中学2年のとき。理科好きな私に母が、『教室ではおしえない地球のはなし』(島村英紀著/講談社)という本を勧めてくれたのがきっかけです。現在の私があるのは、適正を見抜いてくれて、タイミングよく導いてくれた母の存在が大きいと思います。たとえば小さいころ、スズメの鳴き声を「ジユンジユン」と真似ていた私に気づき、「この子は耳がいいから語学をやらせよう」と、英語を学ばせてくれました。そのおかげもあってか、いまでも英語には不自由していません。

自営で建築士の父は、夕食時でも電話がかかってくるとすぐに現場に行ったりして、ほとんど休まず、働き通し。家族旅行の思い出はほとんどないのですが、それを不幸だと思ったことはありません。逆にそんな父から、仕事に対する姿勢を学びました。

私自身は、小学生くらいから「勉強が好き」という自覚があり、塾にも通っていました。ところが、一度だけ勉強が嫌になったことがあります。中3のとき、テストで学年1位になり、それはそれでよかったのですが、「つぎのテストで1位になれなかったらどうしよう」とプレッシャーを感じて、勉強するのが嫌になってしまったのです。

「もう勉強したくない」と両親に言うと、「これからどうするんだ?」と聞かれました。当時私は弓道部だったので、「弓道で生きていく」と答えました。すると父が、「弓道がオリンピック種目になってから考えなさい」。その一言で、「そうだな。勉強しよう」と勉強に戻ったのでした。自分ができるのは勉強だと、自分で気づいて納得できたのでしょうね。多くを語らずに済ませた父のユーモアにも感謝しています。

こうしてふり返ってみると、両親はある意味、忍耐強かったのかもしれません。「あれしなさいこれしなさい」とか「勉強しなさい」とか一切言わず、「好きなことをやりなさい」と、おおらかに育ててくれました。ただ、不安になってふり返れば、いつもそこにいてくれた。それで安心して先に進めたのかもしれません。

人を育てていくうえでは、この「見守る勇気」がとても大切なのだと、学生を教えるようになった今、あらためて感じます。自分が答えを言ってしまえば簡単だけど、本人が「うゎー!わかった!」と気づいてくれる。それがとてもうれしい。これこそが本当の学びなのでしょう。自分で考え、自分で学ぶ。それを見守る人がいる。これは「自学自習」を掲げる公文式学習にも通じることかもしれませんね。

関連リンク
地震研 大木聖子のブログ

関連記事

2014/05/30更新

Vol.009 地震学者 大木聖子先生

夢中は努力に勝る 夢中になれるものを見つけよう

バックナンバー

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.303
公文式の学校導入―村上学園高等学校
<全日制スタイルの通学型・通信制高校>
「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」
Vol.302
TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編
自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~
Vol.301
家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)
Vol.300
ヨーロッパの指導者
仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。