スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/05/30更新

Vol.009 地震学者 大木聖子先生  後編

夢中努力に勝る
夢中になれるものを見つけよう

大木 聖子 (おおき さとこ)
北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得。国内外での研究員、東京大学地震研究所助教を経て、現在は慶應義塾大学環境情報学部で准教授を務める。著書に『地球の声に耳をすませて』
(くもん出版)など。

高校1年生のときにテレビで阪神・淡路大震災の惨状を見て以来、地震学者を志し、「同じ悲劇をくり返さない」と決意した大木聖子先生。大学で地球科学や防災学などを教える一方、幼稚園や小中学校に赴いての防災教育も精力的に行っています。「夢を叶えた」かに見える大木先生ですが、ご本人曰く、「まだまだ学究の徒の入口です」とのこと。どのように道を選び、学びを突き詰めてきたのでしょうか。また、「教育者」として人を育てる醍醐味についてもうかがいました。

「自分のための労働は呪いでしかない」 高校最後の授業で聞いた言葉に衝撃を受ける

小さいころから勉強が好きだった私は、中学受験をしてキリスト教系の私立中高一貫校に進学しました。ここでの学びも、現在の自分に影響していると思います。特に心に残っているのは、高校卒業間近の最後の授業での、牧師先生の言葉です。それは、「自分のための労働は呪いでしかない」というもので、労働の「ろ」の字も知らないのに、ものすごい衝撃を受けました。数年後の同窓会のときにも話題となり、私だけでなく多くの生徒にその言葉が響いていたようです。

ただ当時、その言葉が突然出てきて驚いたというよりも、その言葉のエッセンスを小さいころから家庭で与えられてきて、ぼんやりしていたものが、牧師先生の言葉によって輪郭をなぞられてはっきりした、という感覚だったように思います。私が今、「必要なら私の知見をどうぞ使ってください」と惜しみなく言えるのも、このときの言葉が強く心に残っているからかもしれません。

衝撃といえば、高校在学中の1995年1月、私が高校1年のときに、阪神・淡路大震災が起こりました。テレビをつけると、私と同い年くらいの子や小さい子が大勢泣いている。今この同じ瞬間に、それが起きている。なぜこんな悲しいことが起こるのか、このときの映像を見て、地震学者になろうと決めました。こんなに悲しいことを二度と起こさないためにはどうすればいいのか。地震について学んで解決したいと考えたのです。

そこで、中2のときに読んだ地球科学の本の著者が北海道大学の先生だったこともあり、北大に進み、さらに学びたいと考え、大学院へ進学しました。

地震学者として「命を守る」活動をしようと覚悟を決めた出来事とは?

関連記事

2014/05/23更新

Vol.009 地震学者 大木聖子先生

夢中は努力に勝る 夢中になれるものを見つけよう

バックナンバー

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!