スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/04/18更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生  前編

学びの楽しさは
新しい世界が開けること
夢中になれると人は伸びる

秋田 喜代美 (あきた きよみ)
東京大学文学部卒業後、銀行員、専業主婦を経て、東京大学教育学部へ学士入学。同大大学院教育学研究科博士課程修了。立教大学文学部助教授を経て、現在、東京大学大学院教育学研究科副研究科長。日本保育学会会長、NPOブックスタート理事も務める。

子どもの育ちをより豊かにするにはどんなことが大切か――すべての大人が認識しておきたいテーマについて、教育心理学者として探究を続ける秋田喜代美先生。大学卒業後、銀行員、専業主婦を経験する過程で、「学びへの探究」に目覚め、再び大学へ。幼子を育てながらの研究生活は、ライフワークでもある「読書と子どもの発達」という研究テーマを紡ぎだし、英国で行われている“ブックスタート”を日本に導入する際の研究にもつながりました。

「世間の常識」は本当なの? 子どもの発達の真実を知りたくて、再び大学へ

「結婚相手を見つける」ことが大学生活の目的になった私は、卒業論文も「家族社会学」、そして「幸せな家庭を築くには?」をテーマに書き上げました。卒業後は、いわゆる「9時-5時」の仕事がしたいと、当時大卒女子を大量採用していた銀行に就職。人事部の研修課へ配属になり、入社1年目から研修プログラムや教育のテキストをつくらせてもらう機会に恵まれます。

実は大学でも教職課程をとっていた私ですが、教室の一番うしろに陣取り、お菓子を食べたりおしゃべりしたりで、不まじめを絵に描いたような学生でした。けれども、銀行員のための研修プログラムをつくることになり、どうしたら銀行員の意欲を喚起できるか考えたり、研修の模擬セミナーをしたりしているうちに、教育のおもしろさに目覚めます。また幸いなことに、オフィスで仕事として教育研究に関連する書籍を読む機会も与えられました。

そんなころ、大学のサークル時代から付き合っていた彼氏が鹿児島に赴任することになり、それを機に寿退社して、家庭に入ります。夫は転勤族で社宅暮らし。社宅では、奥様同士でお菓子づくりやおしゃべりの日々。毎日が日曜日という感じだったのですが、しだいに退屈になっていきました。

そして長女を出産してからは、子どもの発達に興味が湧いてきます。社宅の先輩ママから「子どもは泣くのが運動だから放っておいてもだいじょうぶよ」と言われたりすると、「世間の常識」は本当なのか、子どもの発達について何が明らかにされているのか知りたいと思うようになります。

そこで、通信教育を受講したいと夫に相談すると、「大学で徹底的に学んだら」と背中を押してくれて、東京大学教育学部へ学士入学することに。当時の住まいは長野でしたので、子どもを背負って東京へ行き、夫の実家に子どもを預かってもらい大学へ通いました。周囲からは「大学も出て就職したのに、夫を放って、子どもを預けて、なぜそこまでするのか」など、いろいろ言われました。「家族に迷惑かけてまで勉強していていいのだろうか?」と悩んだこともあります。しかし、だからこそ、時間を無駄にしたり、いい加減に学んだりするのは家族に申し訳ないと思い、必死で学び続けました。

関連リンク
NPOブックスタート
日本保育学会

関連記事

2014/04/25更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは新しい世界が開けること夢中になれると人は伸びる

2014/08/29更新

Vol.012 教育心理学者 吉田甫先生

新しい知識を得るのは人にとって本能的に楽しいこと

2014/08/22更新

Vol.012 教育心理学者 吉田甫先生

新しい知識を得るのは人にとって本能的に楽しいこと

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

バックナンバー

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!