OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/07/30更新

Vol.079

常葉大学造形学部
講師 村井貴さん  後編

本当の学びは“外”にある
教科書ネットから飛び出して
外の景色を見に行こう

村井 貴 (むらい たかし)

岐阜県高山市出身。大学でフランス文学を学んだ後、ウェブデザイナーとして複数の企業に勤める。会社員生活を送りながら、産業技術大学院大学にて創造技術修士を取得。その後、北海道大学CoSTEPに特任助教として着任し、サイエンスカフェの企画や大学広報に取り組み、2020年に常葉大学造形学部へ移る。北海道大学エクセレント・ティーチャーズに4年連続で選出、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、朝日新聞社 朝日VRアワード 自然部門賞など受賞歴多数。編集統括を担当した著作に『北大キャンパスガイド』(北海道大学出版会/2021年3月発行)がある。

ウェブデザイナーとしての実務経験を活かし、大学で情報デザインなどを教える村井貴さん。活動範囲は学内にとどまらず、サイエンスカフェを開催して「サイエンスコミュニケーション」を推進するなど、学生、専門家、地域の人々をつなぐ“場”をデザインされています。会社員からキャリアチェンジして教える立場になり、子ども時代に公文式で学んでいたことが役に立ったと振り返る村井さん。どんな点が有益だったのでしょうか。現在のお仕事につかれることになったきっかけや、サイエンスコミュニケーションを実践する意義などについてもうかがいました。

子どもは社会の中で育つもの
社会にもまれて多様な考えがあることを知ろう

村井貴さん

子どもというのは、日々の暮らしの中で長く一緒にいる人の影響を受けやすいのではないかと思います。その意味ではご家族の影響は少なくありません。ですから、学ぶことに積極的ではない方が「勉強しなさい」といっても、それは子どもにとっては理不尽な話ですよね。ほったらかしでも過干渉でもだめで、見ていないようでちゃんと見ている。その加減が難しいかもしれませんが、そうしたことも大切ではないかと思います。

子どもは、かつては親や学校だけではなく、地域、つまり社会の中で育っていたように思います。いまは社会と切り離されてきているように感じます。それでご家族や学校の負担が増えてきているのではないでしょうか。「子どもは社会の中で育つもの」と、みんなで考えていけるといいなと思います。

私自身を振り返ると、親からは「勉強しろ」とはあまりいわれず、やりたいならやらせてあげるという家庭で育ちました。何にせよ、自主的にやらないと身につきません。自分で考えて取り組む。親はその枠組みづくりに関われば良いのだと思います。

子どもたちには、多様な意見があることを知ってほしいですね。自分たちのいる教室や友だちだけが社会ではなくて、学校の外にも学びはある。むしろ、学校の外にこそ本当の学びはある。教科書やインターネットに書かれていることがすべてではありません。どんどん外に出ていってほしいですね。

サイエンスカフェもその一つです。科学は難しそうとの先入観を持たずに、気軽に参加してみてくださいね。それに、「サイエンス」をテーマにしているからサイエンスカフェといっていますが、そのほかに「人文学カフェ」などさまざまな“場”があります。そこで展開されているのはコミュニケーションです。

いろんな立場の、いろんな考え方の人と話をする。相手の言葉を否定しないで、いったん受け止めて、自分なりの解釈をしていく。そうやって、学校だけでなく、地域の中でさまざまな学びを得て、社会に還元できる大人になれたらステキだと思います。

 

前編を読む

関連リンク

常葉大学
サイエンスコミュニケーターを育てる研究室
村井貴デザイン研究室Facebook


 

村井貴さん   

前編のインタビューから

-他者の声に耳を傾ける
-家族や友人に話したくなる、わかりやすさ
-幼少期の、「没頭」と「自分でやってみる」経験

前編を読む

 

関連記事

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

KUMONグループの活動  2018/01/09更新

Vol.241 時代を超えて学び方のヒントを探る

「読み」「書き」を通して身につけた 「やり抜く力」

2018/10/19更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!