OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/03/19更新

Vol.075

株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん  後編

ゴールを設定して他人と比較せず
自分のペースを自分でつくっていこう

坂本 大典 (さかもと だいすけ)

愛媛県生まれ。同志社大学商学部在学中に、インターンとしてNewsPicksの親会社である株式会社ユーザベースに参画。大学卒業後、外資系コンサルティング会社を経て、再び同社に入社。ビジネス情報収集・分析のための経済情報プラットフォーム「SPEEDA」の商品企画、顧客対応、営業など幅広い業務を経験した後、2013年よりNewsPicks事業の立ち上げに従事。NewsPicksにおいて事業開発全体を統括し、2017年4月に取締役に就任。2021年1月より現職。

安定した職業に就いてほしい――不安定な時代には、子にそう願う保護者は少なくないかもしれません。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」を提供する株式会社ニューズピックスの代表取締役社長 CEOの坂本大典さんは、大学卒業後、超優良企業として知られる外資系コンサルティング会社に入社しましたが、3ヵ月後には当時創業間もない情報系のベンチャー企業へ転職。NewsPicks事業の立ち上げを担当し、今では560万人ものユーザーに利用されるメディアになりました。子ども時代に「自分のペースを自分でつくる」ことを公文式教室で経験できたことが、社会に出たいまも役立っているという坂本さん。どのように進路を決めてきたのか、生い立ちや転機となったできごと、また情報を扱うコツなどについてもうかがいました。

落ち込むより「次に何をすれば
これを解決できるか」を考えよう

夏休み明けは京都に戻り、たまにリモートでインターンの仕事を手伝いつつ、大学を卒業して予定通り4月からは内定先のコンサルティング会社に入社しました。入社後に中国・上海で研修を受けて、日本に戻ってきた6月頃のこと、なんとインターン先の代表者から「そろそろ戻ってきたら?」と連絡があって驚きました。そんなつもりはまったくなかったので……。

結論から言いますと、コンサルティング会社を3ヵ月で辞めてインターン先だったユーザベースへ移りました。その一番の理由は、「何もないところから皆で何かをつくることがとても楽しい」という実体験があったことです。

坂本大典さん

もうひとつのきっかけは、ある方から「1分でも早く辞めてユーザベースにいったほうがいい」と進言されたことです。その方がいうには「コンサルティング業界には人はたくさんいる。今の時代、この業界で最年少マネジャーになる経験と、スタートアップ企業で株式上場まで導くことができる経験と、どちらがレアだと思う?」。「確かに」と思ってレアなほうを選びました。

かわいがってくれた会社を振り切って辞めることになったので、「絶対に成功させよう。上場するまでは絶対に辞めない」と決めて突き進んできました。

そうして思い切って飛び込んだ新天地でさまざまなことを経験し、NewsPicks事業の立ち上げを担当。その後事業を分離して設立した株式会社ニューズピックスで運営統括を任されて現在に至っています。そしてユーザベースは2016年10月に無事上場しました。

もちろん、その過程では失敗したり落ち込んだりしたこともありましたが、今となってはほとんど忘れていますね。現在は、自分が悩んでいてもメンバーの相談にのる側でもあるので、「自分がくじけていたら終わる」と自分を奮い立たせています。

落ち込んでも、自分でペースづくりができていたら、「いま自分はここだ。もう少ししたらこうなるだろう」と、自分の状態をある意味客観視できて、落ち込む必要がなくなると思います。私がそうできるのは、「自分で自分のペースをつくる」くせが、公文式学習を通じて自然と身についていたからかもしれません。

加えて、「悩んでいてもいいことはない」と知っていることも大きいですね。悩んで解決することはほぼないので「次に何をすればこれを解決できるか」を考えていくことが大事です。

これからの夢・子どもたちや保護者へのメッセージ

関連記事

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2017/01/13更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2018/01/26更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

バックナンバー

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.410
公文書写~5姉妹で学習~
書くことが楽しい! ~公文エルアイエル
Vol.409
じっくり取り組める夏休みにオススメ
長い夏休み、 くもん出版この夏オススメの3冊
Vol.408
浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「七夕」
浮世絵に見る「七夕」 ~書道や裁縫の上達を願って~
Vol.407
福岡県大川市×永寿園の脳の健康教室
「介護予防」「認知症の重度化予防」として 自治体が学習療法導入施設に委託 ~大川市の脳の健康教室~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.068 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.068 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!