OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/01/26更新

Vol.051

ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん  後編

自分が直感した
好きなことへの熱量
信じて大切に育もう

小野 圭介 (おの けいすけ)

1982年、北海道札幌市生まれ。埼玉県北本市、長野県長野市育ち。早稲田大学理工学部建築学科に在学中に、米国系ブランドコンサルティング会社ランドーアソシエイツ東京オフィスでアルバイトを始める。同大卒業後、ランドーアソシエイツでしばらくアルバイトを続けた後、デザイナーとして採用され、正社員に。シニアデザイナーを経て、2012年同社を退社、独立してONO BRAND DESIGNを設立。共著に『ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング』(MdNコーポレーション)。受賞歴はPentawards(国際パッケージデザインコンペティション )ブロンズ賞(2017)、日本タイポグラフィ年鑑 ベストワーク賞 (2015)など。4歳から中学までの間、埼玉と長野の公文式教室に通う。算数・数学、英語、国語を学習。

会社やブランドの「しるし」ともいえるロゴマーク。言葉で説明するよりも、見ただけで、その会社の想いが伝わるものとして、多くの企業で使われています。2018年に60周年を迎える公文教育研究会でも、記念のロゴマークを作成し、KUMONに関わる方々への感謝の気持ちを発信しています。そのデザインを担当してくださったのが小野圭介さん。建築学科出身という、デザイナーとしては異色の経歴の持ち主の小野さんが、デザインの道に進まれたのには、どんな背景があったのでしょうか。仕事の魅力やKUMONの60周年ロゴが生まれるまでの道のりについてもうかがいました。

多様な意見を聞くことで
思いもよらぬデザインが生まれる

小野圭介さん

ランドーアソシエイツで学生アルバイトとして働けるようになったものの、新卒採用の枠はなく、バイトのまま大学を卒業し、しばらくバイトを続けました。就職活動もしませんでした。

「建築系に進めば?」との周囲からの助言にも、この会社でどうしても働きたいという自分の気持ちは揺るぎませんでした。また、ほかのデザイン事務所で働こうにも、美大などで専門的に学んでいないとなかなか採用してもらえないことがわかっていました。それまで何も言わなかった両親からは、さすがに「大丈夫?」と心配されましたが。

やりたかったのはクリエイティブ部門でロゴをつくることでしたが、そもそもバイトとして働き始めたのはマーケティング部門。最初は買い出しや資料収集など、アシスタント的な仕事でしたが、上司に交渉して徐々にクリエイティブのミーティングに同席させてもらったり、自分のアイデアを提案したりして、少しずつやりたい方向に近づいていきました。

やがて、自分のデザイン案が社内コンペを経て、クライアントプレゼンテーションの場にあがるようになりました。そして、ある企業のロゴが正式に採用されるなど実績が出てきて、ようやく正社員に。大学を卒業して半年が経っていました。

そうしてデザイナーとしてさまざまな案件を手がけることになりますが、30歳で独立を決意し会社をやめました。世界的な大企業が顧客の仕事は、やりがいはありましたが、もっと自分でプロジェクトをマネジメントしたいという想いが募ったのです。仕事の保障は何もありませんでしたが、さまざまな人の応援もあり、顧客に恵まれて現在に至っています。

デザインの仕事は、企業の想いを汲み取ることが一番大事とお伝えしましたが、時には、意見や感覚がすれ違うこともあります。そんなときでも、「いろんな考えや感じ方があるんだな」と捉え、「感じ方は人それぞれ」ということを前提にデザインしています。

以前は、感じ方の違いに「なぜ伝わらないのだろう」と悩むこともありましたが、自分の案が「正解」と思い込まずに、いろいろな意見を聞くことで、それが混じり合い、自分一人の発想ではできないデザインに到達することもある、と気づきました。

ロゴが完成し社会に解き放たれたとき、いろんな人の目に触れるので、やはりいろんな感じ方で受け止められます。そこにさまざまな人の考えが折り重なっていると強度が上がり、より長く愛されるのではないかと思っています。

KUMONの60周年ロゴに込めた想いとは?

関連記事

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!