OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/01/15更新

Vol.074

女子レスリング選手
登坂絵莉さん  後編

「よくがんばったね!」
子どもを成長させる魔法の言葉
前へ前へと進んでいける

登坂 絵莉 (とうさか えり)

富山県出身。小学3年生からレスリングを始め、中学時代に全国中学生選手権で優勝。至学館高校入学後は全国高校女子選手権を2連覇、至学館大学時代にも数々の大会で優勝を果たす。2013~15年世界選手権48kg級3連覇、2016年リオデジャネイロ五輪同級で金メダルを獲得。現在は東新住建に所属。

小学3年生の時に始めたレスリング、5年生から通い始めた公文式教室、親元を離れての高校進学と、一貫して自分の進む道を自分で考え、決断してきた女子レスリング選手の登坂絵莉さん。中学、高校、大学と進む中で、数々の大会で好成績を収め、2016年のリオデジャネイロ五輪ではレスリング女子48kg級で金メダルを獲得しました。一つひとつのことを大切にしてきたからこそ今があり、このことはレスリングにも公文式学習にも共通していると話します。レスリングとの出会いや公文式での思い出、大切にしていることなどについて、家族への感謝の思いとともに語っていただきました。

英語を学ぶ中で「失敗は恐れなくていい」と考え方も変化

登坂 絵莉さん

私は今でも英語を勉強し続けています。それは、海外の人たちとしっかりコミュニケーションをとりたいからです。人生で初めての海外が、先にお伝えした遠征で行ったスウェーデンで、10日間滞在していました。そのとき、言葉は通じないけれど、練習になると身振り手振りで通じたのがうれしかった記憶があります。

「レスリング」という共通のスポーツがあるだけでつながれることが、単純にすごいと感じました。でもやっぱり英語はできたほうがいい、とも実感しました。相手の言うことは理解できても、うまく伝えられない歯がゆさがあったんです。

海外遠征を重ねるなどして外国の友人が増えていろいろ話すと、「こんな考え方があるんだ」とすごく刺激になります。日本との違いを感じることもあります。たとえば私は「これをやって失敗したら、人にはこう思われるかな」と気にすることがあるのですが、外国の友人はまったくそんなふうに考えない。気にしていなくて「自分がやりたいならやればいいと思うよ!」と明るくアドバイスしてくれるんです。

そんな友人たちから、どんどん挑戦していくことが大事で、「必要以上に失敗を恐れない」ことを教わりました。自分が失敗したことも、周囲の人はすぐに忘れてしまうよ、という考え方に心が軽くなりました。英語を学ぶ中で、こんなふうに自分が知らなかった考え方を知ることができ、人生観も変わったと思います。それも英語を学び続けたいと思う理由です。

海外で活躍したいと思っているお子さんたちには、語学の勉強そのものも大事ですが、いろんなことに挑戦して、いろんな経験をしてほしいと思います。何かを選択するときにも、いろんな経験をしていると、選びやすくなると思います。

レスリングについても日本と海外とで違いはあります。たとえば練習スタイルについては、日本は年間を通してだいたい同じ練習をして、シーズンオフはないのですが、海外では練習にピークをつけたりしています。どちらがいい悪いとかではなく、いろんな考え方を取り入れていってもいいのかなとも思っています。

レスリングをやめたい気持ちをとどまらせたこととは?

関連記事

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2019/06/07更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!