OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/11/13更新

Vol.073

講談師
旭堂南湖さん  後編

最初から100点満点を目指さなくていい
間違ってもいいから繰り返し、
続けていけば、芸も学びも磨かれる

旭堂 南湖 (きょくどう なんこ)

兵庫県生まれ。幼少の折に滋賀県甲賀郡甲南町(現・甲賀市)に移り住む。地元の小中高を卒業後、大阪芸術大学芸術計画学科を経て、1999年大阪芸術大学大学院修士課程(芸術文化研究科)修了。在学中に3代目旭堂南陵の講談を聞き、その芸に魅かれ、卒業後、弟子入り。平成14年度「大阪舞台芸術新人賞」受賞。平成22年度「文化庁芸術祭新人賞」受賞。主演作品『映画 講談・難波戦記-真田幸村 紅蓮の猛将-』が全国ロードショー。CDに「上方講談シリーズ4 旭堂南湖」「講談 古典怪異譚」「講談 現代怪異譚」「こども講談」(12月発売予定)がある。

日本が誇る伝統話芸「講談」。旭堂南湖さんは、全国の講談会でご活躍するほか、講談教室や小中学校でのワークショップなど、さまざまな場で講談の魅力を広めています。南湖さんは大学院生のとき、3代目旭堂南陵さんの講談を聞いて弟子入りを決意。様々な理由で講談師を辞めていく人が多い中、支えとなったのは、公文式学習での「続けていれば成長できる」という実体験だったそうです。「師匠の芸を次世代につなぎたい」と語る南湖さんに、講談師という仕事の醍醐味や続けることの大切さなどについて、師匠の思い出とともに語っていただきました。

「この人の弟子になりたい!」
食えないのを覚悟して4.5畳半住まいからスタート

旭堂南湖さん

大学院2年目のとき、師匠となる3代目旭堂南陵の講談を聞いたことが転機となりました。当時すでに80歳過ぎ。ゆっくり舞台に上がり、話し方もゆっくりそろそろ。ところが話が進むにつれて、お客さんの顔がぐっと舞台に近づいていくんです。まるで鵜にヒモをつけて繰って魚を獲らせる鵜飼いのように、お客さんが糸でクイクイ繰られている。それほど観客を魅了する芸を私も身につけたい、この人の弟子になりたいと、強く思いました。

もう一つ理由があります。そんな魅力的な芸事なのに、当時、講談師は大阪に10人足らず。講談への認知は低く、そんな中でも師匠は、お父さんである2代目旭堂南陵とふたりで続け、2代目が亡くなってからは、たった一人で、まさに孤軍奮闘。野生動物だったら絶滅していますよ。そういう苦労があった中で、弟子が増えてここまでになったわけです。

当時私は文章で講談を広めようと考えていましたが、それ以前に講談師の「コマがない」ことを知り、「自分は不向きかもしれないが、それならコマのひとつになって、師匠の芸を次世代へつないでいこう」と方向転換しました。弟子入りを頼んだものの、高齢ですし、断られるかと思ったら、あっさり「うん」と承諾していただきました(笑)。

一方で、講談を知らない両親には弟子入りを理解してもらえませんでした。「私の人生なのだから」と説得しましたが、「勝手にせい」と、ほとんど勘当状態です。父は「芸の世界は厳しいから、どうせ途中で逃げ出すのでは」と思っていたようです。

1999年に師匠に入門した私は、15番目の入門希望者でした。過去に14人が入門したのですが、7人は残り7人は辞めていき、私はどちらになるかと兄弟子たちに注視されていたようです。

辞める理由はいろいろあるのですが、その一つが「食えないから」。若くて独身だった私は、「食えないのは当たり前」と覚悟して飛び込みました。4畳半一部屋のアパートに移り住み、朝6時から昼までは寿司屋で働き、昼からは師匠の身の回りのお世話をしたり、稽古や講談会の手伝い。お花やお茶などの稽古とは違い、師匠は無料でメシのたねを教えてくださるのが講談の世界です。独特の徒弟制度をありがたく思いながら稽古に励みました。

いつの間にか5年、10年経ち、賞もいただくようになり、父は新しい着物を買ってくれたり、地元で講談の会をつくってくれたりと、応援してくれるようになりました。親というのはいくつになってもありがたいものですね。

公文式学習にも通じる師匠の教えとは?

関連記事

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/18更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2013/11/08更新

Vol.003 手妻師 藤山晃太郎さん

古典芸能の伝承にITツールを駆使次代へつなぐ「不易流行」の精神

2013/11/15更新

Vol.003 手妻師 藤山晃太郎さん

古典芸能の伝承にITツールを駆使次代へつなぐ「不易流行」の精神

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!