OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん  前編

最初から100点満点を目指さなくていい
間違ってもいいから繰り返し、
続けていけば、芸も学びも磨かれる

旭堂 南湖 (きょくどう なんこ)
兵庫県生まれ。幼少の折に滋賀県甲賀郡甲南町(現・甲賀市)に移り住む。地元の小中高を卒業後、大阪芸術大学芸術計画学科を経て、1999年大阪芸術大学大学院修士課程(芸術文化研究科)修了。在学中に3代目旭堂南陵の講談を聞き、その芸に魅かれ、卒業後、弟子入り。平成14年度「大阪舞台芸術新人賞」受賞。平成22年度「文化庁芸術祭新人賞」受賞。主演作品『映画 講談・難波戦記-真田幸村 紅蓮の猛将-』が全国ロードショー。CDに「上方講談シリーズ4 旭堂南湖」「講談 古典怪異譚」「講談 現代怪異譚」「こども講談」(12月発売予定)がある。

日本が誇る伝統話芸「講談」。旭堂南湖さんは、全国の講談会でご活躍するほか、講談教室や小中学校でのワークショップなど、さまざまな場で講談の魅力を広めています。南湖さんは大学院生のとき、3代目旭堂南陵さんの講談を聞いて弟子入りを決意。様々な理由で講談師を辞めていく人が多い中、支えとなったのは、公文式学習での「続けていれば成長できる」という実体験だったそうです。「師匠の芸を次世代につなぎたい」と語る南湖さんに、講談師という仕事の醍醐味や続けることの大切さなどについて、師匠の思い出とともに語っていただきました。

戦国時代に江戸時代、そして自分の誕生も「歴史」
その史実をわかりやすくおもしろく物語る伝統芸能

旭堂南湖さん

みなさん、「講談」ってご存じですか? 落語に比べて知名度は低いかもしれませんね。「着物を着て一人でおしゃべりする」までは落語と同じです。違うのは、講談は「釈台(しゃくだい)」と呼ばれる机の前に座り、その釈台を「張り扇」で叩いて調子を取りながらしゃべること。

内容も違います。落語は笑い話で、つくり話が中心ですが、講談は、「いつ、どこで、誰が、何をしたか」歴史の物語。難しそうに感じる歴史の事実を、お客さまに喜んでいただくよう、ユーモアや嘘を織り交ぜながら、講談独特の語り口で語ります。昭和初期には講談を毎日やっている専門の寄席小屋「講釈場」がありました。ところが現在は講談専門の寄席小屋は日本には一軒もありません。お寺や古民家などを借りて公演しています。

文部科学省の「文化芸術による子供育成総合事業」の一環として、全国各地の小中学校に派遣されてワークショップをすることも大事な仕事です。この事業は、演劇や舞踊、音楽などさまざまな分野から学校側が選択できるのですが、担当の先生が講談を知らないとなかなかお声がかからない。それが残念なところです。もっと広まったらいいなと思います。

そして、ワークショップは1回だと鑑賞だけで終わってしまうので、私の場合は3回やります。1回目は講談鑑賞。2回目は自分たちで体験する。張り扇をつくったり、お話をつくったりします。お話づくりは難しそうと思うかもしれませんが、講談は「歴史の物語」。江戸時代や明治時代も歴史。自分が生まれたことも歴史です。両親がどこで出会ったかなど家族を取材したり、おじいちゃんの子ども時代を聞いて「おじいちゃん一代記」をつくったり。3回目は発表会で、そこにご家族もお呼びします。とっても盛り上がりますよ。

張り扇は、リズムをとるだけでなく、その叩いた音よりも大きな声を出すためのものなので、子どもたちの発声を促したり、のどを鍛えたりすることにもつながります。講談では、源平合戦の「那須与一 扇の的」など、教科書に載っている話も語り継がれています。ですから中学生くらいになれば、歴史の勉強が楽しくなりますよ。

12月には小中学生を対象としたCD「こども講談」が発売されます。付録で講談台本や張り扇の作り方も書いてありますので、聞くだけではなく、講談を覚えて体験することもできますよ。


忍者修行に富士登山…さまざまな体験をした子ども時代

関連記事

2020/11/13更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2013/11/08更新

Vol.003 手妻師 藤山晃太郎さん

古典芸能の伝承にITツールを駆使次代へつなぐ「不易流行」の精神

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!