OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん  前編

行き詰まっても逃げないで
あきらめずにぶつかって
答えは自分で見つけよう

矢貫 俊之 (やぬき としゆき)
福島県生まれ。5歳から小学校3年生までフィリピン・マニラで過ごす。帰国後は、中学まで福島県で暮らし、野球部で投手として活躍。高校は、野球の名門、仙台育英高校に進学。常磐大学を経て、三菱ふそう川崎に入社。2008年に都市対抗野球大会に出場し、同年ドラフト3位で北海道日本ハムファイターズに入団。2015年途中に読売ジャイアンツにトレード移籍。2016年末に現役引退し、球団職員となる。営業企画部を経て、2019年から広報部、2020年8月からは編成本部にて活躍中。

元プロ野球選手としての経験を活かしながら、現在は読売巨人軍の球団職員として活躍される矢貫俊之さん。この8月からは選手育成も行う編成本部へ異動となり、選手目線での仕事ぶりにますます期待がかかります。矢貫さんは野球を始めたのと同時期に公文式教室にも通い始め、「野球と公文に育てられた少年時代だった」と懐かしそうに語ります。好きで続けてきた野球ですが、「うまくいかないことも多かった」とも。そんなときはどう乗り越えたのでしょうか。現役選手当時も振り返っていただきつつ、困難に打ち勝つ秘けつ、目標に近づくための心がけなどについて、力強いメッセージをいただきました。

選手の立場にたって取材をコーディネート

読売巨人軍の広報部員(※取材当時)としての私のメインの仕事は、選手に関する広報業務です。具体的にはヒーローインタビューなど、テレビや新聞社などから依頼される選手への取材の手配や準備をしています。選手はタレントではないので、野球に支障がないように取材スケジュールを組むのが、元選手である自分がとくに意識している点です。コロナ禍においては、記者の代わりに私が選手に質問してまとめたりもしています。

選手のよい部分をどう見せられるかを考え、それを最前線でメディアの方とやりとりできるのは、とてもおもしろい反面、一度に数十社のメディアに対応しなくてはならないのがちょっと大変なときもあります。各社によって思惑があり、取り上げたい部分が違ったりするからです。たとえば、こちらとしては今日の試合で活躍した選手を記事に取り上げて欲しいと思っていても、別の選手を取り上げたいというメディアもあり、調整の難しさを感じています。

昨年のリーグ優勝の対応も私たちの仕事でした。ビールかけの準備から、各テレビ局に登場する選手インタビューの設定まで、細かい仕事でしたが、やっぱりうれしかったですね。普段めったに感情を出さない選手の喜んでいる表情を、メディアを通じて多くの視聴者の方々に伝えられたのにも充実感を覚えました。

現役時代の思い出としては、北海道日本ハムファイターズ時代にリーグ優勝したこと、日本シリーズで投げさせてもらったこと、トレードも経験させてもらったことなど、たくさんあります。

中でも一番印象に残っているのは、2013年のオールスターゲームです。東日本大震災の復興支援事業の一環として、私の故郷、福島で開催した試合で投げさせてもらったんです。両親や昔のチームメート、地元小学生のソフトボールチームも見に来てくれ、忘れられない試合となりました。すごく緊張もしましたが、地元に恩返しができたかなと思っています。

この経験が自分を成長させてくれたと感じているので、子どもたちにも「自分が頑張ってきたことを人前で発表する」という経験を、ぜひしてもらいたいと思っています。

公文式学習を通して学んだこととは?

関連記事

2020/09/18更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2017/01/06更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

2017/02/03更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」を イメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!