OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/03/06更新

Vol.068

バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん  前編

「石の上にも三年」の気持ちで
一歩一歩進んでいけば
も登れる

ニコライ・ヴィユウジャーニン (ニコライ・ヴィユウジャーニン)

ロシア・ペルミ州生まれ。6歳よりバレエを始める。ロシア国立ペルミ・コレオグラフィー・バレエスクールで学んだ後、1998年ロシア国立ペルミ・オペラ・バレエ劇場に入団。2000年にソリスト昇格。ペルミ国際バレエ・コンクールで金賞/ミハイル・バリシニコフ賞などを受賞。ヴァルナ国際バレエ・コンクール ファイナリスト、審査員特別賞受賞。2005年、ペルミにてディアギレフ賞を受賞。同年リムスキー・コルサコフ記念劇場にプリンシパルとして移籍。2007年1月、Kバレエ カンパニーに入団。同年9月ソリスト、2011年9月ファースト・ソリストに昇格。2015年7月よりフリーダンサーとして活動を始める。

6歳からバレエをはじめたバレエダンサーのニコライさん。生まれ育ったロシアでダンサーとして数々の賞を受賞するなどして活躍後、2007年に来日し、熊川哲也氏率いるKバレエ カンパニーに入団されました。現在、フリーのバレエダンサーとして、またバレエ教師として各地を飛び回っています。来日当初は「こんにちは」くらいしか話せなかったそうですが、公文式教室に通うなどして日本語力を高め、今ではインタビュー中にことわざが飛び出すほどです。バレエダンサーを目指した理由や日本に来たきっかけ、ロシアと日本とでの違いなどについて、ユーモアも交えながら日本語でお答えいただきました。

バレエスタジオに行くフリをして
ずっと滑り台で遊んでいた

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

私はロシアのペルミという人口100万人ほどの街で生まれました。中心部は都会ですが、周辺は森で、自然豊かなところです。父も母も医師で、私の下に弟と妹がいます。私は活発な子どもで、いろんなところを登ったりジャンプしたりと、じっとしていることはありませんでした。5歳くらいから音楽を聴きながら自然に体を動かしていたそうです。ビルの8階に住んでいましたが、エレベーターがしょっちゅう壊れるので、いつも階段を楽しく走り上っていましたね(笑)。全然つらくなかったです。

父が休みの日には、一緒に森へ行き、スキーをしました。左右のスキー板を平行にして交互に前後させて進む「クラシックスキー」を、2時間くらいするんです。すごく楽しかったですよ。5歳くらいのとき、体を動かすのが好きな私に何かやらせたいと思った母の意向で、フィギュアスケートのオーディションを受けることになりました。そのときスケート靴を持参しなくてはならなかったのですが、私の足に合う小さいサイズの靴がなかったので、フィギュアスケートではなく、バレエスタジオに通うことになりました。

ロシアはバレエが盛んな国とのイメージがあるかもしれませんが、女の子ならともかく、バレエを習う男の子はロシアでも少数派です。じつは私も気が進みませんでした。そのバレエスタジオは自宅から5㎞ほど離れていて、歩いて通わなければなりませんでした。ところが私は行きたくなかったので、「行ってきます!」と家を出て、スタジオの前まで行って中に入らずに、近所の滑り台でレッスンが終わる時間まで遊んでいました。マイナス20度の外で、です(笑)。

その滑り台は日本の公園にある小さな滑り台とは全然違っていて、3階建てのビルくらいの高さがあって、スリル満点でとても楽しかった! 1ヵ月の間ずっとそのような状態でレッスンに出ていなかったので、先生は、私がもう辞めたのではないかと思っていたそうです。でもあるとき母が月謝を払いに行き、私がサボっていたことが発覚してしまいました。

渋々バレエのレッスンに戻った私ですが、ジャンプもあるし、バレエもだんだん楽しくなってきました。ただ、滑り台のほうがもっと楽しかったですけどね。レッスンにこうして通ううちに、先生からプロになるためのバレエ学校へのオーディションを受けることを勧められ、受けてみたら合格することができました。私よりも母のほうがものすごく喜んでいました。

国立のバレエ学校に合格、バレエダンサーの道へ

関連記事

2020/03/13更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、舞台で踊る喜びとともにバレエの魅力を伝えたい

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

KUMONグループの活動  2016/12/13更新

Vol.185 日本語もKUMON-動画レポート

学習者の夢をかなえるための公文式日本語 ~学習者の夢、指導者の想い~

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!