OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/11/29更新

Vol.065

弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん  前編

一つひとつ積み重ねた結果、今がある
枠にとらわれず好奇心をもち、
学び続けて前進しよう

中村 智広 (なかむら ともひろ)

1982年、和歌山県生まれ。12歳で親元を離れ、神奈川県の公文国際学園で中高生活を送る。京都大学薬学部在学中に、行政書士、宅地建物取引主任者の資格を取得。大学卒業時に薬剤師国家試験に合格し、京都大学大学院薬学研究科へ進む。その後、法律家をめざして神戸大学法科大学院に進学、司法試験合格を経て弁護士に転身。現在は主として医療・知財分野を扱う弁護士として活躍中。両分野の専門知識を活かし、産官学の医療研究開発に関する適正調査や法的助言なども行う。

弁護士・薬剤師・弁理士などの資格をお持ちの中村智広さん。大学・大学院で薬学を学んだ後、法科大学院へ進み、医薬やヘルスケア分野に詳しい弁護士として活躍されています。華やかなキャリアをお持ちですが、これまでも現在もやはり壁はあったそう。それを突破できたのは、「目標を設定し、達成して前に進む。悩んだら常に基本に立ち返る」という、公文式で身につけたスモールステップの積み重ねのおかげだといいます。現在のお仕事だけでなく、生き方そのものにも公文式での学びが影響しているという中村さん。幼少期を含め、学びや仕事への思いなど、過去、現在、未来を語っていただきました。

友人を心から歓迎してくれた両親のもと
よく遊びよく学んだ子ども時代

中村智広さん

両親は、和歌山県で表具工場を営んでいました。お客さまのために、どんなに大変でも妥協せず、最高のものを納品したいと、朝から晩まで、文字通り身を粉にして働いていました。そんな両親の姿は、私にとっての仕事上のロールモデルでもあり、両親のように誠実に、妥協せずクライアントと向き合えているか、いつも自問自答しています。

工場と倉庫が併設された実家は、田んぼや畑が広がる中にあり、自然がとても豊かな環境でした。私は泥だらけで遊んだり、土手滑りをしたり、田舎遊びといわれるものは一通りやりましたね。

両親は、休みになると、忙しい仕事の合間を縫って、私の友人たちも一緒に、バーベキューや川遊びなどに連れて行ってくれました。また、母が子ども好きだったのもあって、普段も、近所の友だちがわが家に来るのを心から歓迎してくれました。母は、時には私や私の友だちと一緒に本気で遊び、自分が一番楽しんでしまうような、子どもと等身大の関係を築く人だったと思います。そのおかげもあって、わが家の居心地がとてもよかったのか、学校から帰るといつも友だちが来てくれて、まるで託児所や学童保育みたいでしたね(笑)。そのため、私は一人っ子でしたが、寂しい思いをしたことはありません。当時の友だちとも長く付き合いが続き、数十年経った今も、たまに会えば懐かしく当時の思い出を語り合える関係です。

また、両親は、勉強に関しても、忙しいにもかかわらず全く手を抜くことなく勉強を教えてくれましたし、私のどんな些細な話も、突き放すことなく聞いてくれました。ですから私は、子ども時代はもちろん、今でも両親とはいろんな話ができます。もちろん危ないことをしたときなど、叱られたこともたくさんありましたが、そういった時も「ダメね」など人格否定するような言葉は一切使いませんでした。また、私ができたことに目を向けて、本当によくほめてくれました。いつでも、私以上に私の力を信じてくれていたことが、何よりうれしかったです。

母は、私が3歳直前に入園した幼稚園の先生から、公文式の教室を勧められたそうです。それで算数をやるようになりました。5歳から国語と英語も始め、小学6年生まで、毎日朝5時に起きてプリントをしていました。

小学校に入学すると、私の家に集まってくれている友だちと早く遊びたい一心で、学校の宿題は休み時間に学校で終わらせていました。授業内容は公文式で先取りしているので、すぐ解けるんです。それで家に帰って思いっきり遊びました。今思うと、遊びと勉強のメリハリがしっかりついていた生活だったと思います。

公文式学習を通して身についたものとは?

関連記事

2019/12/06更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!