OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん  前編

「好奇心」は大切な原動力
What, Why, Howを自らに問いかけて
思考やものの見方を広げよう

根本 かおる (ねもと かおる)
兵庫県生まれ。東京大学法学部を卒業後、テレビ局のアナウンサー、報道記者勤務を経て、フルブライト奨学生として米国コロンビア大学国際関係論大学院で修士号を取得。1996年から2011年までUNHCR職員として、トルコ、ネパールなどで難民援助の最前線で支援活動に当たるとともに、ジュネーブ本部での政策立案なども手がける。WFP(国連世界食糧計画)の広報官、国連UNHCR協会事務局長も歴任。フリージャーナリストを経て2013年より現職。著書に『難民鎖国ニッポンのゆくえ』(ポプラ新書)、『ブータン――「幸福な国」の不都合な真実』(河出書房新社)』など。

アナウンサー、報道記者というマスコミの世界から、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)職員に転じ、フリージャーナリストを経て、現在、国連広報センターの所長を務める根本かおるさん。自ら進んでキャリアを開拓してきたそのフロンティア精神は、子どもの頃、ドイツでマイノリティ(少数派)の立場を経験したことから養われたといいます。マイノリティとしてのチャレンジをどう克服し、どのようにして希望をかなえてきたのでしょうか。言葉のわからないドイツで「助けられた」という公文式学習の思い出とともに、国連が推進するSDGs(=持続可能な開発目標)の日本への普及・浸透など、現在尽力されている活動についてもうかがいました。

国際港湾都市、神戸で生まれ育ち、外国人は身近な存在

「国連」と聞いて思い浮かべるのは、ニューヨークの国連本部ビルかもしれませんが、国連にとっての日本における大使館とも言えるのが国連広報センターです。所長として、おもに3つの業務に携わっています。1つは日本の人たちに情報を選んで届けることです。国連の公用語は、英語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語、中国語の6言語で、あらゆる情報がこの6言語で発信されます。ところが、日本語は公用語ではありませんので、国連広報センターが「これは日本の人たちに届けなくてはいけない」、あるいは「関心を持ってくれるだろう」という情報を選んで日本語で発信して初めて日本の人々は広く国連の活動について知っていただくことができます。

2つめは、国内にある国連関連機関の広報分野でのとりまとめ役となり、国連ファミリーとしてまとまりのあるメッセージを発信できるよう調整します。国内にはWHO(世界保健機関)、UNICEF(国連児童基金)など28の国連関連事務所があり、それぞれ異なる専門的な活動をする中、国連と日本のパートナーシップなど共通の課題もあります。その最たるものがSDGs(=持続可能な開発目標)で、現在推進に努めています。

また、日本国内には優れた技術を持つ企業や優れた取り組みがたくさんあります。そうした動きや国連に対する日本の人々の期待などを吸い上げて国連本部に伝えたりすることもしています。これが3つめで、日本の関係者に主体的に関わってもらうような橋渡し役を担っているといえるでしょう。

私が育った神戸は国際港湾都市で、華僑やインド人など、外国人が街を歩く姿は珍しくありませんでした。加えて自宅には、商社勤務の父が海外出張などで持ち帰ったさまざまな国のお土産がありました。冷蔵庫を開ければ当時まだ珍重されたキムチの匂いが広がるなど、食べ物から感じる「外国」もありましたね。祖父は経済学者でドイツに留学経験があり、祖父の家に行くたびにドイツ語の書籍や版画を目にしていました。そんな環境でしたので、幼少期から私にとって外国は身近な存在でした。

中学生くらいの時は、テレビで放映されていたNHKの「シルクロード」シリーズに影響されて、考古学者になりたいと考えていました。文章を書くことも好きで、作文コンクールで入賞したこともあります。私は覚えていないのですが、クラスメートにはジャーナリストになりたいと言っていたようです。

ドイツでの学校生活を救ってくれたのは?

関連記事

2019/06/07更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

バックナンバー

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.311
公文書写-百人百筆編
世代を超えて楽しむ ちょっとすてきな「書写のあるくらし」 ~公文エルアイエル~
Vol.310
社員の学び合い
より多くの子どもたちに 公文式を届けたい ~国や地域を越えて学び合う社員~
Vol.309
KUMONの海外展開~ルーマニア~
ルーマニアに公文式教室開設
Vol.308
現役大学生が考える英語とは②
イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.054 後編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.054 前編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.053
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。