KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2022/08/23更新

Vol.451

KUMONの取り組むSDGsを考える③前編  

公文式学習のコツコツ頑張る力
持続可能な地球を作る

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標が「SDGs(=Sustainable Development Goals)」。こちらの企画では、各界のオピニオンリーダーや実践者の方々をお招きして、公文教育研究会のSDGs委員会・アンバサダーメンバーの社員との対話を通じ、教育を通じて社会の課題解決へのグローバルな貢献を目指すKUMONの取り組みへの理解を深めていきます。
今回は、世界中に友だちを作り、社会課題を自分のこととして捉える「自分ごと化プロジェクト」代表の鈴木健斗さんをお招きして、プロジェクトの活動や学習経験について伺いながら、SDGsの「自分ごと化」について考えました。

鈴木 健斗(すずき けんと)

広島県出身。公文式学習経験者。中高一貫校在学中だった高校2年時に、世界各国から選抜された高校生を受入れる国際的な民間教育機関「ユナイテッド・ワールド・カレッジ」ドイツ校に留学。その後は米国ブラウン大学に進学し、2022年に卒業。同大大学院に進学予定。世界中に友だちを作り、社会課題を自分のこととして捉える「自分ごと化プロジェクト」代表としても活動中。

公文教育研究会 会談参加メンバー(敬称略)
静岡事務局 安藤
埼玉事務局 中元
総務部 大西

中高一貫校を高2で自主退学してドイツに留学
留学経験をきっかけに「自分ごと化」について深く考える

―― まずは鈴木さんの活動について教えていただけますか?
鈴木健斗さん(以下、鈴木):私は現在、一般社団法人「自分ごと化プロジェクト」の代表をしています。また同時に、2022年5月にアメリカのブラウン大学を卒業し、この9月に同大学の公衆衛生大学院に進学する予定です。自分ごと化プロジェクトは2020年11月に発足したもので、その名のとおり、とにかくどういったことでも自分のこととして捉えられるようにする、を目指す団体です。同時に「世界中に友だちを」をスローガンに、友だちづくりを通して世界中の出来事や人々について“自分ごと化”がはかれるような活動を行っております。

鈴木 健斗さん

この団体を立ち上げたきっかけは私自身の経歴にあります。私は広島で生まれたあと、福岡に10年住んでいました。その後広島に戻り、中高一貫校に進学しましたが、高校2年生の夏休みに、通っていた中高一貫校を自主退学して、そこから2年間、ユナイテッド・ワールド・カレッジという国際的な団体が管轄しているドイツの学校に留学しました。世界100ヵ国以上から生徒が選抜で集まっていて、自分も日本の代表として行きました。

2016年当時は、ドイツの中でもとくに難民問題がホットな話題として取り上げられていました。でも、私がその時どのように捉えたかというと、恥ずかしながら「大変な人もいるんだな」程度にしか思っていませんでした。そんななか実際に、アフガニスタンやシリアなど、色々な国からドイツに難民としてきている同級生と2年間生活を共にします。そうした環境を通じて、難民問題が自然と“自分ごと化”する経験ができました。

こうした経験を再現できないかと、2年ほど前、コロナ禍で悶々としていた時に思いつきました。現在はオンラインではありますが、まずは実体験として、そういった環境を日本中の若者に届けようという思いで「自分ごと化プロジェクト」を始めました。

―― 具体的にはどのような活動をされているのですか?

鈴木:プロジェクトでは、基本的にはふたつやっていることがあります。ひとつ目が通常セッション、もうひとつが学校セッションと呼んでいるものです。通常セッションはオンラインで、2ヵ月に1回、相手国を変えながら、1ヵ月目に3回、2ヵ月目に3回を1クールとしています。

前半3回は、自分ごと化できる基盤を作るフェーズで、「日常生活をどう送っているの?」「何時に学校に行くの?」「お弁当あるいは給食を食べるの?」そういったことも含めて、伝統文化や日常生活の話をします。ひとつでも自身の振り返りにつなげて自分ごと化できるベースを作っていきます。

2ヵ月目の3回に関しては、もっと踏み込んだ、具体的な社会課題を取り上げて、それについて話をします。このようなことを2020年11月からやっています。相手国は、たとえば2022年の6月と7月はウクライナです。今後も続けていきたいと思っています。

学校セッションの方も基本的に同じですが、ご依頼をいただいた日本の学校と海外の学校をつなぐ、完全なオーダーメイドのプログラムです。依頼元の学校のご希望に沿った内容かつ期間で提供をします。それに関しても自分ごと化をベースに置いて行います。

プロジェクトで大切にしていること

関連記事

KUMONグループの活動  2022/08/30更新

Vol.452 KUMONの取り組むSDGsを考える③後編

公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

2022/02/01更新

Vol.433 KUMONの取り組むSDGsを考える②前編

社会課題解決の 人材育成に貢献する公文式

2022/02/08更新

Vol.434 KUMONの取り組むSDGsを考える②後編

社会課題解決の 人材育成に貢献する公文式

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/31更新

Vol.469 地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生

KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!