KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/02/08更新

Vol.135 未来を創る仕事-オムロン  

自分の可能性自信を持つことで
さらなる成長チャレンジできる
オムロン株式会社 井垣勉さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体の一員として「未来を創る仕事」に関わっています。今回お話をうかがうのは、日本有数の技術メーカー・オムロンで、広報の立場からグローバルな仕事に関わる公文式OB。積み上げたキャリアで新しい仕事に挑戦し続ける姿から、公文式の考え方に通じるお話がうかがえました。

vol135_img2
オムロン株式会社
グローバルIR・コーポレートコミュニケーション本部
コーポレートコミュニケーション部長
井垣 勉さん

―― オムロンはどのような企業ですか?

オムロンといいますと、おそらく一般的には、体温計や体重計といったヘルスケア製品のイメージで広く親しまれていると思います。ただ、ヘルスケア事業は当社グループの売上の約1割ほどです。

当社は大まかに5つの領域の事業が大きな柱となっています。ものづくりを支える工場の制御機器、家電製品やOA機器などに使われる電子部品、自動車に組み込まれる車載部品、駅の自動改札や券売機、道路信号といった社会 システム事業、そしてヘルスケア事業です。

これらすべての事業に共通するのが、「センシング&コントロール」という独自技術です。「センシング」とはモノの状態を把握すること、そして「コントロール」は制御したり動かしたりすること。その間をつなぐ「ロジック」、つまり考える部分に当社ならではのノウハウが詰まっています。

―― 今のお仕事についてきかせてください。

オムロンは現在世界110か国以上で事業を展開しており、150社以上のグループ企業を抱えて、社員は約3万9千人。そしてその先には、当社製品の取引先やご利用されるお客様、地域社会など、世界中にたくさんの「ステークホルダー(関係者)」がいます。私は、そうしたさまざまな立場の皆さまと、当社との関係性をより高めるためのコミュニケーションに関わる仕事、一般的には「広報」と言われる仕事をしています。

具体的には、ホームページやソーシャルメディアを使った情報発信、マスコミを通じた報道への対応、企業イメージを高めるための広告展開、また当社では、「京都マラソン」のようなスポーツイベントの協賛活動で消費者の皆さまとの接点を増やすなど、業務は多岐に渡っています

―― 今のお仕事に至るまでの経緯を教えていただけますか。

実は大学を出て最初の就職先が日本の自動車メーカーで、その会社では国内営業のマーケティングを担当していました。ところが1990年代後半、世界的な自動車メーカーの再編時期と重なり、私のいた会社も海外資本の傘下となりました。そのときに外資系の会社の風土や考え方に直接触れ、自分の視野と経験の狭さを実感し、「もっとキャリアアップをしたい、グローバルな仕事をしたい」と思うようになりました。

その後、外資系のコンサルティング会社やPR会社など、一貫して「広報・コミュニケーション」の分野の専門性を高めるために、経験を積み重ねてキャリアアップを図りました。前職では世界的に有名な消費財ブランドの商品を展開するグローバル企業の日本法人で10年ほど勤務しました。ここでは日本法人のコーポレートコミュニケーション全体に携わり、とてもやりがいがありました。

ただ、心の中に「自分がそれまで培ってきた経験のすべてを生かして、“日本発”の企業で、世界を相手にコミュニケーションを手がける仕事をしたい」という思いがありました。そして縁あって、現在のオムロンにやってきました。

―― 一つひとつの経験を糧にステップアップされてきたのですね。

私が公文式で学んだのは中学校の3年間だったのですが、新しいステップに進むことで自分の可能性をどんどん高めていく、というところは通じるものがあるかもしれません。私はこれまでずっと「コミュニケーション」の仕事に携わってきましたが、「一人ひとりが尊重される学び」である公文式学習のアプローチには、今とても共感します。というのは、私たちのコミュニケーションという仕事も、企業の都合に合わせて一方的な情報発信をするのではなく、いろいろな立場のステークホルダーを尊重して、一人ひとりに向き合わなくてはならないわけですから。

井垣さんが仕事を通じて成し遂げたい夢とは?

関連記事

学習者・OBOG  2014/09/02更新

Vol.052 未来を創る仕事-サントリー

「やってみなはれ」の精神で 理念や思いを形にする サントリー酒類株式会社 澤田美穂さん

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

学習者・OBOG  2015/09/15更新

Vol.103 未来を創る仕事-JAL

積み重ねた経験は 自分を助ける道具になる 達成感こそパイロットの醍醐味 日本航空株式会社 櫻井聡史さん

学習者・OBOG  2016/06/21更新

Vol.157 未来を創る仕事-グンゼ

楽しみながら根気よく くり返しやることで新たな力が生まれる グンゼ株式会社 西堀公人さん

学習者・OBOG  2015/01/20更新

Vol.071 未来を創る仕事-日本ユネスコ協会連盟

小さなことの積み重ねが 大きなことを成し遂げる力になる公益社団法人日本ユネスコ協会連盟宍戸亮子さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!