OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん  後編

「いまの自分」を信じ、
「心の声」を聞いて生きていこう

吉岡 秀人 (よしおか ひでと)
1965年大阪府吹田市生まれ。大分大学医学部を卒業後、大阪、神奈川の救急病院に勤務。1995年から2年間ミャンマーにて医療活動に従事。1997年に帰国し、国立岡山病院、川崎医科大学(倉敷市)で小児外科医として勤務。2003年に再びミャンマーに渡り医療活動に従事。2004年4月、国際医療ボランティア団体ジャパンハートを設立。2017年6月特定非営利活動法人ジャパンハート最高顧問就任。著書に『救う力』(廣済堂出版)、『命を燃やせ ~いま、世界はあなたの勇気を待っている~』(講談社)ほか。

ミャンマーやカンボジア、ラオスなどで無償の医療活動を続ける吉岡秀人さん。2004年に「医療の届かないところに医療を届ける」ことをミッションに、NPO法人ジャパンハートを立ち上げました。いまでは海外のみならず、国内の僻地や離島、大規模災害を受けた被災地の支援のほか、医療人材育成、子どもたちの養育施設の運営など活動の場を広げていますが、そもそもは1995年に吉岡さんがたった一人で始めた活動でした。その力強い行動の源泉は何なのでしょうか。生い立ちを含め、思いを実現するために大切なことについてもうかがいました。

人にはいろんな才能の咲かせ方がある
自分の感覚を確かめながら進んでいこう

私は若い人たちには「世の中を大切にしている方向性」を持っていれば、必ず世の中から大切にされる、と伝えています。その方向性とは、「この世界が持続的に発展するための試みに参加すること」です。

「私は粟粒みたいなものですから」という看護師がいましたが、粟粒でいいんです。この方向は川の流れみたいなもので、私たちはその一つひとつの分子です。流れの先には、世の中をもっと変革してくれる人がいる。それはあなたかもしれないし、私かもしれない。そのために、喜んでこの流れをつくるひとつの分子になる。みんながこの方向に向かって進んでいくことが大切だと思っています。

子どもたちに伝えたいのは「人より遅いから」「人よりできないから」と思う必要はないということ。人生はマラソンと同じで、いきなり飛ばしたら力尽きてしまいますし、人にはいろんな才能の咲かせ方があります。嫌いなことは続きませんから、いろいろ手をつけてみて「これだ」と思うものを見つけてほしい。そのためには、いまの自分を信じられるかどうかが大事です。自分の感覚を確かめながら、心の声を聞くようにするといいと思います。

ある科目を通して見えてくる子どもの才能に気づくなど、それを教師が見つけられたらすばらしいですね。ちょっとした大人の言葉に救われて、その後成長する子もたくさんいます。親も教師も子どものいいところをどう見つけたらいいか、フレキシブルに考える必要があるでしょう。とくに親は時代錯誤にならず、「未来のことはわからない」という謙虚さをもって子どもに接してほしいですね。

私には息子が2人います。それぞれ10歳になったら約1ヵ月間、一緒に旅に出ると決め、私がかかわる途上国の施設にも連れて行きました。10歳を過ぎると反発し出してしまうので、それまでに伝えたいことをすべて伝えようと心がけてきました。

「伝えたいこと」とは、私が父から受け取ったことと同じです。つまり、黙々と、一生懸命生きるということ。息子たちは病気の子どもたちも、若いスタッフが一生懸命生きる姿も見ています。そこから何を感じ、どう行動するかは彼ら次第です。

先日、長男が「将来の夢」という作文で「お父さんよりすごい医者になる」と書いていました。「追いつく」のではなく「越えていく」のがいいですよね。次世代の人には、ぜひ私たちを越えていってもらいたいと思っています。

前編を読む

関連リンク
特定非営利活動法人ジャパンハート
発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い


 

 

前編のインタビューから

-吉岡さんの原点とは?
-吉岡さんが公文式学習で養った力とは?
-医師を目指すことになったきっかけ

前編を読む

 

関連記事

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.362
浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」
裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
Vol.359
公文国際学園―模擬国連2020
生徒主体で運営する模擬国連 さまざまな国の現状を知り 国際問題の議論を通して視野の広がりを実感
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!