OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん  後編

「いまの自分」を信じ、
「心の声」を聞いて生きていこう

吉岡 秀人 (よしおか ひでと)
1965年大阪府吹田市生まれ。大分大学医学部を卒業後、大阪、神奈川の救急病院に勤務。1995年から2年間ミャンマーにて医療活動に従事。1997年に帰国し、国立岡山病院、川崎医科大学(倉敷市)で小児外科医として勤務。2003年に再びミャンマーに渡り医療活動に従事。2004年4月、国際医療ボランティア団体ジャパンハートを設立。2017年6月特定非営利活動法人ジャパンハート最高顧問就任。著書に『救う力』(廣済堂出版)、『命を燃やせ ~いま、世界はあなたの勇気を待っている~』(講談社)ほか。

ミャンマーやカンボジア、ラオスなどで無償の医療活動を続ける吉岡秀人さん。2004年に「医療の届かないところに医療を届ける」ことをミッションに、NPO法人ジャパンハートを立ち上げました。いまでは海外のみならず、国内の僻地や離島、大規模災害を受けた被災地の支援のほか、医療人材育成、子どもたちの養育施設の運営など活動の場を広げていますが、そもそもは1995年に吉岡さんがたった一人で始めた活動でした。その力強い行動の源泉は何なのでしょうか。生い立ちを含め、思いを実現するために大切なことについてもうかがいました。

自分が本当に幸せになりたかったら
世の中を幸せにするしかない

子どもを救えないときには、「自分が死んだほうがラクだ」「もうやめたい」といつも思います。でも、私が活動をやめてしまうと、その子の死の意味が固定してしまう。その子の死を乗り越えて、誰かの、より多くの人の「生」に変えない限り、ムダ死にになってしまう。しんどいけれど進んでいくしかない。そう気を取り直して前に進む。そのくり返しです。

なぜ私がこうした活動を続けられるのか。それは「自分が幸せになるためにやっている」と自覚しているからです。結果、彼らが幸せになる。私からしたら現地で来てくれる人たちは「私の価値を認めて、来てくれている人たち」。とてもありがたいことです。

「情けは人のためならず」といいますが、結局、私たちの生き方はスーパーボールを投げるようなもの。投げたら過去か未来かどこに当たって、どんな形かも、お金で返ってくるかもわかりませんが、必ず返ってくる。

ミャンマーに行った当初、遺族会から1日1,000円の食費をいただいていました。1ヵ月で3万円です。3万円あれば60人の栄養失調の子に1週間に6食を食べさせてあげられる。それでこの食費を子どもたちの分に当てました。すると、巡回診療から帰るとき、毎日子どもたちが無心でご飯を幸せそうに食べている光景に出くわすようになりました。それが無上の幸せでした。これが毎日たった1,000円を差し出しただけで私が受け取ったものです。

私たちが本当に豊かになるためには、自分のことを「幸せな人間だ」と思ってないとなりません。
「自分は幸せな人間だ」と思うには、世の中から「あなたは大切ですよ」と言ってもらうしかないんです。その為には世の中を大切にして、世の中を幸せにするしかない。
しかし、他人に幸せを与えるには、まずは、自分の本当の幸せの状態を知らなければなりません。

というのは、人は自分の延長線上でしか他人を考えられないからです。他人の痛みがわかるのは自分も痛みを経験しているからです。

世の中から受け取ったメッセージが集積し、「自分には価値がある」「生きていて良かった」と思え、自分を大切な存在だと分かり、そこで初めて同じだけ人を大切にできるようになる。そのことに、私は活動する中で気づきました。

吉岡さんから子どもたちへのメッセージとは?

関連記事

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.363
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)
親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~
Vol.362
浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」
裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!