OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん  前編

「いまの自分」を信じ、
「心の声」を聞いて生きていこう

吉岡 秀人 (よしおか ひでと)
1965年大阪府吹田市生まれ。大分大学医学部を卒業後、大阪、神奈川の救急病院に勤務。1995年から2年間ミャンマーにて医療活動に従事。1997年に帰国し、国立岡山病院、川崎医科大学(倉敷市)で小児外科医として勤務。2003年に再びミャンマーに渡り医療活動に従事。2004年4月、国際医療ボランティア団体ジャパンハートを設立。2017年6月特定非営利活動法人ジャパンハート最高顧問就任。著書に『救う力』(廣済堂出版)、『命を燃やせ ~いま、世界はあなたの勇気を待っている~』(講談社)ほか。

ミャンマーやカンボジア、ラオスなどで無償の医療活動を続ける吉岡秀人さん。2004年に「医療の届かないところに医療を届ける」ことをミッションに、NPO法人ジャパンハートを立ち上げました。いまでは海外のみならず、国内の僻地や離島、大規模災害を受けた被災地の支援のほか、医療人材育成、子どもたちの養育施設の運営など活動の場を広げていますが、そもそもは1995年に吉岡さんがたった一人で始めた活動でした。その力強い行動の源泉は何なのでしょうか。生い立ちを含め、思いを実現するために大切なことについてもうかがいました。

公文式で養ったのは「瞬発力」

私の実家は車のシートの縫製工場で、従業員も雇っていました。でもオイルショックの影響で余裕がなくなり、人を雇うこともままならず、私が高校生のときに廃業。生活は苦しかったですね。

父は私よりも能力のある人でした。しかし貧しさゆえ大学はあきらめ、高卒で銀行に就職。祖父に呼び戻されて工場を継ぎ、春も夏も秋も冬も、ずっと同じ格好で黙々と働いていました。父からは言葉で何かを教えられたことはありませんでしたが、「黙々と働くことの美しさ」を教わりました。

母は家業を手伝っていて、自己犠牲ができる人。子どもは物心つく前に、安心・安全を約束してくれる母性、10歳前後までに社会性や強さなどの父性が、それぞれ与えられ、成長していきます。私は両親からそこは受けてきたと感謝しています。

小さいころの私は何をしても飽きっぽく、小学校ではいつもいすをガタガタさせたり、体を揺らしたりして、落ち着きがなく、先生の前が私の指定席でした。でも集中力はあって、中学時代は試験の前日にだけ勉強して、いい成績がとれました。前日は夕方から朝まで徹夜しても、まったく疲れないし眠くもならない。でも素行は悪いし、部活もとくにやっていませんでした。

公文式の教室に通うようになったのは、妹が通っていたからで、小学校中学年のころから、算数を2~3年ほど続けました。公文の教材では似たような問題をくり返しやるので、当時は「またこれ?」と思っていましたが、いま思うと「筋トレ」と同じ効果があるものだったと思います。軽い負荷がかかるので体でいうところの速筋を鍛えられるのです。それはすなわち脳の瞬発力を鍛えていることになります。とくに数学は、問題を見た瞬間にパパッとストーリーが思い浮かぶと大体解けます。その瞬発力を養えたのは公文式のお陰だと思います。

吉岡さんが医師を目指すことになったきっかけとは?

関連記事

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.381
おもちゃで楽しく英語が学べる
KUMON TOY Englishシリーズの2商品 英語で伝え合う力を養う
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!