OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/08更新

Vol.054

「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん  後編

過去の自分を超えていく
実感をもとに伝えていきたい
輪島塗と漆の魅力

桐本 滉平 (きりもと こうへい)

1992年石川県生まれ。江戸時代より漆器製造販売業を営む「輪島キリモト」の8代目。2016年、大学在学中に文部科学省「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に採用され、パリにて漆器のマーケティングを実践。2018年、The Breakthrough Company GO、TBWA/HAKUHODO、QUANTUMとともに、「科学やデザインの視点で漆を捉えなおす」をコンセプトにした新たな漆のブランド「IKI」を発表。公文式には、小学校低学年から中学1年まで通い、算数・数学と英語を学んだ。

日本の伝統工芸品である漆器、その代表的なブランドのひとつが輪島塗です。桐本滉平さんは、江戸時代から続く輪島塗の老舗「輪島キリモト」の8代目。学生時代にパリで漆器販売を経験し、そこでの学びを活かして、25歳という若さで2018年3月に漆を活用した新ブランド「IKI -by KOHEI KIRIMOTO」をスタートさせました。漆を生業とすることに決めたのにはどんな転機があったのでしょうか。持続可能な産業として漆に向き合い、さまざまなチャレンジに挑み続ける桐本さんに、これまでの道のりと今後の夢についてうかがいました。

パリでインターンを体験
「輪島塗」と伝えても全然売れず……

桐本滉平さん
インターン先のギャラリーでの様子

一浪ののち晴れて大学には合格したものの、私のように具体的なビジョンをもって入学する人は周囲に少なく、友人もできず、それこそ退学すら考えました。ところがやがて、大学の枠を超えた国際貢献などをする団体に所属して、東京にいる意味を見出せるようになりました。

そして大学生活が一変したのは、大学2年から始まったゼミがきっかけです。幸運にも「輪島塗のマーケティング研究」を専門にされている先生が自分の大学にいらしたんです。そのゼミに入ってビジネスコンテストに出場したり、輪島キリモトを題材にしたフィールドワークをしたり、充実したゼミ活動を続けていました。

その過程で、「日本の市場だけを見るのではだめだ。売るためには海外を視野に入れなければ」ということを感じるようになりました。「モノにはエネルギーがあり、人の感情を動かす」と思っていたので、「海外で輪島塗が人の感情を揺り動かす瞬間を見たい」という思いがわき上がったんです。

それで大学4年のとき、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に応募しました。これは意欲のある若者の海外留学を支援促進する制度で、私は「パリで日本の伝統工芸を世界に通用するブランドへ。モノづくりの革新によって日本の地方に活力を。」をテーマに応募して、採用されました。留学先をパリに選んだのは、パリが世界のライフスタイルの発信地で、伝統と革新のバランスがいい都市だと考えたからです。

パリではインターンとして、日本文化を発信するギャラリーで販売を任されました。ところが、「輪島塗」と訴えたところで全然売れません。「輪島塗だからいいものだ」と思っていた自分の愚かさを思い知らされました。

リサーチを重ね、フランスの人たちが求めるのは、素材が何で、なぜそれを使ったのか、作り手の思いといった「人の感性に寄り添ったコミュニケーション」だということに気づきました。そうして見せ方、使うシーンの説明、洗練された文章など発信の仕方を変え、渡仏から8ヵ月経ってようやく売れるようになりました。

うれしかったのは、エルメスの若手デザイナーがお客さんとして来てくださり、私の話を聞いてすぐ輪島に行ってくれて、輪島キリモトの職人さんたちと交流し、好みのものを買ってきてくれたこと。「やはりモノがもつエネルギーというのはある。輪島キリモトの職人さんたちの仕事は世界で戦える」と、勇気をもらいました。

桐本さんのこれからの夢と子どもたちへのメッセージ

関連記事

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!