OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/03/09更新

Vol.053

株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん  前編

「雨垂れ石を穿つ」の精神で
「続けること」を大事にすれば
は近づいてくる

浅谷 治希 (あさたに はるき)

1985年生まれ 神奈川県出身。2009年慶應義塾大学経済学部卒。大手教育企業に入社し、女性向け大型ポータルサイトの集客に従事。2012年8月に退職し、自身がユーザーだったITサービス企業に入社。その直後の同年11月米マイクロソフトなどが協賛する起業コンテストStartup Weekend東京大会にて教師向けコミュニティサイト「SENSEI NOTE(センセイノート)」を立ち上げ、優勝。その後開催されたGlobal Startup Battleで世界112チーム中8位に入賞。2013年2月に株式会社LOUPEを設立。世界経済フォーラム(ダボス会議)が任命するコミュニティ「グローバルシェイパーズ」メンバー。

学校の先生が最大のパフォーマンスを発揮できるよう、ITを活用した事業を展開する浅谷治希さん。先生同士が共通点を通じてつながるサービス「センセイノート」や、日本全国にある教育系のイベントをまとめるサービス「センセイポータル」の運営をされています。高校時代から「経営者になりたい」と考え、大学時代には飲食店や古着販売事業を立ち上げ、その後、教育をテーマに起業することになった背景には、どんなきっかけがあったのでしょうか。思いを実現するために大切にしてきたこと、これから成し遂げたいことなどについてもうかがいました。

教師をしている友人との再会が事業のヒントに

浅谷治希さん

私が立ち上げた「センセイノート」は、学校の先生方がオンライン上で情報共有できる場所です。これまで学校の先生の情報共有は、ローカルな勉強会や職員室内と限定的でした。最近は、先生方が多忙になってきていて、職員室での会話も減ってきています。そうした先生方が、携帯電話やスマートフォン、パソコンから気軽に情報収集したり、ほかの先生のノウハウを学べたりできるサイトを運営しています。

教育に興味があった私は、大学卒業後、大手教育企業に入社しましたが、1年半くらいで退職しました。その頃、理科教員をしている高校時代の同級生に会う機会があり、学校や先生の現状を聞いていくうちに、先生をサポートするのはどうかと着想したんです。

そもそも私が教育に興味をもったのは、高校時代に3年間独学で受験勉強をしていた体験が背景にあります。どれだけ自分が伸びるのか、自身で実験したところ、ものすごく伸びたのです。私はそれまでの「みんなに合わせる」学校教育にストレスを感じていましたが、自分に合うやり方でやれば、人間の能力は伸びるんだと実感したんです。「これは、自分と同じように伸びる人がいるはずだ」と感じました。

ちなみにそのときやったことは、読書と過去問をひたすら解くことです。読書は新書系を中心とした書籍、新聞は一般紙、経済紙、英字新聞の3種類、それに経済系の雑誌を何種類か読んでいました。自分で考えて実行したことですが、両親は本に関しては惜しまず購入してくれたので、ありがたかったです。

当時たまたまテレビが壊れたこともあり、3年間テレビも見ず、ラジオだけで過ごしました。それまではテレビが大好きで一日中ずっと見ていたのですが、「実験だ」と思ってチャレンジしました。

浅谷さんが感じた公文式のよさとは?

関連記事

2018/03/16更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!