OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/03/16更新

Vol.053

株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん  後編

「雨垂れ石を穿つ」の精神で
「続けること」を大事にすれば
は近づいてくる

浅谷 治希 (あさたに はるき)

1985年生まれ 神奈川県出身。2009年慶應義塾大学経済学部卒。大手教育企業に入社し、女性向け大型ポータルサイトの集客に従事。2012年8月に退職し、自身がユーザーだったITサービス企業に入社。その直後の同年11月米マイクロソフトなどが協賛する起業コンテストStartup Weekend東京大会にて教師向けコミュニティサイト「SENSEI NOTE(センセイノート)」を立ち上げ、優勝。その後開催されたGlobal Startup Battleで世界112チーム中8位に入賞。2013年2月に株式会社LOUPEを設立。世界経済フォーラム(ダボス会議)が任命するコミュニティ「グローバルシェイパーズ」メンバー。

学校の先生が最大のパフォーマンスを発揮できるよう、ITを活用した事業を展開する浅谷治希さん。先生同士が共通点を通じてつながるサービス「センセイノート」や、日本全国にある教育系のイベントをまとめるサービス「センセイポータル」の運営をされています。高校時代から「経営者になりたい」と考え、大学時代には飲食店や古着販売事業を立ち上げ、その後、教育をテーマに起業することになったのは、どんなきっかけがあったのでしょうか。思いを実現するために大切にしてきたこと、これから成し遂げたいことなどについてもうかがいました。

シェアハウスで「世の中のためになにができるか」毎夜議論

浅谷治希さん

もともと教育には興味があっての就職でしたが、大手の社風がなじまないこともあり、1年半で退職しました。違うところで力をつけたいと、ITベンチャー企業に就職したのですが、直後に起業の可能性が出てきたため、試用期間の最終日に辞めることを伝えました。

学生時代の起業の経験を経て、自分は起業は向いていないと思っていたのに、起業するにいたったのには、当時、同世代の仲間とシェアハウスに住んでいたことが大きく影響しています。シェアハウスのメンバーは官僚や起業家など多士済々。「仕事を通じて、世の中をどうよくしていくか」という話を夜な夜なしていました。

あるとき、シェアハウスのメンバーのアメリカの友人が泊まりに来ました。彼は、私が起業するきっかけになった「Startup Weekend Tokyo大会」というイベントのファウンダー(共同創業者)でした。そこで「君も出てみたら」と勧められ、出ることになったんです。

イベントでは新規ビジネスを週末3日間で仕上げてプレゼンするのですが、翌日の月曜が転職先の試用期間の最終日。やるなら今しかないと、この3日間で「先生のためのサービス」を具体化しました。それが入賞し、世界大会にも出場、起業することになりました。

もともと学校教育は自分の知らない分野です。教員をしている知人は、着想のきっかけをつくってくれた同級生ただひとり。そこで全国の先生方に話をききに行きました。加えて、事業運営に必要な法律や会計などの専門知識は、お金がなかったので、その分野の専門家にメールで連絡をとり、ランチにつきあってもらうことにしました。約1時間のなかでききたいことを全部きくのです。大学時代、自分はリサーチ能力と行動力を養えたと思いますが、このときに「人に話を聞く」力が身についたと思います。

センセイノート継続の危機で得られたものとは?

関連記事

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2019/12/06更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!