OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん  前編

「何になりたいか」ではなく
「何をやりたいか」
 

林 英恵 (はやし はなえ)
1979年千葉県生まれ。渋谷教育学園幕張高校、早稲田大学社会科学部を卒業後、アルバイトなどを経てボストン大学教育大学院教育工学科へ入学。ユニセフのインド事務所でインターンとして勤務後、2007年に外資系広告代理店のマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパンに入社。同年、ハーバード公衆衛生大学院修士課程(ヘルスコミュニケーション専攻)に合格。会社員として働きながら大学院にも通い、ハーバード公衆衛生大学院にて修士号と博士号を取得。著書に『それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと』(あさ出版)。現在は、同社でニューヨークに拠点があるマッキャングローバルヘルス部門のアシスタントディレクターをしながら、研究活動にも従事している。ヨガ講師の資格を持ち、日米のコミュニティで料理とヨガを通じた活動を行っている。

「一人でも多くの人が与えられた寿命をまっとうできる世界をつくること」――それを自身の使命とし、国際機関や政府機関、自治体、企業などの健康プログラムの戦略開発を行う林英恵さん。いまでこそ日米を行き来してご活躍されていますが、20代のころは、希望していたマスコミ各社にことごとく落ち、家にこもりがちになったこともあったそうです。そこからどのようにして立ち上がり、「本当にやりたいこと」を実現しているのでしょうか。その道のりやキャリアの積み重ね方について、生い立ちを交えてうかがいました。

ジャーナリストの夢を一途に追うも、すべて不採用

子どもの頃の夢は、アナウンサー、新聞記者、ミステリーハンター。この3つ以外考えられませんでした。共通している核は「不思議に思ったことを追求し、表現して、多くの人に伝える」こと。大学時代は、そのためになることなら何でもやりました。事務所に所属してテレビに出たり、アナウンサーになるにはミスコンに出るのが重要と聞けばミスコンに出てみたり。国際問題にも興味があったので、国連でインターンもしました。ただ、今思うと、手段であるはずの職業が、ゴールになっていた気がします。その職業に就くことが人生の幸せだと思い込んでいたのです。

ジャーナリストになりたいと思ったきっかけは、小学生の頃、小学生向けの新聞で子ども記者を経験したことです。当時の宮沢喜一首相を取材後、テレビ局の人に囲まれながら、発言したことがその日のテレビで放送されました。地元に帰ると、みんなにテレビを見たと言われました。子どもながらにマスコミの大きな影響力を実感し、このような刺激に満ちた仕事があるんだと興味をもちました。

そんな夢をかなえるべく、氷河期の就職活動で受けたのは、特定のテレビ局と新聞社、JICAなどの国際協力機関、合わせても10社未満でした。大学時代、自分なりに必要なことに取り組んできたと自負していたので、どこかには受かるだろうと思っていましたが、見事に全滅。しかも、第一志望の新聞社では、3人に2人は受かる最終試験で落ちました。

その最終試験では面接官にこう言われました。「君は伝えたいこと、興味のあることがはっきりしているから、記者になるより、研究者や学者になって自分の名前で専門的なことを書いたほうがいい。個人が個人の名前で書ける時代がくるから」と。今思えばまるで予言ですが、当時はそのようなキャリアパスは思い描けず、新聞記者になるのが、世の中に発信していくための絶対の道だと思っていました。面接終了後も、「うまく説明できなかったので」と、説明文を持参したほどです。それでも落ちたので、ものすごくショックでした。

大学卒業後、アルバイトをしながら、記者になるべく何度か同じ新聞社を受験し続けましたが、ついに書類審査も通らなくなりました。自分は社会から必要とされていないんだと、1年くらい何もせずに家にこもるようになりました。この期間、ごく親しかった数名の友人以外とは、ほとんど連絡をとりませんでした。

後編を読む

関連リンク
マッキャンヘルスケアワールドワイドジャパンマッキャングローバルヘルス(英文ページ)


 

 

後編のインタビューから

-ハーバード大で感じたアメリカの教育のよさとは?
-林さんから子どもたちへのメッセージ
-林さんのこれからの目標とは?

後編を読む

関連記事

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!