OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/09/08更新

Vol.047

女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん  前編

の実現は楽しく、そして根気強く
つらくなったら初心を思い出し
もう一度がんばろう

カロリーナ・ステチェンスカ (かろりーな・すてちぇんすか)

1991年、ポーランドの首都ワルシャワ生まれ。外国人女性として初めて研修会に入会し、女流棋士資格を取得。師匠は片上大輔六段。16歳のときに将棋に興味をもち、ワルシャワの大学で情報工学を学んでいた20歳のとき、プロ棋士に招待され初来日。2013年に山梨学院大学経営情報学部に編入、現在プロ棋士として活動しながら同大学大学院に在学中。公文式日本語プログラムの学習経験者。

2017年2月20日、外国人初の女流プロ棋士が誕生しました。ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんです。外国人棋士の誕生は男女を通じて史上初。この4月には女流1級に昇級し、次の目標に向かって進んでいます。日本語はほぼ話せない状態で来日したカロリーナさん。「日本でプロ棋士になりたい」という夢を実現させるために、どのような努力をされてきたのでしょうか。今に至るまでのあゆみや将棋の魅力、異文化で生活するうえでの心構えなどについて、流暢な日本語で話してくださいました。

カメラの前で「プロをめざしたい」と宣言

カロリーナ・ステチェンスカさん

そのころわたしは、大学を卒業したらIT系の仕事をしてお金を稼いで、それから日本へ行こうというプランを立てていました。それが、大学在学中にインターネットを通じて北尾まどか先生と知り合って指導いただくうちに、日本に招待されることになりました。2011年のことで、東日本大震災のあとでした。ポーランドでは「フクシマ」と報道され、チェルノブイリのことを覚えていた母からは、「いま日本に行ったら危ないのでは」と心配されました。でも、わたしは「これは大きなチャンス」と思って日本行きを決めました。

初来日の印象ですか?「わぉ!日本だ!将棋だ!」と興奮して、会った人の顔も覚えられませんでした(笑)。電車がすごいですよね。遅れないし、音楽が流れるし、車体に色がついている。ゲートも自動で閉じたり開いたり。これ、日本人は普通だと思っていますよね? ポーランドでは電車は遅れるし、汚いし、ゲートも切符を入れて自分で押さないとなりません。やっぱり日本はハイテクの国だと思いました。

2週間、北尾先生のご自宅にホームステイして、プロ棋士の生活を知ることができました。毎日将棋会館に通って、将棋とはどういうものか、日本がどんな国かも知ることができました。ぜんぶ北尾先生のおかげです。そのころ、わたしがしゃべれる日本語は「サヨナラ」だけ。周りの方々が頑張ってくださり、英語でコミュニケーションをとってくれました。わたしのような外国人は珍しかったのでしょう。わたしもいま、海外で将棋が強くてプロを目指したいという人がいたら、すぐに日本に来てほしいし、そのために手伝いたいという思いでいます。

その後、2012年5月に第2期リコー杯女流王座戦に招待されて、勝ちました。それで「プロになれるかも」と思ったんです。外国人が日本人棋士に勝ったので話題になり、対局後、取材カメラに囲まれました。その場で「プロをめざしたい」と言いました。これがプロへの最初の一歩です。このときは女流棋士の方々とも交流して楽しかったです。将棋を楽しむ人が周りにたくさんいて、いろんな出会いがあって、応援もしてくれて……うれしかったですね。

関連リンク
公文式日本語
K・ステチェンスカ|女流棋士データベース|日本将棋連盟公式サイト


 

カロリーナ・ステチェンスカさん  

後編のインタビューから

-来日後、苦労しながら習得した日本語
-将棋と日本語の上達のためにカロリーナさんが大切にしていることとは?
-カロリーナさんの今後の夢とは?

後編を読む

関連記事

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2015/06/02更新

Vol.089 Ambassadors of Peace Network

仲間たちとともに世界を見つめ、 新たな一歩を踏みだそう 『第8回 Ambassadors of Peace Network』(APN)開催

KUMONグループの活動  2015/04/28更新

Vol.085 日本語もKUMON-YFU

世界各国から来日した交換留学生(高校生)の日本語学習支援は「KUMONの日本語」が最適!YFU交換留学生に対する26年にわたる公文式日本語導入活動の軌跡

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!