OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん  前編

の実現は楽しく、そして根気強く
つらくなったら初心を思い出し
もう一度がんばろう

カロリーナ・ステチェンスカ (かろりーな・すてちぇんすか)
1991年、ポーランドの首都ワルシャワ生まれ。外国人女性として初めて研修会に入会し、女流棋士資格を取得。師匠は片上大輔六段。16歳のときに将棋に興味をもち、ワルシャワの大学で情報工学を学んでいた20歳のとき、プロ棋士に招待され初来日。2013年に山梨学院大学経営情報学部に編入、現在プロ棋士として活動しながら同大学大学院に在学中。公文式日本語プログラムの学習経験者。

2017年2月20日、外国人初の女流プロ棋士が誕生しました。ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんです。外国人棋士の誕生は男女を通じて史上初。この4月には女流1級に昇級し、次の目標に向かって進んでいます。日本語はほぼ話せない状態で来日したカロリーナさん。「日本でプロ棋士になりたい」という夢を実現させるために、どのような努力をされてきたのでしょうか。今に至るまでのあゆみや将棋の魅力、異文化で生活するうえでの心構えなどについて、流暢な日本語で話してくださいました。

漫画で知った「ジャパニーズ・チェス」にのめり込む

将棋を始めたのは16歳のときです。出会いはまったく偶然でした。妹と一緒によくテレビアニメを観ていて、その中には日本のアニメもありました。その後偶然、そのアニメの原作漫画を見つけて、読み始めました。その作品では、登場人物が将棋をしているシーンがあり、「ジャパニーズ・チェス」と書いてあったんです。わたしはチェスが好きでよくやっていましたが、漫画に出てくる「ジャパニーズ・チェス」は、とった駒を使えるし、クイーンがない。あれ、チェスとは違うじゃない、と不思議に思って、インターネットで調べました。そうしたらはまってしまったんです。

将棋のどこがおもしろいかというと、やはり「とった駒が使える」ということ。そのルールがあるので、チェスよりダイナミックに対戦できます。そうして将棋に熱中し、インターネットで将棋の勉強をするようになりました。

その後、ワルシャワの大学に入学してITを専攻しました。大学では、友人に将棋を教えたり、同じく将棋好きの人と出会ったりして仲間を増やし、カフェテリアや図書館に盤と駒をもちこんで対局をしていました。図書館の空きスペースで大会も開きました。気がつくと仲間たちとワルシャワで将棋を普及していました。最初のころ仲間は5人くらいしかいませんでしたが、いまはワルシャワだけでなく、ポーランドのほかの都市でも将棋クラブができているほどです。

将棋にのめり込んでいる私を見て、家族は心配したかって?「そんなに好きならやりなさい」という感じでしたよ。将棋って、別に悪いものではないですよね。友だちができて、楽しそうにしていたからか、自由にやらせてくれていました。

日本でプロ棋士をめざすことになった経緯とは?

関連記事

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!