OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/07/07更新

Vol.045

国連UNHCR協会 島田祐子さん  前編

どんなに難しい問題でも
プロセスを踏めば解決できる
自分は何ができるのかを考えてみよう

島田 祐子 (しまだ ゆうこ)

京都生まれ横浜育ち。地元の公立小・中・高を卒業後、都内の大学にて社会学を学ぶ。卒業後は外資系金融機関に就職、企業のM&Aの提案書作成などに携わり、結婚を機に退職。育児をしながら在宅で企業レポート作成などに従事。その後コンサルティング会社や税理士法人などを経て、2014年から国連UNHCR協会に勤務。現在は企業や団体などの法人を中心に普及活動を担当する。

紛争や迫害などで故郷を追われた人びとを支援するUNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)。本部はスイス・ジュネーヴにあり、活動は各国政府の拠出金のほか、個人や企業など、民間からの寄付によっても支えられています。その民間への広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、島田さんが勤務する特定非営利活動法人国連UNHCR協会です。外資系企業でキャリアを積んできた島田さんが、転身を図ったのにはどのような背景があったのでしょうか。日本では遠い話になりがちな「難民支援」。島田さんが見出した、そこに関わることの意義、自らのやるべき仕事観について、UNHCRの役割なども含めてうかがいました。

習い事のアルトサックスの
師匠からの一言が転職を後押し

島田祐子さん

大学は社会学専攻に進みました。この頃は「社会の仕組み」や「人と社会」に関心があり、ジャーナリストに憧れていたんです。大学2年生の時、初めての海外旅行で2週間ほどシルクロードをまわって世界の広さを実感したり、その後アメリカの大学に短期留学した経験から、「就職後も世界への目線を失いたくない」と感じました。

結果的に外資系金融機関に4年間勤務し、社会人としての基礎や仕事の進め方を徹底的に叩き込まれました。ここでは企業の合併吸収の提案書作成などを担当し、事業運営のポイントを学ぶことができました。「企業ニーズの見極め」が必要な今の仕事にも役立っていると感じます。

仕事は好きでしたが、とにかくハードで忙しい。深夜まで仕事をする毎日だったこともあり、結婚を機にいったん退職しました。その後、子育てが一段落した頃、いくつかの外資系企業勤務を経て、2014年に国連UNHCR協会に転職しました。

なぜ、国連UNHCR協会に移ったかというと、趣味で続けているアルトサックスの師匠の一言に背中を押されたのがきっかけでした。仕事の話をしたら「あなたはずっと、お金持ちをもっとお金持ちにするための仕事をしてきたんだね」と言われたんです。より根源的なところで、「人の役に立つ仕事がしたい」と思いつつ、行動できていなかった私にとって、この言葉はずっと心に引っ掛かることになりました。そんなある時、国連UNHCR協会が、「企業向けの支援呼びかけの担当者」を募集していることを知り、応募したんです。

後編を読む

関連リンク
国連UNHCR協会
第12回UNHCR難民映画祭公式サイト


 

島田祐子さん  

後編のインタビューから

-外資系企業と国連UNHCR、仕事をする上でどちらにも共通することとは?
-島田さんが日々の仕事で心がけていることとは?
-「国際支援」に興味がある子どもたちへのメッセージ

後編を読む

関連記事

2017/07/14更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」を イメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!