OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/06/12更新

Vol.020

建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん  後編

誰もやっていないことに
チャレンジしてみよう

未経験はむしろ自分の可能性
ひろげるチャンス

五十嵐太郎 (いがらし たろう)

1967年フランス・パリ生まれ。1990年東京大学工学部建築学科卒業。1992年東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。中部大学工学部助教授、東北大学大学院准教授を経て、2009年から東北大学大学院教授。ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展2008の日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ2013の芸術監督を務めた。著作に『現代建築に関する16章』(講談社現代新書)、『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)、『建築と音楽』(NTT出版)、『戦争と建築』(晶文社)など多数。

「建築史・建築批評家」として、「建築」という分野に軸足を置きながら、新聞の書評委員や映画のコメンテーターとしても活躍されている五十嵐太郎さん。来場者62万人を超えた「あいちトリエンナーレ2013」では、芸術監督を務められました。「より多くの人に建築はおもしろい!と思ってもらいたい」との思いで多彩な活動をされている五十嵐さんに、建築の魅力や「建築史・建築批評家」として活動される背景などについてうかがいました。

建築史・建築批評家が芸術監督に自分の可能性を信じて未経験のことにチャレンジする

東北大学大学院教授 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん
あいちトリエンナーレ2013の展示風景
打開連合設計事務所
《長者町ブループリント》2013
photo:怡土鉄夫
東北大学大学院教授 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん
あいちトリエンナーレ2013の展示風景
リゴ23
《Looking at 2013 from 1952 Nagoya》2013
photo:怡土鉄夫

もうひとつ、ぼくは何でも面白がるようにしています。たとえば、ぼくは原稿を書くことが多くて、出版社の編集者からさまざまな依頼を受けますが、できる限り引き受けます。自分でそれができるかわからないけれど、編集者はできると思ってぼくに依頼している、つまり、ぼく自身が気づいていない可能性に気づいてくれているわけですから。未経験のことをやるのは、心配や不安もありますが、むしろチャンスなのです。

そうして引き受けているうちに、ぼくの仕事はどんどん拡散していきます。その代表的なひとつが、愛知県で行われる国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2013」の芸術監督でした。これは現代美術以外に、演劇、ダンス、オペラをはじめ、街中にアーティストの作品を展示したりするもので、建築というよりはアートのジャンル。ぼくのような立場で監督するのは珍しいと思います。ぼくがやるからには建築的な要素を入れたくて、たとえばオペラでは、建築に詳しい演出家に依頼し、日本家屋の現代的な解釈を行い、高さ7メートルを超す障子が動くなど、空間を工夫しました。

また、名古屋と岡崎では、街中にあるいろんな場所を展示会場に使いました。なかでも長者町という繊維街は、繊維業が盛んだったころは賑わっていましたが、現在は空きビルが目立つエリア。逆にそういうところにアートが入り込む余地があり、空いたところに現代アートを展示しました。すると、そこに人が来て、街が賑わい、また人が来る。長者町の場合、その後、若者向けの店ができるなど、不動産的な価値も上がったようです。

美術館のハコの中だけだと、守られた領域での展示となりますが、外に出ると街と直接かかわりが持て、いろんな可能性が出てきます。美術館はどんな作品が来ても大丈夫なようなつくりですが、街の中にある建物は均一でなくて、それぞれの歴史など、いろんなものを背負っている。そうした特性を考えながら場所を活かすのがおもしろかったですね。使われなくなった場所をあえて活用することで、街を再発見することができて、まちづくりの提議にもなったと思います。

こうして考えると、自分のジャンルは建築だったのに、いつのまにか両親と同じ美術にも関わるようになっています。不思議ですよね。

より多くの人に「建築はおもしろい」と思ってもらいたい理由とは?

関連記事

2015/06/05更新

Vol.020 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん

誰もやっていないことにチャレンジしてみよう未経験はむしろ自分の可能性をひろげるチャンス

KUMONグループの活動  2013/12/10更新

Vol.015 KUMONの寄附研究活動-長時間のテレビ視聴

長時間のテレビ視聴が 小児の脳の発達に与える影響 (東北大学加齢医学研究所)子どもたちの心身の健やかな成長と発達を促すための研究成果から

子育て・家庭学習  2015/05/26更新

Vol.088 スポーツママ座談会

ゴールにたどり着くまでのプロセスから学んだことを子どもにも伝えていきたいスポーツママ座談会レポート

KUMONグループの活動  2015/02/17更新

Vol.075 KUMONの寄附研究活動-親子のかかわりあい方

親子で過ごす時間が、子どもの 言語理解と関連脳領域に影響 (東北大学加齢医学研究)

2015/05/01更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

バックナンバー

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!