OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/08/08更新

Vol.012

棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん  後編

囲碁おもしろさ
考えても考えても
よくわからないところ

山下 敬吾 (やました けいご)

1978年、北海道旭川市出身。小3でプロを目指し上京。1993年に入段し、1998年には第23期新人王戦で優勝、初タイトルを獲得。2003年、第27期棋聖戦で棋聖位を獲得し、九段昇段。2010年には第65期本因坊戦を制し、「本因坊道吾」と号す。続く2011年には第38期名人戦にも勝利、史上7人目の「名人・本因坊」となる。

小学2年生のとき全国少年少女囲碁大会で歴代最年少優勝、そして15歳でプロの世界へ。今や日本を代表するプロ棋士となった山下敬吾さん。「正解がない」という囲碁の世界で、山下さんが目指す“進化”についてうかがいました。

対局で予想もつかない考えと出会える喜び

棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

今公文を学習している子どもたちは、日々の積み重ねの大切さはよく分かっていると思います。だから私がみなさんに何かアドバイスするとしたら、「自分で考える」ということでしょうか。これは自分もそうですが、最近は何か分からないことがあるとすぐパソコンで調べたり、漢字の読み書きも携帯電話に頼ったり。しかし、自分で一所懸命考えたり調べたりしたことはなかなか忘れません。囲碁も同じで、人からただ教えられたものは時間が経つと思い出せなくなりますが、自分で研究し納得したものはいつまでも記憶に残っています。

先ほどもお話ししましたが、誠心誠意囲碁に取り組んでいても、はたしてそれが良い方向に行っているのか、正解に近づいているのかが分からない。それに、対局に負けると本当に悔しいし、イヤになることもありますが、それでもどうして囲碁をするのかといえば、やはり囲碁が楽しいからです。

正解に近づいているのか分からないけれど、考えても考えてもよくわからないところがある囲碁ですが、一所懸命取り組むのが楽しいのです。分からないことの面白さと、そのなかでときどきハッとするような光を見つけたときの嬉しさ。なるべく小さな目標を設定して、少しずつ達成感を味わう。そうすれば自然と楽しくなるし、続けることに希望が持てます。

私は囲碁が大好きです。その気持ちがいつもベースになって私を支えてくれている気がします。だからこの歳になっても苦になりません。どんなことにも楽しみを見つけられさえすれば、幸せな気分で取り組めると思うのです。私の場合は対局のたびに新しい考え方に出会い、それが続けるモチベーションになっています。人の数だけ考えがある。対局とは日々出会いです。予想もつかない考えと出会うことこそ、碁を打つ喜びなのかもしれません。


 

棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん   

前編のインタビューから

– 「実は、囲碁をやめていた時期があったんです」。その時期とは?
– プロの棋士を目指し、小3のときに東京へ
– 東京へ来たものの、囲碁の修行にまったく身が入らない。そんな山下さんを変えたコトバ

 

 
関連記事

2014/08/01更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

囲碁のおもしろさは考えても考えてもよくわからないところ

2014/09/19更新

Vol.013 年間ハイライト

迷い、壁、あきらめない挑戦、そして夢の実現

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!