KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2015/01/20更新

Vol.071 未来を創る仕事-日本ユネスコ協会連盟  

vol071_lg_main
小さな
ことの積み重ね
大きなことを成し遂げるになる
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟宍戸亮子さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体の一員として「未来を創る仕事」に関わっています。今回お話を伺うのは、日本ユネスコ協会連盟で「世界寺子屋運動」に携わる公文式OG。現在の活動を中心に、公文式学習との共通点も伺いました。

 


公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
宍戸亮子さん

―― 「世界寺子屋運動」についてきかせてください。

「世界寺子屋運動」は、発展途上国における教育支援を行う活動です。現在は、アフガニスタン、カンボジア、ネパールの3か国で行っています。ここでいう寺子屋とは、「コミュニティ・ラーニングセンター」という施設。戦争や貧困などさまざまな事情で学校に通えない子どもたち、同じく教育を受ける機会がなかった大人までを受け入れて、読み書き計算といった基本的な学力はもちろん、職業技術訓練も行える、すべての年代の人たちが学べる場となっています。

―― 現在はどのようなお仕事をされているのですか?

「世界寺子屋運動」は日本からの一方的な支援ではなく、その国に住む方々が自分たちで運営していくための施設と仕組みを作ることが目的です。ですから私たちには、彼らが自立して持続的に活動できるように、現地スタッフと一体となって運営をサポートする役割があります。

私はいまカンボジアの担当をしていますが、現地の活動のモニタリングのほか、学校での国際理解教育の場などを通じて、日本国内で「世界寺子屋運動」を知ってもらったり、募金をしてくれた方々にいろいろな形で報告したりしています。

―― 国際的な仕事への関心は小さいころからあったのですか?

世界の話題を取り上げるクイズ番組や動物番組を見るのが小さいころから好きだったので、その影響があったかもしれません。大学生のときにアメリカのシアトルにホームステイをしました。その後留学とインターンを経験するなかで、ますます海外での仕事に関心が高まりました。

―― 公文式学習での思い出についてきかせてください。

同じ年代の友だちの影響や周囲の評判もあって、幼稚園の頃から通い始めました。よかったことは、自分のペースと自分に合った学習量だったこと。ハードルを自分で決められるので、やらされ感がなく学習を進められました。

そして地道な努力や苦労したことは、やがて自分の力になることを実感しました。楽をして結論にたどりついたものは、一過性の知識になりがちですが、こつこつと積み上げたものは本物の力になると思います。

―― 公文式学習での経験が現在のお仕事での取り組みに通じていると感じることはありますか?

公文式の学習もそうですが、小さなことの積み重ねが大きなことを成し遂げる力になる、ということでしょうか。

たとえば日本ユネスコ協会連盟では毎年、「書きそんじハガキキャンペーン」という企画を実施しています。あて名を間違えてしまったり、使わないで余ってしまったハガキや未使用の切手をご寄附いただくと、52円のものだと約45円の募金になります。昨年は126万枚のご寄附をいただきました。

一人あたりはほんの数枚かもしれませんが、合計すると何千万円という大きなお金が「世界寺子屋運動」への募金になったのです。一人ひとりの小さな力が大きな国際貢献につながるので、ぜひこのキャンペーンにも関心をもっていただきたいです。

―― いま、公文式学習で学んでいる子どもたちへのメッセージをお願いします。

「世界寺子屋運動」を通じて、どんな国や環境に生まれても、自分の能力を最大限発揮して、社会の力になりたいという思いを持っている子どもたちがたくさんいることを知りました。自分の夢や将来に向かって、大きなことを成し遂げるには、まずは一歩を踏み出して、そして積み重ねることが大切です。自分の経験は嘘をつかないので、ぜひこつこつと納得いくところまで努力をしてほしいですね。公文式学習の経験は、勉強だけじゃなくて、強い気持ちを育てる上でも大事な糧になりますから。


カンボジアでの寺子屋運動の様子

関連リンク
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
書きそんじハガキキャンペーン

関連記事

学習者・OBOG  2014/09/02更新

Vol.052 未来を創る仕事-サントリー

「やってみなはれ」の精神で 理念や思いを形にする サントリー酒類株式会社 澤田美穂さん

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

学習者・OBOG  2015/09/15更新

Vol.103 未来を創る仕事-JAL

積み重ねた経験は 自分を助ける道具になる 達成感こそパイロットの醍醐味 日本航空株式会社 櫻井聡史さん

学習者・OBOG  2016/06/21更新

Vol.157 未来を創る仕事-グンゼ

楽しみながら根気よく くり返しやることで新たな力が生まれる グンゼ株式会社 西堀公人さん

学習者・OBOG  2016/02/08更新

Vol.135 未来を創る仕事-オムロン

自分の可能性に自信を持つことで さらなる成長にチャレンジできる オムロン株式会社 井垣勉さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/07/08更新

Vol.363 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)

親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~

KUMONグループの活動  2020/07/07更新

Vol.362 浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」

裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~

KUMONグループの活動  2020/06/30更新

Vol.361 くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」

「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い

KUMONグループの活動  2020/06/23更新

Vol.360 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点③            <可能性の追求>

KUMONグループの活動  2020/06/16更新

Vol.359 公文国際学園―模擬国連2020

生徒主体で運営する模擬国連 さまざまな国の現状を知り 国際問題の議論を通して視野の広がりを実感

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.070 前編
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
Vol.069
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!