OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/01/10更新

Vol.005 ロボットクリエイター 高橋智隆さん  前編

 “1人1台ロボットと暮らす”を
挑戦試みを積み重ねて
具現化する

高橋智隆 (たかはし ともたか)
1975年生まれ。昨年、世界で初めてコミュニケーションロボット『キロボ』(トヨタ自動車・電通との共同開発)が宇宙に到達。ロボカップ世界大会5年連続優勝。米TIME誌「2004年の発明」、ポピュラーサイエンス誌「未来を変える33人」に選定。『エボルタ』によるグランドキャニオン登頂、ル・マン24時間走行等に成功しギネス世界記録認定。現在、(株)ロボ・ガレージ代表取締役、東京大学先端研特任准教授、福山大学/大阪電気通信大学客員教授、ヒューマンキッズサイエンスロボット教室顧問。

デザインや構造、プログラム、部品の加工まで、ロボット開発にまつわるすべてを束ねる「ロボットクリエイター」の高橋さん。京都大学工学部を卒業し、株式会社ロボ・ガレージを創設。ロボットが人間のパートナーとなり得る未来に向け、より身近で親しみやすいモデルを発表し続ける彼の描く将来と、その礎となる幼少期についてお話をうかがいました。

作業が目的ではない“パートナー”としてのロボットを

躍動感ある動作を特徴とする『ROPID(ロピッド)』
ロボット宇宙飛行士『KIROBO(キロボ)』
KIBO ROBOT PROJECT事務局提供

私が製作しているのは“自分が欲しいロボット”です。幼少期に憧れた鉄腕アトムの影響も大きいです。そばにいてくれて、カッコ良くてカワイイ相棒で、人と機械、両方の魅力を持っていること。機械っぽくなり過ぎてしまうと無機質だし、アンドロイドでは人間過ぎて違和感がある。ですから、両者の中間を狙っています。

人間のフォルムのロボットは、作業をするうえでは効率が悪い。にもかかわらず、人は自分たちと同じような形を作りたがる。それは生き物っぽい、つまり命を感じられるからだと思うのです。自然にコミュニケーションをとろうと思う、共存したいと感じる姿が人型。何か人の代わりに作業させるためでなく、一緒に暮らす仲間として、私はロボットを提案しています。

毎回、新しい挑戦や試みを盛り込み、具現化するのが私のロボット作りです。たとえば2009年に発表した『ロピッド』は、ジャンプしたり走ったりすることが可能です。それによってまるで走り回る子どものような躍動感を実現したかった。その為に、脚部の新しい機構を考案し、その部品も苦労しながら自作しました。また、そうしたオリジナルのロボットを開発して発表していると、商品化の話も舞い込んできます。量産には量産するうえでの制約もありますが、新規に専用のモータなどの部品をオーダーすることができ、ロボット自体の基本性能が一段向上します。例えばそうやってコミュニケーションロボット『ロビ』が誕生したのです。

『ロビ』自体、人感センサーや音声認識、二足歩行など、多くのハイテクが導入されていて、会話をしたり、テレビを操作したり、防犯機能があったりしますが、実用性は重視していません。コミュニケーションロボットに触れて、魅力を知る。将来本格的なロボットが家庭に溶け込んでいく前段階として良い導入になるのでは、と期待しています。

ロボットとの生活に現実味を持たせる代表作『ロビ』とは?

関連記事

2014/01/17更新

Vol.005 ロボットクリエイター 高橋智隆さん

 “1人1台ロボットと暮らす夢”を挑戦や試みを積み重ねて具現化する

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!