トップ > KUMON now! > トピックス > OB・OG News-高校生ロボコンチーム「Indigo Ninjas」元代表

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/09/13更新

Vol.173 OB・OG News-高校生ロボコンチーム「Indigo Ninjas」元代表  

自分のやりたいことを伝えれば
共感してくれる人は必ずいる

-公文式算数・数学、英語、フランス語修了
 岩﨑光里(いわさき ひかり)さん-

この夏からアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)に進学する岩﨑光里さんは、2015年、アメリカ発の高校生対象の国際ロボットコンテスト(FIRST Robotics Competition)に日本から初めて参加したチーム「Indigo Ninjas(インディゴ ニンジャズ)」を立ち上げました。岩﨑さんは小学1年生の頃から公文に通い、算数・数学、英語、フランス語の3教科を修了されています。「自ら学ぶ力」と「目標に向かって努力する力」を武器に、チャレンジを続ける彼女のあゆみとその原動力についてうかがいました。

*公文式算数・数学、英語の修了とは高校卒業レベル、フランス語の修了とは仏検2級に挑戦できるレベルを指します。

FIRST Robotics Competitionとは

電動二輪車セグウェイを発明したディーン・ケーメン氏が設立したNPOが開催するロボットコンテスト。高校生が対象で、2016年のシーズンは24の国と地域から75,000人、約3,100チームが参加した。出場には、コンテスト参加にかかる費用はスポンサーからの資金でまかなう、などといったいくつかの条件をクリアしなければならない。本部から送られてくる基本の部品を使い、提示される課題を速く正確にこなすことができるように、各チームが工夫を凝らして6週間でロボットを完成させる。コンテストでは、他チームと協力して試合に臨み、総合得点を競う。単にロボットを作るだけでなく、企業との交渉や他チームとのコミュニケーションなど、起業にも通じる力が求められる。世界各地で予選会が開かれ、上位のチームが本選に進むことができる。

岩﨑さんのあゆみ


﨑さんが参加したFRC
(高校生対象の国際ロボットコンテスト)
ハワイ大会の参加認定証
小1 公文に入会する
小6 お父さまの仕事の都合でカナダに引っ越す
中2 カナダのあるチームの一員として最年少でFIRST Robotics Competition(以下、FRC)に参加 公文の英語教材を修了する
中3夏 帰国
高1 公文のフランス語教材を修了
高2 日本初のFRC参加を目指してチームを立ち上げ、予選会にあたる「FRCハワイ大会」に出場
公文の算数・数学教材を修了
高3 2回目のFRC参加
今夏 マサチューセッツ工科大学に進学予定

 

Q. 小さい頃はどのようなお子さんでしたか?
A. 小さい頃からモノを作るのが好きでした。小学生の頃、クラスで牛乳パックをたくさん使っていかだを作ったり、巨大な凧を作ったりしたことを覚えています。また、近所にあった科学館に毎週末のように足を運んでワークショップに参加するなどもしていました。小学生時代は、絵画、ピアノ、水泳に公文と習い事で忙しくしていました。

Q. 公文を始めたきっかけは?また、どのように学んでいましたか?
A. 3つ下の妹が先に公文に通っていて、自分もやりたいと言って通い始めました。小6の夏にカナダへ引っ越してからも、通っていた教室の先生のご厚意で通信で学習を続けました。公文の教材はよくできていて、1日分の5枚のプリントが導入、練習、発展、応用、まとめという構成になっています。そのことに気づいてからは、そういったプリントの作りも意識しながら教材を解いていました。先生は、教材を私の実際の学年より先に進めてくれたので、高校に入ってからも数学では困りませんでしたね。ロボコンに打ち込めたのも、学校の勉強の方は余裕があったおかげです。英語はカナダにいた中2の時に、フランス語は高1、算数・数学は、高2の時に修了しました。

「自分で学ぶ」という姿勢は、公文を通じて身についたと思っています。今は、大学の図書館に通って興味のある専門書を手当たりしだい読んでいます。一つわからないことが出てきたらそれを調べるために別の本を開き、またわからないことがあったらまた別の本にあたる…というように、自分は何がわからないのか、そのためにどのようなことを学べばいいのかを探りながら、知識を深めていく。それはまったく苦ではありません。今は、量子力学や理論化学の分野が好きで自分で学んでいます。この分野のさまざまな理論を打ち立てた偉人の方々の思考の流れを追っていくと、当時の時代に自分が生きていたらおもしろかっただろうな、と思います。

Q. 岩﨑さんとロボコンとの出会いを教えてください。
A. カナダに引っ越してから最初の1年は、英語で自分の言いたいことが言えず苦労しました。それでもカナダ生活2年目になる中2の頃から、やっと英語で自分の考えを相手に伝えられるようになり、楽しくなってきました。そんな矢先、学校の先生に声をかけられて、カナダのロボットチームに当時の最年少メンバーとして参加することになったのです。活動場所は、自分が通っていた学校から電車やバスに乗って数十分かかるところでしたが、このロボットチームが自分の“居場所”のように感じ、喜々として通っていました。というのも、私が参加したチームでは、最年少の私にもちゃんと役割を与えてくれて、そのことにやりがいと責任感を感じていたからです。本番直前には、自分が担当したパーツが思うように動かなくてパニックになりながらも、皆で協力して乗り切りました。とても貴重な経験でした。カナダから日本に帰国する際、この時のロボットの先生とは「日本でFRCに参加するチームを作る」ことを約束しました。

Q. 中3で帰国し、日本の高校に進学されました。どのような高校生活を送られたのですか?.
A. 高校ではハンドボール部に所属し、楽しく高校生活を送っていました。ただ、心のどこかにロボットのことがひっかかっていて。高2の時「ここで私がやらなかったら、これから先10年くらい日本からFRCに参加する高校生は出てこないだろう」と考え、自分でチームを立ち上げることにしました。

岩﨑さんのロボコン出場までの道のりとは?

関連記事

学習者・OBOG  2016/08/09更新

Vol.168 OB・OG News-研修医

健康な人が 健康に生きる社会を支えたい 金久保 祐介さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!