KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/09/03更新

Vol.001 学習療法-石巻市の被災地支援に「脳の健康教室」  

「心の復興」を遂げた
他団体との協働
東日本大震災での支援活動
宮城県/石巻市・牡鹿半島侍浜「脳とからだの健康教室」より

2011年の東日本大震災から2年半、壊滅的な被害を受けた東北沿岸部のひとつ、石巻市の牡鹿半島にある侍浜(さむらいはま)での新たな支援活動の1年半の記録についてご紹介します。

「キャンナス」様からの呼びかけ

ボランティアナースの全国組織である「キャンナス」(神奈川県、藤沢市)は、震災直後から東北沿岸部で“お茶っこ”と称し、心身の健康維持支援活動を続けてこられています。

その「キャンナス」が「学習療法」(※1)を取り入れられているのですが、この東北での支援活動に「くもん脳の健康教室」(※2)が役立つのではないか、とのご提案を受けてこの新たな活動が始まりました。

※1「学習療法」とは
「音読」「簡単な計算」を中心とする教材を用い学習者と支援者がコミュニケーションを取りながら行うことにより、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能など前頭前野機能の維持改善をはかるもの」という「学習療法」の理論に基づき、KUMONで教材や指導ノウハウといった認知症の改善・進行の抑制のためのプログラムを開発したもの。

現在、国内約1500の高齢者介護施設とアメリカの3施設(2013年3月現在)に導入されている。
学習者数:約12,000名(2013年5月現在 国内のみ)

※2「くもん脳の健康教室(以下脳健)」とは
「学習療法」理論を健康な高齢者の認知症予防に活用したもので、専用(高齢者施設使用のものとは別)の教材を開発、主に自治体の介護予防事業として採用されており、全国約215の自治体、約400会場(2012年度)で実施されている。

脳の健康教室が被災地の人々への「心の復興」支援に

仮設住宅での生活、あるいは何とか家は残ったものの、仕事はもちろん普段の生活も娯楽も全てを一瞬にして失った生活は想像を絶するものがあります。活動する気力も奪われた方々への支援は一筋縄ではいきません。被災地の人々の心身の健康を維持することが急務でした。

開講に先立ち、脳の健康教室の目的のひとつにもあるように「同じ地域に住む方々が、地域の高齢者をサポートすることに意味がある」と考え、サポーターも地域の方々から募ることにしました。

2012年1月26日、市民の方々に脳の健康教室の説明&体験会を開催し、キャンナスのスタッフ・ボランティアを含め約30名の方々が参加されました。

侍浜を含め牡鹿半島の産業は牡蠣養殖を主とした漁業ですが、津波により牡蠣養殖が全滅。震災後は全く仕事がな い生活が続いていました。働き盛りの世代の大半は地元を離れているため、住民の多くが高齢者です。

侍浜はわずか10世帯の集落ですが、「脳健」を開講して1年半余り、今ではなくてはならない存在となっています。

漁村としての侍浜は、未だ復興とは言えない状況ですが、この「脳健」により脳や体の健康を実感し、語り合う時間を持つことでお互いの絆を深め、「心を元気に」されています。

この教室があるからこそ、みんな元気でいられる!

自らも学習を休まず参加される侍浜の区長さんは「周辺地域と比べると侍浜は輝いています。この教室があるから、みんなが明るく元気いられます」と語ってくださいました。

また学習者のAさんは「震災後、最初は高齢の母がこの教室に通っていました。私が送り迎えしていましたがその母も病気で亡くなってしまって、まるで心の灯が消えたようでした。しかし今は私自身が学習者になって毎週この教室に通っています。この教室が楽しみで楽しみで、皆さんと話をして、元気のもとになっています」とご自分の悲しみやつらさとともにお話ししてくださいました。

地域に住まう人々が、あまりにつらく悲しい立場におかれたとき、本当に必要なのは何なのか。

それは「人と人とが支えあい、共に明るい地域を作っていくための具体的なきっかけ、出会いと交流の場」なのだということをこの「脳の健康教室」の活動を通して、被災地侍浜で明るく元気な学習者、そして、それを支える教室サポーターの皆様から教えていただきました。

関連リンク
学習療法センター

bg_bnr_01 認知症の改善と予防で高齢社会に貢献する。
学習療法・脳の健康教室
学習療法を通して、いきいきとした生活を送るためのサポートをしています。
詳細をみる

関連記事

KUMONグループの活動  2014/01/21更新

Vol.020 学習療法-脳の健康教室

笑顔づくり、友人づくり、生きがいづくり 「脳の健康教室」 大阪府/大阪狭山市&ボランティア団体・楽らくクラブ 「脳の健康教室」より

KUMONグループの活動  2016/09/06更新

Vol.172 学習療法-「脳の健康教室」はどんな「教室」?

高齢者もサポーターも笑顔がいっぱい 「脳の健康教室」

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

KUMONグループの活動  2015/07/07更新

Vol.094 学習療法-SIBを導入した調査事業

介護施設を支える 仕組みを構築したい 「学習療法」がソーシャル・インパクト・ボンド(SIB) 調査事業として採択

KUMONグループの活動  2014/02/18更新

Vol.024 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』

ドキュメンタリー映画 『僕がジョンと呼ばれるまで』 メイキングストーリー 海を渡った「学習療法」

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
Vol.054
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!