KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/10/09更新

Vol.276 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生  

社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る
KUMON「イノベーション」を作り出す企業

KUMONは2018年、創立60周年を迎えます。KUMONを知る識者の方々に、それぞれのご専門の観点からKUMONについて伺っていくスペシャルコンテンツ。第4弾は、社会的投資研究者で、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師の伊藤健先生。KUMONが手がける新しい事業の意義について語っていただきました。

行政にも認められた社会的意義のある「学習療法」事業

Q.先生のご専門と、KUMONとの接点について教えていただけますか?

私は社会的投資を専門として、なかでもとくに「評価」の研究をしています。世の中には、社会的な意義はあっても評価の難しい事業がたくさんあります。そのような事業の評価方法が明確になれば、事業の位置づけや予算づけが容易になり、事業を推進しやすい環境になると考えています。社会的事業に大事なのは、「本当に問題解決に役立っているかどうか」です。それをわかりやすい指標にして測れるような制度設計について研究しています。
公文教育研究会からお声がけをいただいたのは、認知症高齢者の脳機能の維持・改善のための「学習療法」と、「学習療法」を活用した認知症予防プログラムであり、元気な高齢者の場づくり、地域の担い手づくりの場として活用されている「脳の健康教室」について、どのくらい社会的な効果があるのかを検証するためでした。

「学習療法」は、「簡単な読み書き計算とコミュニケーション」により認知症高齢者の脳機能の維持・改善を目指す非薬物療法。東北大学の川島隆太教授をリーダーとする研究者たちと、福岡県の介護施設、公文教育研究会の三者により2001年に始まった共同研究プロジェクトから生まれ、脳機能の維持・改善に効果があることが科学的に実証された。

Q.2015~16年の検証では、どのような成果が得られたのでしょうか?

「学習療法」を導入している介護施設の職員にご協力いただき、施設での介護にどのような効果があると感じているか、脳機能が維持・改善されていると感じているかといった主観的な評価など、複数の項目に答えてもらい、学習療法導入前後の変化を比較したのです。その結果、90%以上の職員が学習療法による対象者の認知機能回復を感じ、ケアが容易になったことを実感したという結果が出ました。また「脳の健康教室」の受講者への調査では、認知症及び軽度認知障害(MCI)の疑いのあるグループが、約半年の学習で認知機能改善効果が明らかに。「学習療法」や「脳の健康教室」を行うことで、利用者をはじめ、利用者の家族、学習支援を実践した施設・教室に至るまで、大きな社会的・費用対便益がもたらされることが明らかになったのです。

そして、このように成果を目に見える形で表せる指標ができたことで、認知症予防分野の「成果連動型支払事業」が、奈良県天理市で採用されました。これは、行政が事業を委託した民間事業者に対し、成果に連動して報酬を支払う契約形態で実施される事業のことを言います。従来、行政は事業の実施に対価を支払うことがふつうでしたが、成果連動型支払事業では、事業の成果に対して支払いが生じます。成果に対して事業者が責任を持ってやりますということは大きな前進であり、大変意義のあることです。さらに成果評価の結果、目標が達成されたケースは日本で初めてのことです。

Q.KUMONにどのような印象を持たれましたか?

「学ぶ」ということにおいて、日本の伝統的な教育では知識を習得することに偏重してきました。これからはそうではなく、身につけた知識を使って「どう考えるか」という能力が問われる時代になってきています。
教育事業というのは、次の社会を作っていく仕事です。AIの発達などにより、今ある枠組みの中で考えるのではなく、新しい枠組みを作っていく思考能力が必要な世の中になっています。KUMONが持っている企業カルチャー、そして新しい事業を作っていく力というのは、日本社会の中でもユニークであり、時代の要請にこたえているのではないかと思います。
新しい社会に必要とされている事業を作り出して、それが行政に認められるまでになっているということは、ゼロから事業を作っていく力があるということです。つまりKUMONは革新性が高い企業といえるのではないでしょうか。

Q.KUMONは今年創立60周年を迎えました。KUMONにかかわる全ての人に向けて、メッセージをいただけますか?

学習療法はひとつのイノベーションです。子どもの教育にのみフォーカスをあてていてもおかしくないKUMONという企業が、高齢者向けの、社会に必要とされている事業を作り出して、ここまで大きくしている。学習療法センターの事業の成果を表す指標ができ、それが行政に受け入れられたのは大きなステップだと思います。
新しい時代の価値観や取り組み方やビジネスモデルを作っていくという意味で、KUMONは先端的な企業だという印象です。こういうことをどんどん生み出して社会に提供していくような企業であり続けてほしいと思います。

 

関連リンク
社会的投資研究者 伊藤健先生(前編)|KUMON now! スペシャルインタビュー
学習療法-SIBを導入した調査事業|KUMON now! トピックス
天理市で認知症予防の新たな取り組み|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)片平秀貴さん|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2)田島信元先生|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)井上達彦先生|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)千葉杲弘先生|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6)多賀幹子さん|KUMON now!トピックス

関連記事

KUMONグループの活動  2018/11/13更新

Vol.281 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生

ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る 世界の未来と呼応するKUMONの活動

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

KUMONグループの活動  2018/07/31更新

Vol.267 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん

ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生

経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」

KUMONグループの活動  2018/08/21更新

Vol.270 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生

発達心理学者・田島信元先生が語る 公文式学習は「自己効力感」の積み重ね

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!