KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/04/08更新

Vol.031

ジグソーパズル  

くもんのジグソーパズルの楽しみ方
プリント教材と同じ”ちょうど”という考え方が活きてきます

くもんのジグソーパズルは1984年の発売以来、1歳のお子さんでも楽しく遊べる教育玩具として、子どもたちに愛されロングセラーを続けています。そのヒミツを開発担当者自らがレポートします。

社内からも卸問屋からも「コレ、売れるの?」と心配された販売開始当時

くもんのジグソーパズルは今から30年前、1歳くらいの小さなお子さまでも楽しく遊べるよう、2ピースからスタートする教育玩具として販売を始めました。けれども、「たった2ピースのジグソーパズルが市場に受け入られるだろうか?」、「ほかのメーカーは1,000円もしない手ごろな値段で買える商品を販売しているのに、1箱に数種類のセットが入っているとはいえ2,000円(当時)という価格設定は高すぎるのでは?」といった声が社内にあったのは事実です。

社内でこうですから、卸問屋さんから「こういうのは売れないんじゃないかな」と言われることが、販売開始前にはありました。それでも発売にふみ切ったのは、われわれには「売れる!」という密かな自信があったからです。その自信の源は、ジグソーパズルの開発時に何千回とくり返した、お子さんたちへの商品モニター時に見た、「できた!」ときのたくさんの嬉しそうな笑顔でした。

そして、販売開始。しばらくは商品が動かず、卸問屋さんからの発注の電話も少なく、「なぜ売れないのだろう…」と密かな自信も揺らぎはじめたころ、ある卸問屋さんから1本の電話をいただきました。「いやぁ、コレ売れないよねと思っていたんだけど、幼児のお客さんが多い小売店から、けっこうな数の追加注文があって、ビックリ。遊んだ子どもがほんとうに喜ぶみたいだよ」。心にしみる言葉でした。嬉しかったです。それから今日まで、くもんのジグソーパズルは、多くのオモチャ屋さんの一角に置き続けていただいています。

ピース数の多少ではなく、楽しく最後までやり遂げることが大切

ジグソーパズル

発売してすぐのころのエピソードです。日曜日にデパートで、くもんのジグソーパズルで遊んでもらうイベントを開催していたときのことでした。4歳のお子さまを連れたお母さまが売り場にやってきました。お母さまは「ちょっと前までは50ピースくらいのむずかしいものまで組むことができましたけれど、今は飽きてしまって全然やろうとしないんです」とのこと。発売前の商品モニターのときにも同じようなケースがありました。

そこでお子さまには9ピースのジグソーパズルをやってもらいました。しばらくぶりなのか初めは時間がかかりましたが、しばらくして「できる!」手応えが分かってくると、夢中になりはじめ、「オモシロイ!」を連発し、9→12→16→20とピース数が多いものを完成させていきました。「もっとやりたい!」と時間がたつのも忘れて、違う図柄のパズルにも挑戦してくれました。そして、20ピースを完成させるころには、「できた!」という自信に満ちた表情に。しかし、その様子を見ていたお母さまは「あれくらいの少ないピース数はできるのが当り前ですよね」と話されるのです。

こうお伝えしました。「ジグソーパズルで楽しく遊ぶのが第一ですから、ピース数の多いものをすることがいいのではないと思います。楽しく、最後までやり遂げられる、その子の今の状態に合ったピース数を選ぶことが大切です。楽しく遊ぶのをくり返していくうちに、パズルを完成して得られる達成感を何度も体感し、自信や積極的な取り組み姿勢が育っていくのですから」。ジグソーパズルにもKUMONのプリント教材と同じく、その子に“ちょうど”のピース数があると考えています。

するとお母さまは、ジグソーパズルで遊んでいるわが子の様子を真剣に見てくださるようになりました。そして、帰り際にこう話されたのです。「ピース数が多いことがいいとばかり思い込んでいました。でも、きょう、わが子の様子をよく見ていたら、“できる”という体験で自信をつけていることがよく分かりました。大切なことを教えていただいてありがとうございます」。お母さまが手にしたデパートの紙袋には、くもんのジグソーパズルが何種類も入っていて、この商品を作ってよかったなぁとしみじみ感じました。

“ちょうど”のピース数で遊べば「自己肯定感」も育まれる

現在市販されているジグソーパズルには大きく2種類あります。ピース数が多く完成までに時間がかかるものにチャレンジし、完成させて飾る大人向け。もう1種類は、何度もくり返して遊ぶ、ピース数の少ない子ども向けです。

くもんのジグソーパズルは、1ピースのはめ絵パズルからはじまり、2~234ピース、8ステップ・22段階がラインナップされています(2016年8月現在)。ピース数の少ないものからスタートし、絵柄を確実に完成していくことにより、無理なく集中力や作業力を伸ばすことができます。こうした多段階のピース数にしているのは、むずかしすぎず、やさしすぎない“ちょうど”のピースで遊ぶことをくり返しながら、自発的に取り組むことが大切だと考えているからです。そして、このことで、「子育てや教育でいちばん大切」ともいわれる自己肯定感も育まれるのです。それが、この30年を通して、お子さまたちからわれわれが学んできたことなのです。

子どもを中心にした玩具開発、そのための商品モニター


くもんのジグソーパズル ラインナップ

KUMON TOY(クモン トイ:くもんの知育玩具シリーズ)の開発ポリシーは、子どもたちに商品で遊んでいただくということをイチバンに考えていることです。そのためにモニターをくり返しながら、子どもたちの笑顔や得られた検証結果をベースに玩具を開発しています。また、「夢中で遊べること」「できることや知識が少しずつ増えていくこと」「できた!という達成感がたくさん得られること」を大切にしながら玩具を作っています。楽しく、くり返し遊んだ結果として、子どもたちはさまざまな能力を身につけていくからです。

関連リンク

関連記事

2014/06/27更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

KUMONグループの活動  2019/09/03更新

Vol.321 “つながる”療育支援―児童発達支援、放課後等デイサービス、自立訓練・就労移行支援施設での公文式

子どもから大人まで 障害や発達に課題のある一人ひとりが 真に自立した人生を歩むための支援をめざして

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

KUMONグループの活動  2013/09/24更新

Vol.004 日本おもちゃ大賞2013大賞受賞「わごむパターンボード」

公文式の考え方をおもちゃで実現 「わごむパターンボード」開発者に聞く 子どもたちの成長にこだわった玩具開発ストーリー

子育て・家庭学習  2015/08/11更新

Vol.099 くもんのこどもえんぴつ

「くもんの こどもえんぴつ」 開発ストーリー 年間9万箱以上を出荷する鉛筆の秘密

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/06/01更新

Vol.404 浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「行水」

水無月の「行水」 ~浮世絵から見える旧暦6月の暮らし~

KUMONグループの活動  2021/05/25更新

Vol.403 国内最大の『KUMONすくえあ』、
紀伊國屋書店富山店・新潟店にオープン!

「見て、触れて、体感」し、 子どもたちに「できた!」という喜びと 達成感を感じてもらえる、知育空間が登場!

KUMONグループの活動  2021/05/11更新

Vol.402 公文国際学園のオンライン英語版模擬国連2021

自らの意志で参加し、主体性をもって 英語で国際平和を議論する経験が 生徒の内面的成長を促す

KUMONグループの活動  2021/04/27更新

Vol.401 浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」

浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~

KUMONグループの活動  2021/04/20更新

Vol.400 知らないこと、不思議なことを考えてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.078 前編
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
Vol.077
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
Vol.076
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.068 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.068 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!