トップ > KUMON now! > トピックス > 日本おもちゃ大賞2013大賞受賞「わごむパターンボード」

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/09/24更新

Vol.004 日本おもちゃ大賞2013大賞受賞「わごむパターンボード」  

公文式の考え方をおもちゃで実現
「わごむパターンボード」開発者に聞く
子どもたちの成長にこだわった玩具開発ストーリー

「日本おもちゃ大賞2013」において、エデュケーショナル・トイ部門 大賞を受賞し、同時に「グッド・トイ2013」にも選定されたくもん出版の「わごむパターンボード」。「業界の立場」と「使う側の立場」の両賞から評価される形となったこの商品の、開発者による玩具に込めた想いや商品化までのストーリーをご紹介します。

きっかけは、あるお母さんの声から


開発担当:くもん出版 編集部
学習書知育玩具チーム 森山 恵吾

わごむパターンボードとは、カラフルな輪ゴムをピンにかけて模様を描く玩具。もともと海外に、木の板に釘をたくさん打ちつけて輪ゴムなどで形を作るようなおもちゃはありました。手先をたくさん使うよい遊びなのですが、釘は小さな子どもにとっては危険なこともあり、新たなKUMONの知育玩具への発想になかなかつながりませんでした。しかし、あるイベントの際、KUMONの玩具をたくさんお持ちで公文式の考え方をよく理解してくださっているお母様から、「図形感覚を養えるこういうおもちゃをKUMONにつくって欲しい」と言われ、釘を使わずに図形づくりが楽しめる、安心安全なおもちゃを作ろうと考え始めました。

ボードを透明にしてなぞれるように


透明なボードなので、カードの絵柄がなぞれます

ピンに輪ゴムをかけて絵や図形を作る際、見本を見て、その後、ボードにゴムをかけるという視線の移動は、小さい子どもたちには難しいもの。そこで、ボードを透明にし、カードを下に差し込むことで、ぬり絵のように上にゴムを重ねて絵を作れるようにしました。難易度を上げたい場合は絵を差し込まず横に置き見写しでも作れます。その他、ピンの数や絵柄の複雑さなど、子どもの力に合せてステップアップできる工夫を随所に取り入れました。KUMONの知育玩具には、「年齢に関係なく、自分でできる“ちょうど”のところからはじめ、ちょっと難しいところを繰り返しながら少しずつ高度なレベルにステップアップすることができる」という公文式の考え方が反映されています。

苦労したピン配列、ポイントは「真ん中」


まだセンターにピンがない32・100 ピンでの木製試作品

商品現物 左:19 ピン 右:81 ピン

一番苦労した点は、美しい絵柄を作るための、ピンの「配列」と「数」を決めること。試作を重ねる中、ボードの真ん中にセンターのピンがあるということが大事ということがわかりました。中心があると対照の図形が作りやすくなるからです。また、図形や立体学習に必要な「遠近」「順序」「大小」などの基礎的概念が、子どもたちが遊ぶ中で自然に身につくよう試作を重ねました。結果、絵柄は単純な1つの三角形から、輪ゴムを14本使ってひねりもある東京タワーまで76パターン、透明なボードについたピンは、19ピンと81ピンの2種類にしました。

ヘアーブラシの先端が解決のヒント


6 色8 種類14 本の輪ゴムを使って作る東京タワー

製作していく中で苦労するのではないかと思っていたのが、ピンの先端です。ピンの先端に何もないとゴムをかけても外れてはねてしまうので、これを飛ばないようにするにはどうしたらいいか考えました。しかし、ヘアーブラシの先端のように、樹脂を塗装するという意外なアイディアからあっさりクリアすることができました。商品開発には予想した以上に難しいことや、難しいと予想しても意外と簡単に解決してしまうことなど、いろいろなことが起こるものです。

シンプルだから「広がり」がある

この商品を出展していた「東京おもちゃショー」のメディア報道でもわかるように、昨今、子ども向けタブレットやスマートフォンなど、デジタル的なおもちゃが増える中、この玩具は、昔から身近にあった「輪ゴム」を使い、しかも、動かない、光らない、音も出ない「超アナログ」な商品。業界関係者からも「懐かしいけど新しい」「こういうおもちゃが受賞してくれてよかった」という声を多数いただきました。また、変幻自在な輪ゴムで自由に作品を作りだすことができたり、作業療法士の方から「リハビリで使っています」という声もあるなど、シンプルだからこそ、遊び方や使う対象者に「広がり」があることもこの商品の特徴です。

これからも、子どもたちが夢中で繰り返し遊びながら、できることや知識が少しずつ増え、達成感やチャレンジする意欲が育まれるようなKUMONならではの商品を送り出していきたいと思います。

関連リンク

プレゼントにおすすめの知育玩具|KUMON now! わごむパターンボード商品情報|くもん出版

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!