トップ > KUMON now! > トピックス > 日本おもちゃ大賞2013大賞受賞「わごむパターンボード」

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/09/24更新

Vol.004 日本おもちゃ大賞2013大賞受賞「わごむパターンボード」  

公文式の考え方をおもちゃで実現
「わごむパターンボード」開発者に聞く
子どもたちの成長にこだわった玩具開発ストーリー

「日本おもちゃ大賞2013」において、エデュケーショナル・トイ部門 大賞を受賞し、同時に「グッド・トイ2013」にも選定されたくもん出版の「わごむパターンボード」。「業界の立場」と「使う側の立場」の両賞から評価される形となったこの商品の、開発者による玩具に込めた想いや商品化までのストーリーをご紹介します。

きっかけは、あるお母さんの声から


開発担当:くもん出版 編集部
学習書知育玩具チーム 森山 恵吾

わごむパターンボードとは、カラフルな輪ゴムをピンにかけて模様を描く玩具。もともと海外に、木の板に釘をたくさん打ちつけて輪ゴムなどで形を作るようなおもちゃはありました。手先をたくさん使うよい遊びなのですが、釘は小さな子どもにとっては危険なこともあり、新たなKUMONの知育玩具への発想になかなかつながりませんでした。しかし、あるイベントの際、KUMONの玩具をたくさんお持ちで公文式の考え方をよく理解してくださっているお母様から、「図形感覚を養えるこういうおもちゃをKUMONにつくって欲しい」と言われ、釘を使わずに図形づくりが楽しめる、安心安全なおもちゃを作ろうと考え始めました。

ボードを透明にしてなぞれるように


透明なボードなので、カードの絵柄がなぞれます

ピンに輪ゴムをかけて絵や図形を作る際、見本を見て、その後、ボードにゴムをかけるという視線の移動は、小さい子どもたちには難しいもの。そこで、ボードを透明にし、カードを下に差し込むことで、ぬり絵のように上にゴムを重ねて絵を作れるようにしました。難易度を上げたい場合は絵を差し込まず横に置き見写しでも作れます。その他、ピンの数や絵柄の複雑さなど、子どもの力に合せてステップアップできる工夫を随所に取り入れました。KUMONの知育玩具には、「年齢に関係なく、自分でできる“ちょうど”のところからはじめ、ちょっと難しいところを繰り返しながら少しずつ高度なレベルにステップアップすることができる」という公文式の考え方が反映されています。

苦労したピン配列、ポイントは「真ん中」


まだセンターにピンがない32・100 ピンでの木製試作品

商品現物 左:19 ピン 右:81 ピン

一番苦労した点は、美しい絵柄を作るための、ピンの「配列」と「数」を決めること。試作を重ねる中、ボードの真ん中にセンターのピンがあるということが大事ということがわかりました。中心があると対照の図形が作りやすくなるからです。また、図形や立体学習に必要な「遠近」「順序」「大小」などの基礎的概念が、子どもたちが遊ぶ中で自然に身につくよう試作を重ねました。結果、絵柄は単純な1つの三角形から、輪ゴムを14本使ってひねりもある東京タワーまで76パターン、透明なボードについたピンは、19ピンと81ピンの2種類にしました。

ヘアーブラシの先端が解決のヒント


6 色8 種類14 本の輪ゴムを使って作る東京タワー

製作していく中で苦労するのではないかと思っていたのが、ピンの先端です。ピンの先端に何もないとゴムをかけても外れてはねてしまうので、これを飛ばないようにするにはどうしたらいいか考えました。しかし、ヘアーブラシの先端のように、樹脂を塗装するという意外なアイディアからあっさりクリアすることができました。商品開発には予想した以上に難しいことや、難しいと予想しても意外と簡単に解決してしまうことなど、いろいろなことが起こるものです。

シンプルだから「広がり」がある

この商品を出展していた「東京おもちゃショー」のメディア報道でもわかるように、昨今、子ども向けタブレットやスマートフォンなど、デジタル的なおもちゃが増える中、この玩具は、昔から身近にあった「輪ゴム」を使い、しかも、動かない、光らない、音も出ない「超アナログ」な商品。業界関係者からも「懐かしいけど新しい」「こういうおもちゃが受賞してくれてよかった」という声を多数いただきました。また、変幻自在な輪ゴムで自由に作品を作りだすことができたり、作業療法士の方から「リハビリで使っています」という声もあるなど、シンプルだからこそ、遊び方や使う対象者に「広がり」があることもこの商品の特徴です。

これからも、子どもたちが夢中で繰り返し遊びながら、できることや知識が少しずつ増え、達成感やチャレンジする意欲が育まれるようなKUMONならではの商品を送り出していきたいと思います。

関連リンク

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/04/25更新

Vol.304 公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019

国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場

KUMONグループの活動  2019/04/16更新

Vol.303 公文式の学校導入―村上学園高等学校<全日制スタイルの通学型・通信制高校>

「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~

子育て・家庭学習  2019/03/26更新

Vol.301 家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)

KUMONグループの活動  2019/03/19更新

Vol.300 ヨーロッパの指導者

仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

記事がありません
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.053 後編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.053 前編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。