スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/03/26更新

Vol.066

浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん  前編

学ぶおもしろさを実感できれば
子どもは必ず伸びていく
子育ては親子で一緒に楽しもう

佐藤 亮子 (さとう りょうこ)

大分県生まれ。大分県内の私立高校で英語教師として2年間教壇に立った後、結婚。その後は専業主婦として3男1女の子育てをし、お子さんたちが揃って東京大学理科三類に進学したことで、メディアを通じ「佐藤ママ」として注目を集める。その子育てや受験テクニックにまつわる著作や講演も数多く、近著には『我が家はこうして読解力をつけました』(くもん出版)がある。現在は浜学園アドバイザーを務める。

「佐藤ママ」としてメディアで注目された佐藤亮子さん。4人のお子さん全員が、最難関といわれる東京大学理科三類に入学したことで、その教育法・育児法が話題ですが、親の希望を一方的に押しつけることはなく、進学先についての固有名詞は一切口出さなかったそうです。小さなときから子どもに寄り添い、学ぶおもしろさを実感させてあげること、“学びの旬”のときに基礎学力をつけてあげることが大切だという佐藤さん。近著『我が家はこうして読解力をつけました』(くもん出版)では、公文式を中心に親子ともに楽しく成長してきた様子や家庭学習の工夫が紹介されています。執筆への思いや、子どもに徹底的に寄り添うようになった原点などについてうかがいました。

育児ストレスを感じなかったのは
公文のおかげ

育児ストレスを感じなかったのは公文のおかげ
『我が家はこうして読解力をつけました』より
2020年度版 くもんのすいせん図書

子育ての日々は、慌ただしく過ぎました。大人として社会から取り残されたように感じ、あっという間に1日が終わるので寝る時にむなしくなることがありました。そんな日々を救ってくれたのが公文でした。公文の先生から絵本や童謡を勧められ、せっかくなら目標があったほうがいいと、「3歳までに絵本を1万冊読み聞かせ、童謡を1万曲歌い聞かせよう」と決めました。

10冊の絵本を読むのが日課となり、子どもたちはもちろん、私自身も楽しくなってきたのです。童謡も、自分の子ども時代を思い出したり、日本の四季の美しさ、日本語の美しさを改めて感じたりと大人としても充実感がありました。育児ノイローゼにもならず楽しく子育てができたのは公文のお陰です。子どもたちも、「公文で身につけた計算力、読解力が役に立った」と今でもいっています。

学力というのは、基礎学力の上に小学校の内容が乗り、その上に中学が、さらにその上に高校、と乗っていくので、下の基礎学力がしっかりしていないと、どうしても上はぐらついてしまうのです。小学校6年間の学力も非常に大事ですが、その前の時期、つまり6歳までにいかに育てるかがより大事ではないかと思いました。0歳〜6歳に楽しくひらがなやカタカナを身につけることができれば、小学校にスムーズに移行でき、楽しく通えるのではないかと思ったのです。

とはいえ、私が自力で教えるのは難しく、いろいろな幼児教室を考慮した結果、公文に決めました。教材の大きさや量も年齢に応じて適切ですし、色がきれい。小さな子どもの目線に立っていて使いやすく、子どもに一番寄り添っていると感じたからです。毎日ちょっとずつ成長できるシステムも良く考えられていると思います。子どもたちも楽しそうに取り組んでいたので、公文を“芯”にして育児をすることにしました。

公文を「続けられない」という方がいますが、公文でやるのは絶対に必要な基礎の部分。途中でやめてしまっては、もったいないです。公文をやめても結局は学校でやらざるを得ないのですから、取り組みやすい教材を上手に使ったほうがいいと思います。

公文を続けるには、「楽しくやる」ことに尽きます。それには子どもの性格や好みに合わせて工夫することが必要です。わが家でも4人の子どもに合わせて、色を塗ったりシールを使ったりとやり方を変えていました。

早期教育は必要ないとの声もありますが、早期に取りかかることで、わが子の苦手や傾向を早めに把握することができます。それがその後の子育てや受験のとき、手伝ったり教えたりすることにとても役立ちました。きょうだいでも子どもはそれぞれ違うんだと、一人ひとりに向き合う覚悟もできるようになりました。

なぜ読解力が大切なのか

関連記事

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.092 くもん出版‐外国語版ドリル「Kumon Workbook」

くもんのドリル 「Kumon Workbook」が 海外でも大好評! 累計売上1500万部のヒットの秘密 9つの言語に翻訳され世界57か国・地域で販売

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

KUMONグループの活動  2021/07/13更新

Vol.409 じっくり取り組める夏休みにオススメ

長い夏休み、 くもん出版この夏オススメの3冊

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!