KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.092 くもん出版‐外国語版ドリル「Kumon Workbook」  

くもんのドリル
「Kumon Workbook」
海外でも大好評!
累計売上1500万部のヒットの秘密
9つの言語に翻訳され世界57か国・地域で販売

くもん出版の外国語版ドリル「Kumon Workbook」が累計売上1500万部を突破しました。このドリルは現在9言語版を展開、世界57か国・地域で販売されています(2016年5月現在)。世界の子どもたちや保護者、教育関係者からいただいている高い評価の理由を探ります。

外国語版くもんのドリル「Kumon Workbook」の歴史


Kumon Workbookの供給国 
左:日本版 右:英語版

くもん出版は、国内で公文式教室に通えない方々や入会する前に公文式にふれたい方のために書店や通販を通じて販売する「くもんのドリル」を1977年から発行してきました。基本的なスキルや学習の基礎、学ぶ力を養うこのドリルを広く世界の子どもたちにも提供するために、外国語版の制作に取り組み、2004年に「Kumon Workbook」を発行。その第一弾は、幼児を対象にした「英語版幼児ドリル」(8種類)でした。アメリカ大手書店チェーン「Barnes & Noble」で販売を開始したところ、24か国の出版社から出版交渉の問い合わせが入るなど、大きな反響を得たため、本格的な海外販売をスタートさせました。現在では、学習者の対象は幼児から中学2年生まで広げ、ドリルの種類も大幅に拡充。シリーズ全体で170種類を提供しています。

その後、英語版から多言語への対応を進め、スペイン語やロシア語、タイ語、中国語など、9つの言語に翻訳したバージョンを順次発行。現在は北米、南米、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニアの世界57か国・地域で販売されています。

多言語化にあたっては、各国の文化・風習の違いに対応した変更が必要でした。例えば、スイカの外周をなぞって「丸」を描く課題では、欧米のスイカは丸ではなくラグビーボールのような楕円形のため、英語版ではオレンジやグレープフルーツを採用しました。

なぜ、教育システムの違う海外でも対応できるの?

「Kumon Workbook」が教育システムやカリキュラムが異なる海外でも受け入れられている理由は、その特長にあります。

一つは、「Kumon Workbook」が各国の教育システムや学習指導要領に対応しているわけではなく、子どもたちに必要なスキルと学習課題を厳選しているということ。文字や言葉、数などの基本的な力や、切る・折る・貼るといった作業力をつける幼児向けの「ベーシック」、幼児・小学生向けの「算数」や「英語」、中学生向けの「数学」など6分野を展開し、シリーズを通じて基本から高度な内容まで、一人ひとりに合ったレベルの一冊を選ぶことができるようになっています。公文式のプログラムと同じように、内容を絞り込んでいるからこそ、海外でも多くの方に学んでもらえるのです。

次に、公文式の学習の考え方である「スモールステップ」をベースとした内容になっていることも理由の一つ。1冊に多くのテーマを盛り込まず、アルファベット、かけ算など、小さなテーマに絞って問題を掲載し、少しずつレベルアップしていける問題構成にしています。そのため、子どもたちはスキルの上達を感じながら達成感を得て、学ぶ喜びを実感できるのです。

最後に、子どもの目線に立ち、楽しく学べる内容になっている点が挙げられます。開発にあたっては子どもたちへのモニター調査を行い、内容に反映しています。例えば、点と点をつなぐ課題で手が止まってしまう子をみて、薄いなぞり書きの線を入れたり、書く順番に矢印を設けるなど、難易度、作業量ともに取り組みやすくする細かな気配りを行っています。

また、学習を見守る際の留意点や具体的な言葉かけなどを記載した「学習のアドバイス」(To parents)を掲載し、子どもたちが保護者とコミュニケーションを交えながら、楽しく学習を進められるよう工夫がされています。

「学習のアドバイス」(To parents)

これらの工夫は日本・海外に限らず、子どもたちが楽しく学べるようにという願いに基づいています。くもん出版の担当者は「これからも、子どもたちが少しずつ無理なくステップアップし、楽しく学びながら達成感や自信をもって学習ができるような商品づくりを心掛けていきたい」と語ります。

null 書籍や知育玩具を通して、子どもの可能性を引き出す。
書籍・知育玩具
子どもたちの学ぶ力を引き出す出版物や教育関連商品を扱う、くもん出版をご紹介。
詳細をみる

 

関連記事

KUMONグループの活動  2016/06/23更新

Vol.158 KUMON PARK オープン!-くもん出版

親子のかけがえのない 時間を提供したい 〜KUMON PARK の誕生〜

子育て・家庭学習  2013/11/19更新

Vol.012 Baby Kumon

開発者に聞く! Baby Kumonのヒミツ

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!