スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/05/15更新

Vol.062

筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生  後編

「エンパワメント」の力が
「みんなが夢を持てる世界」を実現する

安梅 勅江 (あんめ ときえ)

北海道生まれ。東京大学医学部保健学科卒業、東京大学医学系研究科大学院博士課程修了後、厚生省国立身体障害者リハビリテーション研究所へ入省。米国社会サービス研究所客員研究員、東京大学医学部講師、イリノイ大学客員研究員、浜松医科大学教授、筑波大学大学院人間総合科学研究科教授、ヨンショピング大学客員教授などを歴任し、現在に至る。著書に『子どもの未来をひらく エンパワメント科学』(日本評論社)など。

「誰もが夢を持てる世界を実現したい」と願い、国内外で精力的に活動されている安梅勅江先生。そのためには、一人ひとりが持っている力を最大限に引き出す「エンパワメント」が欠かせないと、「エンパワメント科学」を研究されています。「エンパワメント科学」とはどのようなもので、安梅先生はなぜこの研究の道に進まれたのでしょうか。さまざまな留学生と接する中で感じること、今の子どもを取り巻く環境などについてもうかがいました。

五感で感じて身体で学び、
リアルなチャレンジをどんどんしよう

筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士 安梅勅江先生

今と昔の子どもの育ちの違いについては、今の子のほうがずっと恵まれた環境にありますが、地域のつながりは明らかに弱くなっています。近所の人たちと一緒に子育てすることが減って、ストレスを抱えた方が孤立するリスクは高まっています。もともと人は集団で子育てするよう進化してきました。昔のような血縁に頼らない新しいしかけをつくっていかねばなりません。

もうひとつ、昔と違うのはインターネット環境です。プラスの部分ももちろんありますが、子どもにリアルな体験の不足を招いているのは、とても危ないと感じます。五感で感じるのが、生物である人間の基本です。

厚労省の委託調査で、被災された保護者に、事前に子どもに何をさせておけばよかったか調べたところ、「サバイバル体験」との回答が多くありました。岩山や木に登るなど、身体を使ってがんばったり工夫したりするリアルな体験は、もっともっとさせたほうがいいと思います。ケガをするからダメというのは、子どもの未来のためにマイナスです。

今の時代だからこそ、子どもたちには、リアルな体験にどんどん挑戦してほしいですね。人間と人間の関わりの中から生まれるもの、実際にその場に行って、寒かったり暑かったりしんどかったりする中から身体で学ぶものは、生きるパワーを育み、得るものがとても大きいのです。今は経験の幅を広げようと思えば、いくらでも広げられる時代です。その環境を活かしてチャレンジしてください。

保護者の方へのメッセージとしては3つあります。まず、子どもの安全基地となっていただきたいということ。そうすれば子どもは安心してチャレンジできます。2つめは、チャレンジすること自体をほめること。何かできてほめるのではなく、向かっていくこと自体をほめて、認めることです。3つめは、常にポジティブに寄り添って勇気づけてあげること。

親御さんは子どもを愛しているからこそ、必ずしもポジティブでないかかわりをしてしまうことがありますが、その愛する子がもっと伸びていくには、チャレンジを見守ることが大切でしょう。

私も「A world of possibilities」を実現するために、これからもいろいろな活動にチャレンジしていきたいと思います。今、「エンパワメント教育研究フォーラム」をさまざまな国に広げ始めています。この研究室で学んだ各国の卒業生が基幹になり、各地域でリーダーを育て、継続的な発展につなげられる仕掛けをつくりつつあります。現在、100カ国以上とコンタクトがとれましたが、さらにこの“タネ”をさまざまなところにまいて、芽が出るまで育てたいですね。そして「子どもたちが夢を実現できる」――そんな“花”を、各地で咲かせてくれれば、こんなにうれしいことはありません。

 

関連リンク
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室


 

筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士 安梅勅江先生  

前編のインタビューから

-エンパワメントをコホート研究で科学的に証明
-公文式は自己効力感を育む学習法
-ポジティブシンキングで育てられた幼少期

 
関連記事

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/09/04更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2019/03/15更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!