トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士 安梅勅江先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/05/15更新

Vol.062

筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生  後編

「エンパワメント」の力が
「みんなが夢を持てる世界」を実現する

安梅 勅江 (あんめ ときえ)

北海道生まれ。東京大学医学部保健学科卒業、東京大学医学系研究科大学院博士課程修了後、厚生省国立身体障害者リハビリテーション研究所へ入省。米国社会サービス研究所客員研究員、東京大学医学部講師、イリノイ大学客員研究員、浜松医科大学教授、筑波大学大学院人間総合科学研究科教授、ヨンショピング大学客員教授などを歴任し、現在に至る。著書に『子どもの未来をひらく エンパワメント科学』(日本評論社)など。

「誰もが夢を持てる世界を実現したい」と願い、国内外で精力的に活動されている安梅勅江先生。そのためには、一人ひとりが持っている力を最大限に引き出す「エンパワメント」が欠かせないと、「エンパワメント科学」を研究されています。「エンパワメント科学」とはどのようなもので、安梅先生はなぜこの研究の道に進まれたのでしょうか。さまざまな留学生と接する中で感じること、今の子どもを取り巻く環境などについてもうかがいました。

“赤ちゃんのパワー”に触れたことで
「エンパワメント」研究の道に

筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士 安梅勅江先生

大学時代の実習で、ある赤ちゃんに出会ったのが、私が「エンパワメント」の研究をはじめた一番のきっかけです。ご家庭の事情であまり恵まれない環境にいた赤ちゃんが、満面の笑顔で私を勇気づけ、すくすくと力強く育っていく様子を見て、「このエネルギーは何だろう。これを科学したい」と思ったのです。当時エンパワメント科学という言葉はありませんでしたが、「人を元気にする、人のエネルギーを引き出させるようなポジティブな力を科学する」という道に進みました。

大学院では、障害のある子どもの研究をしました。障害があっても、その子の育ちに合わせた豊かな環境が子どもの能力を大きく引き出すこと、「この子はできない」というおとな側の思い込みが子どもの能力の発揮にネガティブな影響を与える危険性を明らかにしました。また、ふつうの子の中に障害のある子が入ることで、障害のある子のプラスになるだけでなく、周囲の子の思いやりの心が育つというエビデンスを出したりしました。

当時から、厚生省(当時)の国立身体障害者リハビリテーション研究所と共同研究していたこともあり、博士課程を終えると厚生省の研究所へ入省。保健医療福祉の施策づくりに向け、世界中の情報を集めて日本で試してみるなど、研究三昧の生活でした。社会を動かす法律を作るための下調査などをして、介護保険制定にもかかわりました。

自分が研究してきたことを次の世代に教育したいという気持が出てきたのが、30代後半の頃です。たまたまご縁があり、大学教員へ転じることにしました。私の研究室のテーマは、「A world of possibilities」。みんなが夢を持てる世界を実現しよう、ということです。誰もがやりたいと思ったら、それを実現できるプロセスに平等にチャレンジできる環境がしっかり整備されることが大切。日本にいるとあまり意識しないかもしれませんが、世界ではまだまだ困難な状況がたくさんあります。私たちは研究者なのでエビデンスを踏んで、そこに貢献したいと考えています。

研究室は4分の3が留学生で、開発途上国からの学生は「自分たちの国を変えてよくするぞ」という夢や思いが強くあります。たとえば、アフガニスタンとの国境付近の病院で働いていた、パキスタンから留学中の医師は、テロが起きて医療スタッフが逃げてしまい、医療どころではないけれど、よりよい医療をするためにスタッフをエンパワメントしたいといって学んでいます。

こうした留学生の生々しい話を聞いて、日本人の学生も初めてリアルに感じられるようです。学部の授業では留学生を交えてワークショップを行うことで、互いにエンパワメントできるようにしています。

うまくいかない時は自然のリズムにまかせる

関連記事

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/09/04更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2019/03/15更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

バックナンバー

2023/02/03更新

Vol.073 特別対談 棋士 藤井 聡太さん

終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!