スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん  前編

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間
童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

安田 祥子 (やすだ さちこ)
子どものころ、ひばり児童合唱団に所属し童謡歌手として活躍。東京芸術大学大学院修士課程修了。1966年オペラ「フィガロの結婚」のスザンナ役で声楽家としてデビュー。1969年NYジュリアード音楽院、1976年ロチェスターイーストマン音楽院に学ぶ機会を得て、帰国後、日本歌曲によるリサイタルなどを開催。1986年から妹、由紀さおりと四季の移ろい・小動物や相手を思いやる気持ちなどを、きれいな日本語で歌っている歌の数々を次代に手渡したいという思いで、活動を続けている。2013年7月には、童謡、唱歌などを通じ日本語の美しさや日本人の心を広く伝えた活動が評価され、文部科学大臣表彰を受ける。

「日本の美しい言葉の歌を大切にして、次世代に歌い継ぎたい」――そんな願いをこめて、妹の由紀さおりさんとともに童謡コンサートを続けている安田祥子さん。保育専門学校の特任講師や、特定非営利活動法人の顧問も務められるほか、ツイッターでコンサート活動や日々の四季の移ろいを発信されるなど、新しいことにも取り組みながら精力的に活動されています。働く母親が増えて忙しい時代だからこそ、短い時間でも子どもと真剣に向き合うことが大切であり、そのツールとしてぴったりなのが童謡だと説く安田さん。歌い聴かせのコツやご自身の子育て経験から、いつまでも若々しく元気にいられる秘訣まで教えていただきました。

童謡や唱歌を歌っていると、日本語の豊かさに気がつくようになります

保育専門学校の授業では、最初の授業で「歌のカレンダーを作ってください」と話しています。4月から授業が始まるので、『若葉』という歌からスタートして、卒業する3月までを作ります。すべての月に当てはまる歌があるんですよ。

昔ながらの歌だけでなくても、もちろん新しい歌もありますから、自分の思った季節の歌をはめ込んでいく。そうして自分だけのレパートリーを増やしていけば、それがあなたの財産になりますよ、と伝えています。

2月であれば『豆まき』の歌もありますが、『鬼のパンツ』なんていう歌もありますよね。これはイタリアの『フニクリ・フニクラ』の替え歌です。そういった、日本の歌だけじゃなくって、リズミックな外国の歌も身に付いていくのは楽しいですよね。

歌というのは、余裕がなければ口をついて出ません。お母さま方が、お洗濯しながら、お料理しながら鼻歌が出るというのは、機嫌がいい証拠です。お子さんたちも、お母さんが機嫌いいほうがいいですよね。

上手に歌おうと思わなくていいのです。お散歩の途中で、ありを見つけたら『おつかいありさん』、トンボが飛んでいたら『赤とんぼ』でもいい。雨の季節になれば『カタツムリ』、運動会が近くなれば、『てるてる坊主』……そんなふうに、自然と口をついて出てくるような環境ができていったらいいな、と思っています。

そうした歌が進化して、今の音楽があるわけです。ですから、童謡や叙情歌、愛唱歌は歌の基本形といえますよね。童謡や唱歌を歌っていると、言葉の豊かさ、日本語の豊かさに気がつくようになります。「おいしい」も「まずい」も「いい」も「悪い」も、「やばい」のひと言で済ませるのではなくて、日本語の表現の豊かさを忘れないでほしいですね。

小さいお子さんに対して発する言葉であれば、なおさらです。子どもは海綿体のように、良いことも悪いことも吸収していきます。とくに小学校に入るまでの間がすごく大事。それまでに、ご家庭でも保育所でも幼稚園でも、きちっと日本語の豊かさをインプットする努力をしていただきたいなと思います。

安田さんが音楽を始めたきっかけとは?

関連記事

2019/07/19更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん 

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!