スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん  前編

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間
童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

安田 祥子 (やすだ さちこ)
子どものころ、ひばり児童合唱団に所属し童謡歌手として活躍。東京芸術大学大学院修士課程修了。1966年オペラ「フィガロの結婚」のスザンナ役で声楽家としてデビュー。1969年NYジュリアード音楽院、1976年ロチェスターイーストマン音楽院に学ぶ機会を得て、帰国後、日本歌曲によるリサイタルなどを開催。1986年から妹、由紀さおりと四季の移ろい・小動物や相手を思いやる気持ちなどを、きれいな日本語で歌っている歌の数々を次代に手渡したいという思いで、活動を続けている。2013年7月には、童謡、唱歌などを通じ日本語の美しさや日本人の心を広く伝えた活動が評価され、文部科学大臣表彰を受ける。

「日本の美しい言葉の歌を大切にして、次世代に歌い継ぎたい」――そんな願いをこめて、妹の由紀さおりさんとともに童謡コンサートを続けている安田祥子さん。保育専門学校の特任講師や、特定非営利活動法人の顧問も務められるほか、ツイッターでコンサート活動や日々の四季の移ろいを発信されるなど、新しいことにも取り組みながら精力的に活動されています。働く母親が増えて忙しい時代だからこそ、短い時間でも子どもと真剣に向き合うことが大切であり、そのツールとしてぴったりなのが童謡だと説く安田さん。歌い聴かせのコツやご自身の子育て経験から、いつまでも若々しく元気にいられる秘訣まで教えていただきました。

童謡や唱歌を歌っていると、日本語の豊かさに気がつくようになります

保育専門学校の授業では、最初の授業で「歌のカレンダーを作ってください」と話しています。4月から授業が始まるので、『若葉』という歌からスタートして、卒業する3月までを作ります。すべての月に当てはまる歌があるんですよ。

昔ながらの歌だけでなくても、もちろん新しい歌もありますから、自分の思った季節の歌をはめ込んでいく。そうして自分だけのレパートリーを増やしていけば、それがあなたの財産になりますよ、と伝えています。

2月であれば『豆まき』の歌もありますが、『鬼のパンツ』なんていう歌もありますよね。これはイタリアの『フニクリ・フニクラ』の替え歌です。そういった、日本の歌だけじゃなくって、リズミックな外国の歌も身に付いていくのは楽しいですよね。

歌というのは、余裕がなければ口をついて出ません。お母さま方が、お洗濯しながら、お料理しながら鼻歌が出るというのは、機嫌がいい証拠です。お子さんたちも、お母さんが機嫌いいほうがいいですよね。

上手に歌おうと思わなくていいのです。お散歩の途中で、ありを見つけたら『おつかいありさん』、トンボが飛んでいたら『赤とんぼ』でもいい。雨の季節になれば『カタツムリ』、運動会が近くなれば、『てるてる坊主』……そんなふうに、自然と口をついて出てくるような環境ができていったらいいな、と思っています。

そうした歌が進化して、今の音楽があるわけです。ですから、童謡や叙情歌、愛唱歌は歌の基本形といえますよね。童謡や唱歌を歌っていると、言葉の豊かさ、日本語の豊かさに気がつくようになります。「おいしい」も「まずい」も「いい」も「悪い」も、「やばい」のひと言で済ませるのではなくて、日本語の表現の豊かさを忘れないでほしいですね。

小さいお子さんに対して発する言葉であれば、なおさらです。子どもは海綿体のように、良いことも悪いことも吸収していきます。とくに小学校に入るまでの間がすごく大事。それまでに、ご家庭でも保育所でも幼稚園でも、きちっと日本語の豊かさをインプットする努力をしていただきたいなと思います。

安田さんが音楽を始めたきっかけとは?

関連記事

2019/07/19更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん 

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.371
公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?
フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!